重みをもって不自然さを感じつつ、あえて中途半端にいる。

人間ほどではないですよね。おはようございます。吉野実岐子です。

今回は、川沿いから夏の虫の声と共に、お送りします。都会でも、確かに虫の声はしますが、公園という不自然なところに虫は住み、場合によってはペットのカブトムシのように、デパート内のクーラーの効いたスペースに、切り取られた自然が極めて不自然にいたりします。

「都会でも自然を感じられる」と嘘を心地よく感じるのではなく、その不自然さを重みをもって感じつつ、あえて中途半端にいることを、お勧めします。

よかったら、三分間お付き合いください。

◆ 今日も”thumbs-up”

– Podcastはこちら
– Radiotalkはこちら

パソコンからなら、アプリのインストールは不要です。上記どちらも、パソコン上では、そのまま再生できます。

なんだかちょっといい日

今年は、冷凍した梅で、梅ジュースを作ってみました。おはようございます。吉野実岐子です。変なお天気が続きますね。湿気がまとわりつきますよね。そして、マスクのおかげもあってか、自分の吐く息を感じやすいようですね。

そろそろ、もうこの何年も考えることもなかった、何かとてもいいことをわたしたちは、思い出してもよさそうです。それは、初めて自分で靴の紐が結べたあの喜びかもしれませんし、世界がぱっと明るく鮮やかに見えたあの瞬間かもしれません。

あの頃、足の間からみる、逆さの世界は何と楽しかったことでしょう!そして、それは今も味わえる楽しさではないでしょうか?窓の近くに寝そべれば、小さくても大きな空が見えて、あの雲の動きに心を添わせると、胸がすぅっとしていくようです。そんな楽しみも、いつもそこにあったようなんです。

どこか涼し気な気持ちよさが、身を包んでいくとき、心の中はほっこり温かくなっていくような気がします。それを大切に今日一日を過ごせば、なんだかちょっといい日になる、そんな予感を意識でも少し感じとれるのかもしれません。

気象異常という慢性的ストレス

これからは「旅から帰ってきたら、家がなくなっていた」、そんな時代になっていくのでしょう。おはようございます。吉野実岐子です。

そうした「予想がつかない」ことが、発達段階の脳に降り注ぐと、傷だらけになります。親からしたら「色々経験させてあげた」と得意げだったりしますが、ある日突然、知らない言語の学校に放り込まれたり、色々連れまわされて、子供の側が「今どこにいるかわからない」と迷子のような感覚が常になったりすることは、傷になるでしょう。

こうした逆境は、慢性的なストレスになります。「予想がつかない」ことは、ストレスになるからです。最近はお天気も「え?どしゃぶりが3時間続いてるのに、今日はずっと曇っていたことになっている」「雨量が多くなかったのに、土砂崩れが起きた」といった、ある程度の予想もできない状態になっています。毎日、全天候型の服装が必要になってしまうかもしれません。

こうした気象異常も、ひたすらわたしたちを傷つけるんです。だから、地球が回復するような行動を、どんどん選んでいかないといけないんです。ほら、またスコールが降ってきました。

時こそ傷を覆い隠す

おはようございます。吉野実岐子です。

「時間が癒してくれる」とよく耳にするだろうと思います。でも、時間が癒し、日薬となってくれるのは、ごく一部に過ぎません。むしろ、時間こそ、傷を覆い隠してしまいます。子供の頃のちょっとした困難は、大人になって器質性疾患をはじめとする病へと、その姿形を変えるのです。覆い隠されたものは、病へと変容していきます。

「逆境は人を強くする」と言いたがり、発症した病については「老化だ。今までがんばってきたし」と、まとめ上げてしまう方もいらっしゃるでしょう。そこに、痛みが恐怖が罪悪感が隠れているのです。かくまわれるそれらは、細胞レベルであなたを傷つけ、細胞を老化させます。染色体を保護するテロメアが短くなることが、分かっています。

「痛み止めを飲めば動けるから」と当たり前になっている頭痛にも「いつも何となく不安な感じがあるから、タバコを吸って、気持ちを前に向けている」と頼っている習慣にも、こうした匿われてきたことが、あなたが思うよりずっと強く相関しています。

子供時代の逆境

雨宿りに来てくれた雀が、竿の上にいる姿が何とも可愛らしかったんです。おはようございます。吉野実岐子です。

中年以降、身体の病気が、子供時代の逆境に関連しているなんて、皆さん思いもよらないかもしれないです。でも、心臓病・自己免疫疾患・癌などに加え、座骨神経痛のような小さく見える病気も、子供時代の逆境と関連していることが、だんだん分かってきています。

子供時代の逆境は、あなたの思うそれとは違うでしょう。家族同士の中がちょっと悪くてちょっと緊張感のある家だったり、物は買ってもらえても家族のだれもが自分をまもってくれないと感じたり、病気の時に「寝てなさい」と言われてなかなか病院に連れて行ってもらえなかったり、たった1回だけでも両親が喧嘩して互いに暴言を放つのを聞いていたり、洗濯は3日に1回しかしてもらえなかったり、こうしたことがすべて逆境に当たります。より正確に言うと、記憶が抜け落ちていて、一つしか覚えていないようなケースもあるので、こう書いています。「親戚もみんなそうだった」「友達もみんなそうだった」という形で、血縁や地域ぐるみで逆境をつくっていることもあるので、そうした方にも響くよう、上記のように書きました。

いずれも、家族が健全に機能していないことを表し、また健全に機能している家族はほとんど存在しないのが、事実です。みなさんの想像をはるかに超えた相関性をもって、子供時代の困難と成人以降の発病は関連しています。病気と診断されない未病も、そこには含まれます。

「こんな逆境も乗り越えてきたんだ」と自分を奮い立たせてしまう人が多いようですが「そこでこんなに傷ついて痛かったんだ」も、とても大事な情報なのです。

安全ってなぁに?

こういうのもあったりしますね。おはようございます。吉野実岐子です。

今年は、若い味噌も試してみようかと思い、1月に作った味噌を、もういただいてみました。昨年は北海道産の大豆で、今年は三重と兵庫産の大豆を使ったこともあり、その味の違いもあったと思います。が、今のところは若い味噌の方が好きかもしれません。こうやって、食や産地を変え、様々な味噌を作れる豊かさは、ワンクリックでは得られません。来年は黒豆でも挑戦しようかなと少し思いました。

そして、半年ほど愛用しているシリーズの内、最近仲間入りしたこのオリーブペーストには、とても助けられています。例えば、サンドイッチを作りたいのに野菜がきゅうりしかなかった時、このオリーブペーストをパンに塗って、そこにスライスしたきゅうりをのせるだけで、素敵なサンドイッチになります。ズッキーニとトマト缶しかないような時も、ズッキーニをオリーブペーストで炒め、そこにトマトソースを入れれば、パスタソースやスープになるので、重宝しています。

ありふれた毎日の中で、この命の営みをあの時の気持ちのまま見つめていることが、安全につながると思っています。今日は七夕ですね!

【募集スタート】オンラインWS「本意」

何が偽か、科学的プロセスが示しています。おはようございます。吉野実岐子です。

哺乳類は顔と心臓の間に神経的なつながりがあって、だから人は表情や声の調子でその人が安全な人かどうか・その人のいる環境が安全かどうかを確認します。

「安全ってなぁに?」と聞かれたらみなさんは、どう答えるでしょうか?その言葉が示す安全と、みなさんの心身が実際に感じる安全の間に、距離はありませんか?

今回のワークショップは、その差異を小さくし、みなさんが「安全ではない」と感じつつそう認識してこなかったことが形成した心身に病を生む特徴から、みなさん自身が自由になっていくことを目的とします。

「気にし過ぎだよ、安全!」と否認したり「もっと危険な場所もあるから、それに比べたら」と矮小化して、心身に病をうむ特徴が形成されゆくことは、あなたの本意でしたか?今が、本意に立ち戻る好機です。


~ オンラインWS「本意」~

● 場 所:Skype または Whereby

● 日 時:~以下いずれか~

・7月16日(金)13:00~14:30
・7月20日(火)12:30~14:00
・7月24日(土)19:30~21:00
・7月末までの別日程を提案

● 対 象:~ひとつでもYESの方~

□ 安全を提供する仕事についている
□ 逆境に強いが、順境に弱い
□ 眠った力を思いがけず解凍したい
□ 負担を減らして生きたい
□ 変化にびくっとしてしまう
□ 不安だと言えない毎日にいる
□ 人を信じても信じなくても怖い
□ 繰り返す迷いや悲しみに疲れた
□ 感覚麻痺と覚悟の状態を区別したい
□ 誰かにするように自分を大切にしたい
□ 心身に病を生む特徴から解かれたい
□ 思いを表現せず、押し込めがちだ
□ 無力感がこだましている
□ 怒りを勇気に変えて生きていきたい
□ 「死にたい」と思ったことがある
□ 上の文章がどこか響いた

● 参加費:13,200円(税込)
● 〆 切:7月20日(火) 朝10:00

▼ 以下よりお申込み下さい!
https://is.gd/DJADUv

~ ご協力お願い申し上げます ~

精神科等で治療中・その必要がある方はご利用頂けません。ご自身の状態からお申込みを迷う場合、単発コーチング(随時受付中)をお申し込み下さい。ギフト利用の際は守秘義務に同意したものとみなします。お申込み後のキャンセルは一切承らず、参加費が発生します。日程変更は承ります。


安全だと感じられる必要性を、まずは自分のために理解することで、あなたを阻んで害していた環境から、頑張らずに離れていくことができます。「やってもできない」という頑張る状態が不要になった時、あなたの眠っていた力も、花開いていきます。

今回も通常のコーチングやFAPでは取りこぼさざるをえない部分を提供するので、広くみなさまに活かして頂けたら幸いです。

雨の前に、蛙が鳴かない!?

無力感に浸っても何も変わらないけど、何かすれば何か変わります。おはようございます。吉野実岐子です。

今回も、すごい雨の日に録っています。30分ほどでやみましたが、その後またすぐに、空は厚い雲に覆われました。

今回は、今年多い雷つきスコール時に、今までと大きく変わった点について、話しています。そう、今までなら、雨降り前には蛙が鳴いてくれて、天気予報への信頼度が低すぎるため、本当に蛙頼みだったのです。

では、3分間、冒頭からすごい雨音と共にですが、良かったらお聞きください。

◆ 今日も”thumbs-up”

– Podcastはこちら
– Radiotalkはこちら

パソコンからなら、アプリのインストールは不要です。上記どちらも、パソコン上では、そのまま再生できます。

君子之交淡若水

おはようございます。吉野実岐子です。

さすが、世襲制だらけの世界は「小人之交甘若醴(小人の交わりは甘きこと醴の如し)」ですね。昭和のお茶の間で行われてそうな会話ですもんね。昨日、土石流や梅雨前線に、大きな影響を受けた方々に、心よりお見舞い申し上げます。しかし、こういう時こそ変な法案が通るのが、小人が中心にいる場所の常です。

漢文で「君子之交淡若水、小人之交甘若醴。君子淡以親、小人甘以絶。彼無故以合者、則無故以離」とやりましたよね。人と適切な距離感や相手を尊重できない人ほど、つながり好きのようです。

やたらとつながりを求める方は、ほとんどが小人でしょう。「小人甘以絶」(小人は甘くして以って絶つ)から、「則無故以離(即ち、故無くして以て離る」だからゆえでしょう。甘酒のようにベタベタしている人の存在は「深夜に川に流された」ニュースなどでも浮かび上がり、その異様さは畑の中を歩く白黒の猫の悪目立ちっぷりを、超えます。君子であることを望む方は、いらっしゃいませんか?

その先をあなたも経験できる。

おはようございます。吉野実岐子です。

日本の農薬の基準は、他国に比べて高く、本当に酷い安全水準です。そして、電磁波もスウェーデンの安全基準では電場は25V/m以下・磁場は2.5mG以下であるのに対し、日本は自主規制値では、電場は250V/m以下・磁場は2.5mG以下だといいます。また、屋内のマイクロ波による長期被ばく基準は、ヨーロッパの10000倍と、農薬にもましてゆるゆるです。

「長い時間仕事をしていて、姿勢が同じだったから、頭が痛い」わけではないかもしれません。「ずっと目を酷使していたから、その積み重ねで肩が丸まって、呼吸が浅くなった」わけではないかもしれません。「ビリビリしなくなった」や「不眠は解消された」で、対策を止めた方はその先にある「呼吸が深くなる」ようなドミノ倒しを未経験のままなのかもしれません。

誰かが決めて、知らない内にその基準がしめやかに変更されていてもきづかないような、そんな安全にまだ頼っていきていきますか?

自分で回復を阻害していませんか?

おはようございます。吉野実岐子です。

昨日の続きです。電磁波過敏症も重症になると、呼吸が乱れたり心臓がバクバクするといった、わかりやすい症状がでます。でも、それまでの過程に経験することは、他の要因でも十分に経験できることが盛り込まれていてしまっているため、なかなか要因を電磁波に絞りきることが難しいかもしれません。

ただ、全くその自覚もなく、住宅街やマンションや都市部に住んでいない(Wi-Fiがそんなに飛んでいない)方でも、電磁波対策グッズを使って「あれ、呼吸が深くなった。今まで呼吸が浅いと思ったことなんてないのに…えー!」や「足がむくまなくなった。他に変えたことはないから、びっくり」「耳がよく通るようになったし、顎の違和感が消えた」といった状態を、生んでいけるみたいなんです。(いずれも、クライアントさんに許可をいただいてシェアしています)

自分で「こんなものだろう」と思ってしまっていると、より良くなる可能性や、より回復できる幅を握りつぶしてしまうことになります。多くの方の体感が狂っていますので、その点から言えるのは「とにかく試してみて」です。

本当に環境のせい。

私も意見しましたが、こちら今夜までです。おはようございます。吉野実岐子です。

コードが気になって、隠したくなる方は多いと思うんです。でも、見えなくなっただけで、快適さにまでたどり着きましたか?不快が減っただけではありませんでしたか?

やっぱりコンセントの近くで寝るのは何か嫌だなとか、世の中にwifiが普及した時期と睡眠が揺れはじめた時期が被っているなとか、定期的にデジタルデトックスするとなんかいい感じがするとか、何もない畳の上にごろんとするとホッとするような感覚があるなら、ちゃんと電磁波対策をすることを勧めます。例えば、IHの強火が苦手だったりしたら、もうビンゴもいいところです。

ここまで読んで「大丈夫!気にならないし!」と思いたいなら、それは「気にならない方がいい」という勝手な思い込みで、何事もそうやってごまかしては自分の身体に負担を強いてきた歴史がありそうです。平気ぶって健康を害していくのが、賢い生き方でしょうか?

マンションに住んでいたりすると、数十本のwifiが立ったりします。住宅地に住んでいると、互いに干渉してしまうから「もっとwifi強くしよう」と墓穴を掘っていくことになります。今までにない皮膚病などに悩まされていたり、コーヒーや大きな画面での鑑賞など、刺激を求めるようになっていたら、もうかなり感覚がおかしくなっている可能性があります。感覚がおかしくなる時には、鈍る部分と過敏になる部分が同居するようです。

メールマガジンではご紹介しましたが、これからさらに電磁波の影響は強くなり、そこからよからぬことも起こり得ます。きちんと「身体の負担を減らす」ことにコミットし「自分の気持ちの持ちようだ」から抜けていくことは、皆さんが思っている以上に費用対効果が抜群にいい方法です。

たったこれだけで。

最近はスコールが続き、毎日虹も見られるんです。おはようございます。吉野実岐子です。

以前から、柔らかい歯ブラシが好きで、ワンタフトブラシも柔らかいものを使っていたんです。でも、柔らかいと汚れを落とすのに時間がかかるそうです。今回、たまたま歯科衛生士さんが間違えてくれて、固い方の「プラウト」を渡してくれたため、「プラウト」を使うことができました。結論から行くと「プラウト」の方が「ピーキュア」よりずっと気持ちよかったんです。

また、普通の歯ブラシ→ワンタフトブラシ→デンタルフロス、だった順番を、ワンタフトブラシ→普通の歯ブラシ→デンタルフロス、に変えたら、口の中の気持ちよさが増しました。順番が変わったり、ちょっと固さが変わるだけで、こんなにも(口内の)環境をよくできるんだなと、改めてハッとしました。

さぁ。六月が幕を閉じていきます。

どんどん気持ちよくなろう!

おはようございます。吉野実岐子です。

ついにコンディショナーが切れたので、コンディショナーもプラスチックゴミのてないエティークに変えてみました。店員さんが「むしろ、わたしはコンディショナーの方に感動しました!」と話してくれましたが、期待通りよかったです。シャンプーほどでないものの溶けやすいため、シャンプーと同様、スライスして使っています。

また、話題のケンザンも頂いて、ついに使ってみたんです。(ありがとうございました!)先がふにゃんとなるのかと思いきや、絶妙に作られており、朝起きたときも頭が爽快で心地よいです。押したりしないで、あくまでもただ添わせるように使っています。

ついに行きつけの美容院にも行けたので、この三つで、地肌も髪も気持ちよさが増しました。「気持ちよさを増すには?」という問いをもって日常を過ごすことは、プロパガンダの激しい昨今では特に重要です。

最後に、英語と縁遠い方向けにこちらを貼っておきます。クリックすると、大きなものをご覧いただけます。ニュースでよく耳にするだろう国々を、選んでおきました。自分で考えてみて下さい。