絶対に開運しない生き方。

きんぴらを大量につくりました。おはようございます、吉野実岐子です。 あなたが誰かを「ゆるせない」と思うなら、そこには「相手に求める」欲望がどでんと居座っています。 「~してくれたっていいじゃない?」「なんでわたしが謝らないといけないの?」とイライラするその親が「相手に求める」欲なのです。 みなさん、断水など特別な事情のない限り、毎日湯船につかってくださいね。 寝具(シーツ・布団カバー・タオルケット・毛布・枕カバーなど)は、どれか一つを毎日洗ってローテーションさせましょう。お天気がゆるさなくても、二人分まではこれでまわります。 家事をするときは「無心にさせてもらって、ありがたいな」と、しみじみする気持ちで行いましょう。「やってあげている」「自分ばっかり」、こんな気持ちの下にはやはり「相手に求める」欲望があります。 「相手に求める」生き方をしている方は、100パーセント、ご自身で人生の目的を設定されていません。「相手に求める」自分の生き方を正当化するためです。 このような生き方は、絶対に開運しない生き方です。今一度、ご自身を振り返って、人生の目的を設定される機会が訪れています。

小さな子供。

おはようございます、吉野実岐子です。 小さな子供と接する時、みなさんに使って頂けそうなことを、いくつかこちらに載せました。 今日はさらに、小さな子供について覚えておくとよいかもしれないことを書きます。 子供は類推思考です。その子が今まで経験したものと関連づけて、世界を把握していきます。 たとえば「早くしなさい」は、小さな子には抽象的な言い方です。「早くする」という概念を理解している必要があります。だからストレスになります。 大人が、その子の世界の中に既にある「早い」を表すものを、語彙として使ってあげれば、子供はすっと受け取りやすくなります。 つまり「早くしなさい」と伝えたい時、例えば、新幹線のおもちゃが好きで、実際に乗ったことがある子には「新幹線になってください」と伝えればいいのです。 もちろん、新幹線でなくブルートレインでも、何でも構いません。実際の列車の速度や大人の認識は、すべて横においてください。その子の世界の中で「早い」を示すエリアにおかれているものを、呼んであげればいいだけだからです。 さて、これは実は「相手によりそう」とはどういうことかを、表した記事です。つまり大人にも応用できます。

意識を滑らせる。

そろそろ蜂もいなくなり、山日和かなと思いつつ、おはようございます、吉野実岐子です。 みなさんいい姿勢とされるものを真似て、むりやりその形をつくったり、身体が疲れているまま、心をととのえようとするなど、無理されていないでしょうか? 身体はまず、ただ感じてみる、これを覚えてください。今、一緒にやってみましょう。足の裏にぐっと意識を向けてみてください。足が氷のように冷えていない限り、温かくなったり、指が動くと思います。何もない方は「身体をもっとうまく使っていく余地があって、身体をつかえると、今まで使えていなかった力を使っていけるんだな」と、ただ喜んでみましょう。 さらに、左肩にある骨をどこか意識してみてください。そこにビー玉を転がすように、ただ意識を滑らせます。ただそれだけで、肩が和らぎ、凝りが取れたり、肩の位置が下がったりしませんか?同じように、背骨を意識して、頸椎(首の骨)から、腰に向かって、すぅっと意識を滑らせてみましょう。突っかかる感じがするところでは、しばらく留まってみても、すばらしいです。ただ背骨に意識を滑らせるだけで、背筋がさっきより伸びたことに、気づかれるのではないでしょうか? 同じように、全身の骨に意識を滑らせるだけで、身体はかなり整います。「身体がある」ことを、ハッキリ感じて、ハッとした方もいらっしゃったかもしれません。身体が整えば、そこから心も柔らかくなり、肌理細やかな肌や老化防止にも、つながっていきます。 自分の身体に意識を滑らせて「この身体にいると安心できる」という感覚を、創ってあげてください。

なり切る。

おはようございます、吉野実岐子です。 みなさん、変身できるとしたら、誰/何になってみたいですか?三つほどあげてみて、ちょっとメモしてみましょう。さらに、その三つを選んだ理由を横に簡単に書いてみましょう。例えば、聖徳太子・地球がきれいだった頃の人間をみてみたい/子猫・無防備/深海魚・闇に住む術を知っている、のように書きます。 この三つの横に書いた理由が、みなさんが自分の中からさらにひきだしたいと願う魅力につながることです。さらに、そこから止めないで、休日の日にぜひ、この三つのファッションを自分なりにしてみてください。人から見てもそう見えるかではなくて、自分の思う姿をあらわすことに、集中してみましょう。 そうすると、その三つに力を借りながら、自分の幅を自然と広げていけます。 さらに、パートナーやお友達と時間を決めて、選んだもののどれかで「ごっこ」遊びをしてもいいですね。「子猫だから、甘えちゃうんだもーん」や「深海魚だから、今日は地下しか歩かないよ」「聖徳太子だから、スマホは触らないよ」といった、色々な選択が出てくるでしょう。 対応する側も「あれ、有名人だと思うとおどおどしちゃう」とか「ごっこにうまく入れない自分がいる」といった、色々な気づきを頂けるでしょう。 なり切ることは、子供も得意ですが、子供の場合は、そのまんま真似をしていることもあります。大人だからこそ、自由に創造力を膨らませて、さらに豊かになり切ってみて、自分の魅力を開花させてあげてみてくださいね。

大きな愛でもてなす。

京丹後には、狛犬ならぬ狛猫がいるそうです。おはようございます、吉野実岐子です。 先日、奈良の吉野の奥の方に行き、自然はいつも大きな愛でもてなしてくれるなぁと感じました。その愛の中で、人もみんなニコニコして、既に冬毛の芝犬さん達は、ふわっふわっしているし、みんなが全体の一部として、きちんと自分の居場所にいて、安心するのです。 愛とは、全体性でもあります。また、清さでもあります。清いほど、周りが脅かされずに済むのです。 動物は、傷ついて、居場所からずれてしまった人を目ざとく見つけて、寄り添います。そうすることで、その人が本来の居場所に戻ることをサポートします。清さもまた同じです。世界に安定をもたらし、それは「信じる」ものではなく、身体で「感じる」ものです。 今週も大きな愛でもてなされている自分に気づいていくには、どんな工夫をしてあげるといいでしょう?今週あなたが周りを大きな愛でもてなしていくには、どんなきっかけがサポートになるでしょう? 好きなところから、考え始めてみてくださいね。

老いは創造。

カメラのクリーニングをしたので、晴れ晴れしています。おはようございます、吉野実岐子です。 「老いる」ことを、みなさんはどう捉えていらっしゃるでしょうか? わたしは「老いる」とは、ますます人間にならざるをえない素晴らしいことだと捉えています。現代は、多くの方が外に答えを求め、正解とされるもの(≠正解)に沿おうとか、成功の方程式に当てはまらない自分にイライラするだとかして、逆にお悩みを増やしている時代です。 「老いる」とすばらしいのは、どうやら外に答えを求めても仕方ないし、正解とされるものは正解そのものではないし、そもそも成功の方程式に当てはめる必要などなかったと、気づかざるを得ないところではないでしょうか?外に寄りかかろうとしている内は、メンターや憧れどという名のもと、歩くべき道を探そうとします。「ここを歩けば大丈夫」を探そうとするのです。しかしそれは、本当は幼児の振る舞いです。 老いていくと、とにかく自分より長生きしている人自体が減ってきますし、同じ時代を共有した人が減っていきますので、世の中から良くも悪くもはなれていく感覚になるかと思います。 その時こそ、人間であるゆえんである創造力を発揮せざるを得ない時です。特に女性は閉経後、第三の目をより一層使いやすくなりますから、今までに創造しづらかったことを、創造していきやすくなるともいえるでしょう。 どうぞ老いを楽しみに、そして、老いを待たずに創造していきましょう。

自然のものは、分離感を生まない。

おはようございます、吉野実岐子です。 クライアントさんにも、ワークショップにご参加の方にも、普段から自然素材100%のものを身に着けることを、提案しています。化学繊維は、どうしてもエネルギーの流れを遮断します。 化学繊維だと乾きが早いなど、もちろん色々メリットはあると思うのですが、まといなれたものが自分を大事にするものから離れていることを、思い切って受け取っていただけると、もっと「ここにいていいんだ」という感覚を味わいやすくなります。 自然のものは自然の一部であるわたしたちが身にまとう時、わたしたちを自然の一部に戻してくれます。化学繊維は、わたしたちを自然から切り離し、ハイにします。分離感を味わいづらい服を着れば、感情を分離しづらくなります。ハイになると行動は進みますが、進む方向の間違いに気づけません。感情を自分から切り離している時、わたしたちは、忙しさにまみれたり、アイドルやアルコールや仕事に依存していったり、食事を餌のようにとらえ始めるのです。 ぜひ、改めて自然素材100%に、拘ってみてください。そして、地球資源には限りがあるからこそ、それをリメイクして使い続ける可能性にも、ご自身を開き始めてみませんか?昔の人は、着物を布団にして、布団を座布団にしてと、とことん生かし切りました。そうした過去の知恵ともつながって、知恵で生かす時間を伸ばす工夫をしていきましょう。こうした創造性の発揮こそ、人間が人間である証です。

人生の返し縫い。

カーテンをまつり縫い中です。おはようございます、吉野実岐子です。 クライアントさんが「三歩進んで四歩下がった」と感じていらっしゃったので、提案した視点を、今日はみなさまにお裾分けいたします。 ちなみに、視点ですので、解釈の世界であり、真実とは違います。 「三歩進んで四歩下がる」これをミシンですると、どうなるでしょう?その部分は丈夫になります。そうやって返し縫いをしておくべき箇所は、必ずあります。 人生も同じだと考えてみるとどうでしょう?ほどけては困る頑丈にしておきたい部分に、今取りかかっているのです。後退ではないのです。 ただミシンを前に走らせれば(もちろん実際動かすのは布地の方ですが)、服ができあがるわけではないのです。 人生の返し縫いも、またいいものではないでしょうか?

不安は明るいもの。

初めてキャロットシード(精油)にお世話になっています。ニンジンの甘みだけ抽出したような香りです。おはようございます、吉野実岐子です。 みなさん不安を悪いものと決めつけて、避けて生きていませんか? 不安だけを純粋に感じていただくと、あたたかで明るさが増してきて、穏やかな気持ちを味わえるものです。 自分をせかす癖があると、不安をいつもスキップすることになり、やがて不安を封じ込めたくなってしまうでしょう。 不安はただ感じてみましょう。 不安を感じて、あたたかさとあかるさと落ち着きが増していくにつれ、それこそが「闇から光を生む」ことだと、自覚されるでしょう。 創造力とは、星の誕生と同様に「闇から光を生む」力です。人はこの力を秘めているからこそ、どんなに闇が濃くとも、希望をもちそれを形にしていけます。これこそが、人のすばらしさです。 純粋に不安だけを感じてその明るさを知ることは、あらゆる創造の始まりです。

心に余裕をもつ。

「化粧品という言葉が似合わない」と言われました。面白いなぁ~。おはようございます、吉野実岐子です。 心に余裕を持ちたいなら「もっともっと」をやめましょう。 「もっともっと」と前のめりに高揚しているとき、あなたはただ混乱しています。心に余裕はありません。混乱はほんとうに苦しいものですね。 「少し足りない」くらいが、あなたから知恵を引き出し、創造力を養ってくれます。 求めることを一時停止すると、求めていた物や人とあなたの間に、空間が生まれます。空間が生まれると、止まっていた時も流れはじめます。それが、心の余裕として認識されていきます。 迷ったら、まずは「少し足りない」を選んでみませんか?そして「少し足りない」を創造性で補っていく、これからはそんな風に生きてみませんか?

周りを感じる。

京都でも東京でも、夜になると、鈴虫の声に聞きほれています。 おはようございます、吉野実岐子です。 みなさんが青色だとします。目の前に赤色があるとしましょう。みなさんが我を張ったままで、赤を感じようとすると、みなさんには紫に見えるでしょう。みなさんの青が混ざってしまうからです。 我を張っている限り、周りを正しく感じることはありません。白は水色に、緑は青緑に見えてしまいます。 我を超える(無にする)勇気をもつと、世界のやさしさやうつくしさに、もっと気づいていけますね。

迷ったら、明るい方へ。

ただいま東京でトレーニング中です。おはようございます、吉野実岐子です。 迷ったとき、好き・嫌いという決めつけで選んでもいいのです。トライ&エラーをゆるしてあげることも大切だからです。同時に、やっぱり好き・嫌いという決めつけでばかり選んでいると、あなたの世界は広がっていきません。 好き・嫌いは我を張っている状態でもあるため、周りを無視した選択もしやすくなっています。 みなさんに提案したいのは、迷ったとき「未来を明るくする」方を選んでいくことです。明るい方へすすむのは、植物もしているごく自然なことではないでしょうか? みなさんが既に選んだものの中に「未来を暗くする」ものが混ざっているなら、マイペースに手放していきませんか?迷いづらくなっていきます。 地球の未来が明るいことは、誰も何も悲しませませんね!

休む。

きゅうりは塩もみして冷凍すると、解凍後浅漬けに使えるんですね!おはようございます、吉野実岐子です。 クライアントさんには、とにかく「休む」ことを、して頂いています。家にいてバタバタ動いたり、ただごろんとしてテレビを見るのは「休む」ではありません。 「休む」ことをしないと、つまり、自分の肉体を動かすことを止め、心や思考を忙しくさせることを止めないと、あなたは自分が本当に考えていることや感じていることに、延々たどり着けません。 なんとなく「こうしなきゃ」「ああしなきゃ」で、バタバタ動いていると、大切でないものにどんどん時間やお金や力を使ってしまって、余計にぶれていくのです。 しっかり、心をしずかにしずめて、自身が「静」であることをしないと、自分の我に振り回されて、時流に流されて、正しい判断はできません。 わたしも高温期は過ぎ去ったらしい今月は、「静」の時間を一番に据えて、日々を過ごしていきます。

『太陽の子』

もうすぐ、911、311の月命日でもあります。おはようございます、吉野実岐子です。 今日は、小学生のとき、ショックで心を硬くしながらも、続きが知りたくて読んだ『太陽の子』のお話をします。先日、久しぶりに読み返し、スプリンクラーになったかのように涙が出るつらさに、よく小学生のときに読んだなと振り返りました。主人公のふうちゃんの事実から目をそらさない姿に背中を押されて、わたしもふうちゃんと一緒に事実をみていった、そんな経験だったのだと思います。 何度も書いていますが、戦争や貧困の影響は、家族の中でも無意識に継承されていきます。見た目、戦争が終わったように見えても、心の中ではずっと続いていくのです。その苦しみは、アメリカの帰還兵にみられるDVやお酒などへの依存という形で、表面化されることもありますし、自殺やメルマガでご紹介したような自殺行為といっていい決断という形も、導いていきます。 不幸や悲しみや苦しみは、それぞれが一つずつ別にあるものではなくて、芋づる式につながっているものです。心が病んでいる状態にある人がいるということは、その社会全体が病んでいるということです。それを、個人の問題としてしまい、社会全体、あるいは、歴史全体の問題として捉えないことは、わたしたちから力を奪います。 個人的なものではなく、社会全体、歴史全体、世界全体、地球全体のものであると捉えると、私たちは力を取り戻せます。それは、あなたの問題と私の問題を区別できない、ということではありません。 最後に、ふうちゃんのセリフを一言引用しますね。 「まい日、日曜日やったら戦争は起こらなかったかもしれへんナ」 そもそも、みなさん日曜日を日曜日らしく過ごすことから、はじめる必要があるのではありませんか?

前進。

おはようございます、吉野実岐子です。 前進にこだわり、進んではいけない方へでも、進んでしまう方がとても多いようにお見受けし、とても悲しく思っております。ご自身を見失っておられますよ。 真に前進したいのであれば、ゆるすことです。ゆるすとは、リーダーシップです。ゆるすことで、相手の道も見え、自分の道も見え、自然と踏み出して行けます。 リーダーシップは、リーダーと任命されていない人でも、発揮していいのです。ある場面でのリーダーは、状況に応じて、常に変わっていくのが、自然です。リーダーの仕事のひとつは、ゆるすことであることを、肝に銘じられて、ご自身であってください。そのとき、勝手にリーダーシップは発揮されています。 あなたは、今日何をゆるしますか?誰をゆるしますか?

執着 ≠ 情熱。

おはようございます、吉野実岐子です。朝顔さんに来てもらい、うれしい朝です。 ものは、いつかなくなり朽ち果てます。執着する気持ちがあると、その時苦しむのはあなた自身です。 地震の度に不要なものが落ちてきて、何度も片づけるのは、なかなか切ないんじゃないでしょうか? ものを手放せないクライアントさんには、「お部屋にあるものが、すべて生ものなら?」という視点を提示することがあります。「悪臭がして、発酵がすすんでいる」と受け止められた方は、早速行動にとりかかりましょう! ものはなくなっても、その時のあたたかい思い出は胸にあるからと、おさめていきていけたら、あなたの中で執着≠情熱がクリアになるのではないでしょうか? ものを手放す過程は、あなたの中の情熱に火をいれていく道程でもあります。 そもそも、あなたが今を生きているなら、とっくに「すべてのものは生もの」だという感覚で生きているでしょう。さて、あなたは情熱と執着を見間違えず、今を生きていましたか?

99%片思い。

おはようございます、吉野実岐子です。 「豊かさを受け取る」と決めている人は、99%は片思いしています。 なにかや誰かに出会い、99%は求めるものではないけれど、1%は会いたかったもの、こういうことが続くのが、現実です。 99%は種のスイカを、スイカに目がなくてせっせと食べては、そのそばから種を吐き出していくようなものです。 1%の両思いのために、99%は片思いなのです。 「豊かさを受け取る」と決めていない人は、「あれも嫌」「これが苦手」と、両思いを逃すばかりです。嫌や苦手の対象を替えるだけで、いつも同じ位置にいます。 99%片思いを引き受けて、豊かに生きませんか? 写真家は数百枚撮った中から、数枚残します。99%片思いを引き受けている一例です。

G30

おはようございます、吉野実岐子です。 G30(ゴミゼロ)キャンペーンをしている横浜市ですが、市の広報番組だけでなく、市の収集車からも、クレイジケンバンドの歌う「いいね!横浜G30」という曲が流れているそうです。すてきですよね~♪ こんなにすてきに「ごみをそんなに 捨てないで 知恵と工夫で 見直せば・・・」なんて歌われれば、おしりふりふりしながら、ゴミ袋をお家に持ち帰って、減らせないか検討してしまいそうです。 未だに断捨離を繰り返している人を見ると、うーんと思います。そんなに捨てられるということは、そもそも買い方と使い方に改善ポイントがあるわけです。何が自分にとって大切かが見えていないから、あらゆる優先順位を間違えてしまっているのでしょう。さらに、そもそも自分にとって大切とはどういうことかを、クリアにしていないのでしょう。 年収をあげたい方が多いかと思いますが、年収の分かれ目ポイントの一つは「そもそも自分にとって大切とはどういうことか」がクリアであるということです。ここがクリアであれば、何が自分にとって大切かもクリアになり、優先順位を間違えなくなります。 この辺りをテコ入れして、人生の流れを大きく変えていきたい方は、まず6月19日(金)「エネルギーのうつくしい循環~お金と時間~」in 奈良に、いらしてくださいね!

お正月に考えるべきこと。

初詣行かれましたか?おはようございます、吉野実岐子です。 神社や神様が好きと思っているみなさんに、伺ってみたいことがあります。 みなさん、その好きな神社や神様を喜ばせようと発想していますか?神様を喜ばせるような行動を、選んできましたか? 今年の初詣では、神様が喜ぶ服装・振る舞い・状態を形にされてみてくださいね! 神様が喜ぶ言動・身体とはどんなものでしょう?お正月に考えるのにふさわしいことです。

ストリートバンク

こんにちは、吉野実岐子です。 ゴーヤ(2011)→ゴーヤ(2012)→朝顔(2013)と経て、今年のグリーンカーテンは、フウセンカズラにしました。京都では見かけることが多く、長く楽しめる華奢でかわいい植物です。 さて、ストリートバンクという仕組みを見つけました。一年間いくつかのルールを決めて、お金を使わずに暮らしてみたアイルランド人が、スキル・道具・空間を、シェアしたり交換することを目的に創ったサイトです。面白いので登録してみました。どうなるか、楽しみです。こういうことも、地球にやさしい方向の一つですね。 唐突に田舎暮らしをしたり、一切お金を使わない生活をしたりといった、極端なことをしなくても、小さな変化を大事にすることで、社会もわたしたちの生活も、いい意味で大きく変わります。大きなイノベーションを起こそうとせず(大抵、高コスト)、毎日、小さなイノベーション(大抵、低コスト or コスト0)を積み重ねることを大事にしていきたいと、改めて思います。 まだ成功していませんが、わたしがナイストライ中なのは、「フライパンでパンを焼く」生活へのシフトです。適当にひろったレシピではうまくいかず、レシピの大切さを痛感しました。ただいま、プロのレシピを取り寄せ中です。 この後、あっという間に発酵できる&フライパンで焼くくらいなら気楽につくり続けられるシーズンに入るので、土鍋でご飯を炊く気軽さと同じ気軽さで、パンを焼いていけるといいなと思っています。 ちなみに、人生の中で、大きなイノベーションを起こそうとする人ほど、大きな怒りを抱えているようです。いっぺんに変えようとする人ほど、気づかぬ内に、大きな怒りを抱えています。

何かを学ぶ時、心がけたいこと。

みなさんは、何かを学ぶ時、どんなことを心がけていますか? もし学ぼうとしている何かや教えてくれる先生を、すべて正しいととらえているなら、それは学ぶ姿勢ではありません。ただの依存です。あるいは、素直さと従順さをはきちがえています。 学ぼうとしている何かには、必ず進化の余地があります。だから、後につづくあなたは、インストールして終わりでなく、進化させていく役目があります。何を学ぶのであれ、そのことに目が開いていますか? どんなに素晴らしいものも、あなたが進化させる余地を引き受けていたら、違和感が生まれていきます。 スイカを食べる時を思い出してください。がぶっとかじりつき、種を出します。それと同じ感覚です。一旦すべてうけとって、だからこそ「進化する余地」として、違和感がのこるのです。 その違和感を種まきしてください。そうやって、学んだものを進化させていってください。 もし違和感を持つことにとまどうなら、あなたはそれを進化させる役目にコミットしていません。しっかり覚悟してください。あるいは、今学ぶべきことではないのでしょう。 学ぶとは、先人からなにかを受け取る、つまりあなたが「生かされている」証です。先人から受け取ったものを進化させて、初めてあなたは「生きている」ことになります。 何かを学ぶ時、ぜひこのスイカの話を思い出してください。冬至の今日は、陰を極めて陽を転じるといわれる、転換の日です。不運や嫌なこと、ここから全部転換していきましょう!違和感という種をまいて、自分にとって最高の2014年をつくっていきませんか?

ポーラーイヌイット

ポーラーイヌイットは、塩分の含まれていない氷を見分けることが、できるのだそうです。だからこそ、いろいろな氷を表す言葉を持っています。 【例】 ・ヒコ…十分なあつさの氷 ・アウッカウノ…今にも崩れ落ちそうな薄い氷 ・エイノ…危険な氷の裂け目 ・イルディア…飲み水にできる氷 そして、数十年前までは、家も動物の革と骨でつくっていたそうです。夜が続く半年を過ごしているだけでも、想像を絶するのに、彼らの智慧には、言葉を失います。 そして、こうした智慧がグローバリゼーションという名の欲の塊に、めちゃくちゃにされつつある様に、「わたしから何を始められるか」、考え続けています。 みなさんなら、何を始めてみますか?神頼みや寄付や署名を越えた、何かがあるとしたら、それはなんだとおもいますか?来年はそれに着手しませんか? 全国的に傘マークのようです。あたたかくして、学校に会社に行ってらっしゃい!

だから、あなたは困惑している。

黙らせたければ、他のことに熱中させます。イメージの世界に閉じこもらせて、似たような選択肢をたくさん用意します。それで、選んでいる様子を見て「昔と違って、選択肢がたくさんあって、大変だね。」と、共感に見せかけた毒を吐きます。 世界のあらゆるところで、あらゆる対象に向けて、あらゆるレベルで見られるやり方です。同じ会社が、たくさんのブランドを持って、そのうち一つは必ず、うんと地球にやさしい風なのです。 本当は、用意された、選択肢はどれも似たり寄ったりです。多様性を笠に着た、同一性です。だから、あなたは困惑しているのではないでしょうか?ちがいますか? だったら、あなたは今から創造性をうんと花開かせて、自分としっかりつながって生きていく必要があります。あなたが世界をかえるのです。あなたから、世界をかえられるのです。どんなに貧困でも、どんなに教育を受けていなくても、あなたはそれを、今ここから、必ず始められます。この世界を変えるのは、あなたです。

人生は、起きたことでなく、どう受け取るかで、決まります。

不安になるのが得意な人は、自分を尊重していません。自分を放り投げています。つまり、起きたことで、人生が決まると思っています。 人生は、起きたことでは決まりません。人生は、どう受け取るかで、決まります。 すばらしいことが起きても、だから、すばらしい人生があなたを待ち望んでいるとは、いえません。悲惨なことがおきても、だから、悲惨な人生が、あなたを待ち望んでいるわけではありません。 何か起きた時(いつも何かは起きていますね)、きちんと意図しましょう。つまり、どう受け取るか決めましょう。万人受けしそうな意図は、「なにがあっても、わたしは、しあわせでいられます」辺りかしら? 人生は「どう受け取るか」で決まることに、しっかりコミットする人は「純粋だね。」と、言われることが多いでしょう。そういう方、あるいは、そうなりたいと切望する方は、5/25グループコーチング「純粋であること、The Power of Being Pure.」(神楽坂)向きです。ぜひ、いらしてください。

Spirituality

京都では「祇園祭が終わると、梅雨が明ける」といわれますが、既に梅雨明けしたかと思う暑さの日々です。 夏といえば、少し先ですが、みなさん、ご先祖様のお墓参りには、行かれますか?英語でいうところのSpirituality、本来は「自分のいのちとつながっているいのちに、思いを馳せる」ことと、言えるでしょう。 なにかを、創造するとき、選択するとき、自分のいのちとつながっている、すべてのいのちを感じながら、創造したり、選択していますか?これを「いつも」していない方は、ご自分の中に、Spiritualityを、取り戻すタイミングです。 お墓参りも、食事の時、心から「いただきます」と言うことも、初めの一歩に、オススメです。

うれしい事実

これは、うれしい「事実」だと、思いました。 17基中、8基の原発を、3.11後に停止した、ドイツで、「いったんは、輸入超過に陥ったが、昨年10月に”黒字”に転じた。」と、あります。 2月20日(月) 毎日新聞 夕刊 一面より ・太陽光や風力などの再生可能エネルギーの増加 ・全体のエネルギー消費量を抑える「効率化」 が、その要因だそうです。 「昨年のドイツの発電量に占める原発の割合は、約22%から18%弱程度に低下する一方、再生可能エネルギーは、約20%に上昇した。一方、日本では再生可能エネルギーによる発電量(10年度)は全体の約10%にとどまり、太陽光や風力など水力以下の新しいエネルギーは、約1%に過ぎない」 ですが、「うれしい」厳然たる事実ですね。 孫やひ孫までが、元気でいられる、心配しないでいい仕組みを、残していけると思うと、身体も(子宮も)ホッとしませんか? そういうことを、話していく時間を、3/11『地球に優しく、子宮に優しく」(市川大野・千葉)では、持っています。よかったら、遊びにいらしてください。段々と、お席も埋まってきています。詳細は、ココを、クリックしてくださいね。

サントリー山崎蒸留所

友人にすすめられ、JR山崎駅から、徒歩10分のサントリー山崎蒸留所に、行ってみました。駅は京都ですが、この蒸留所の住所は、大阪と、ちょっと面白いんです。桂川、宇治川、木津川と、川が三つあつまり、濃霧の発生しやすいエリアです。 この土地の水は、名水100選に、選ばれています。 さて、サントリー山崎蒸留所では、何種類かガイドツアーを行っていますが、あっという間に埋まってしまう、人気ぶりでした。1時間のガイドツアーですが、想像以上に面白く、また来たいと思いました。 ・ シングルモルトとは、一つの蒸留所で作ったウィスキーを組み合わせたもの。 ・ 蒸留室は、英語ではStill House という。 ・ 蒸留器の形は、銘柄によって、違う。 ・ お酒の行程によって、まったく香りがかわる。 ・ ウィスキーに、賞味期限はない。 ・ この土地の水で、水割りにすると、他の水での水割りと、格段に違うおいしさ。 ・ 樽につかう、木の種類により、ウィスキーの香りはかわる。 ・ 蒸留所の場所により、海沿いなら潮の香り、森の中なら木の香りが、つく。 ・ 樽にミズナラ(日本)をつかうと、お香のような香りがつく。 ・ ブレンダーは、多い日は、一日に400種類も試飲する。 ・ おいしいハイボールは、ウィスキー1:ソーダ3 …など。 お酒をまったく飲めない方でも、楽しめると思います! 飲める方にとっては、3杯以上飲ませてもらえるし、ティスティングカウンターもあるので、天国かもしれません(笑)。ちなみに、サントリーは、お隣の長岡京駅にある、ビール工場の見学ツアーも、しています。 ぜひ、京都観光の選択肢に、加えてみてください!

美術館「えき」KYOTO

京都駅と伊勢丹は、直結していますが、伊勢丹7Fの 美術館「えき」KYOTOは、小さいながら、いい企画が多いので、注目しています。 平日でも混んでいますが、ICOCAで払うと、800円→600円になる、手軽さも人気の秘密のひとつでしょうか。 この日は、滋賀県出身の今森光彦さんという、動物写真家の方の、切り絵展でした。貼ってあったポスターに、心奪われていたので、京都に戻ってすぐさま、行きました。 もともと、切り絵は、ただ好きで続けていていたのが、たまたま写真の仕事を通じて、切り絵達を、発表する機会があって、そこから、こうして展覧会などひらく道が、ひらけたという、これまでのいきさつが、いいなぁと、思いました。 特に、昆虫の切り絵など、こんなに愛情たっぷりでどことなくユーモラスな切り絵には、感嘆しました。つぶさに再現されているのが、「ありのままを愛している」という、メッセージになって、伝わり、こころがポカポカしました。 もし、お近くで、今森さんの切り絵展をみかけたら、ぜひ行ってください。電車の発車時刻まで、少し時間がある時など、観光で京都にいらした方にも、オススメの美術館です。

"Akai Book"

大事な友人、みどりさんが、最近ミラノで仕上げたという作品の一部が、公開されています。 のびのびした空気がありながらも、オリエンタルで、とても気に入りました。 ぜひ、御覧下さいね。 One of my freinds, Midori did a lot of drawings in Milano, Italy. I want to introduce you to her works “Akai book” because I love them. I felt both the spontaneity and the essence of asian culture. Please enjoy this.

神楽坂で香道教室 / Incense burning ceremony at Kagurazaka, Tokyo

神楽坂の椿屋さんで、今年も香道のお教室が行われるそうです。 御家流香道第一廿世宗家 三條西尭山師直門 鈴木尭聖師範・鈴木尭香師範 のお二方が、ご指導下さいます。 1回 3500円で、参加できますので、ご興味のある方は、ぜひ、椿屋さん(03-5261-0019)に、お問い合わせ下さい。 2/13 14:00- 東都探梅香 4/10 14:00- 季節香「はなみ」 6/12 14:00- 紫陽花香 8/7 14:00- 三夕香 10/9 14:00- 対月香 わたしは、去年ここに通っていましたが、「様々な香りが立ち混ざる中、狙った香りだけを正確に嗅ぎ分け続けられるのが、プロ」という、先生のお言葉に、どんな道にも通じるお言葉だと、感慨深くお話を伺わせて頂いたことを、思い出します。 どんな道も、究めればその先には、必ず先人の知恵/叡智が眠っているというのは、わたしの信条ですが、このお教室でも知恵/叡智にアクセスできる瞬間があります。 ぜひ、足をお運び下さい。 思い切り、楽しんで下さい。 In Kagurazaka, there is an incense shop called “Tsubakiya”. At Tsubakiya, a master teacher of incense burning will have one day classes throughout this year. It costs 3500yen each time. The 2010 schedules in listed below. ・13 Feburary 2:00 p.m.- ・10 April 2:00 p.m.- ・12 June 2:00 p.m.- ・7 August 2:00 p.m.- ・9 October 2:00 p.m.- If you are intrested in this class, please call Tsubakiya (03-5261-0019)and… Read More