畏怖 ≠ 恐怖。

奈良のこの筆ペン、本当に書きやすく筆のようです。おはようございます、吉野実岐子です。

「おそれている」「こわい」と、表現したことから、自分は「恐怖を感じている」と、ご自身を誤解していないでしょうか?あやまった認識をもっていませんか?

恐怖は、エゴ(自我)の内側で感じるもの、畏怖はエゴ(自我)の外側で感じるものです。

よくプロになればなるほど、危機感や初心やこわさを覚えていくと言いませんか?これらすべて「畏怖」であって、「恐怖」ではありません。

自我を超えたところで、あなたが畏怖を感じているものを、恐怖だと誤認していくと、自分がすごくダメな人に思えてくるでしょうし、道を踏み外すでしょう。

畏怖を感じるのは、あなたがそこに願いを持っていて、その願いこそが「あなたが何者か」を証明しているからです。その願いこそが、あなたを生きながらえせています。

畏怖を感じられる道を、進んで行ってください。そして、感じられないならば、よく判らないならば、あなたの腹の中の怒りについて知るべきです。

どうしよう、こうしようではなく。

大収穫の出張から、帰ってきました!おはようございます、吉野実岐子です。

好奇心を向けるとは、ただひたすら「出会いたい」と思って関わっていくことです。それでね、それを子供相手や他人相手にしていくだけではなく、自分相手にしていってくださいね。

自分に「出会いたい」と好奇心を向けないと、いつまでもあなたは自分がないまま、他人と自分の区別がつかないまま、折れやすい心を抱えて、自覚なく現実逃避して、人生を失います。

痛みや不安、根っこから癒やして、明るい初夏をつくり出していきませんか?さて、わたしはこれから昨年つけた梅漬けの瓶をあけます。たのしみ!

やりたいことを知る(二)

未体験ですが、靴もクリーニングできるんですね!おはようございます、吉野実岐子です。

昨日の続きです。今日も主に、30代前半以下の方に向けて、書いています。昨日挙げた問いに対するこたえが見つからなかった方は、以下二つを数か月以上の長いスパンで、続けてみてください。

(1) 行動量を増やす:目の前のことを、とにかく愚直にやる。与えられたものを、相手の期待以上にやる。広くだけでなく、深くやる。人と会う。
(2) インストール:やりたいことをして、生きる人の近くで、多くの時間を過ごす。部分的に真似したい人を、たくさん見つけて、気持ちから真似する。

いろんな人の伝記を読んだり、哲学書を読むことも、みなさんの核をつくってくれるでしょう。すぐに結果の出る手法から、敢えて距離をとって、大器晩成を生きるつもりで、色々選んでいくと、実はその道が最短であったと、後々判ってくるでしょう。

応援しています!

10代から使っている”Owl Clip”

おはようございます、吉野実岐子です。

クリップは色々使ってきましたが、結局「10代に買った”Owl Clip”に勝るものはない」という結論に達しました。可愛いだけでなく、可愛すぎず、さらに、紙にほんのり跡がつくくらい、バシッとしっかり止まるのです。すべての加減が、わたしにはピッタリなのです。当時、雑誌Oliveに載っていて、伊東屋(銀座)まで買いに行ったことを、覚えています。

それで「あと2つ」となったこの一年、色々検索をかけてみたり、文具店による度、確認しましたがなくて「あれほどいい商品が廃盤になるとは、考えにくい」と、伊東屋さんにお問い合わせしたところ、廃盤になっていました(涙)。

しかし、日本で取り扱っていたのはミツヤさんで「バシッと止まるといえば、ミツヤの三角のアイデアルクリップも、おすすめです」と教えて頂いて、さらに「ニューヨークにある紙専門店であるKate’s Paperie(ケイツ・ペーパリー) でOwl Clipが扱われていて、この同商品を逆輸入しているお店が、日本にある」と教えて頂きました。伊東屋さん、愛のこもったすてきな丁寧な対応を、本当にありがとうございました。専門家とお話させていただくと、何事もすぅーっと解れていきますね。晴れ渡りました。今までのあれこれが、嘘のようです。

そして、無事に、我が家に20年間愛してやまない”Owl Clip”が、やって来ました。どうか、メーカーさん、こんなにいい商品は、つくり続けてください。どのクリップにも、いまだ負けていません!お願いいたします。

会話を続けるには?

おはようございます、吉野実岐子です。

会話を続けるために話題探しは必要ありません。コミュニケーションは、話題・伝えたいこと(WHAT)からは始まりません。動物や小さい子が示すように、コミュニケーションは相手への好奇心から始まります。

好奇心を向けるから心がひらき、心がひらくから、相手と一緒に遊びたくなったりと、次々展開します。心をひらいて心でつながっていくこと自体が快楽だから、コミュニケーションするのです。

会話を続けるため、話題探し(WHAT)をする人は、普段から「なぜできないの」のように、WHYで考えることを好みます。WHYはWHATを固定するので、WHATに依存していられて、変えたくないものを変えずにすむからでしょう。

会話が続く人は、「どうしたらできるようになるか」のように、HOWで考える時間を多く持ちます。HOWはWHAT自体を展開させます。WHAT自体を構築していけるからこそ、HOWは新しい未来を呼び込みやすく状況を打開します。つまり、会話も続きます。

あなたが会話を続けたいなら、話題探しより、目の前の人へ好奇心を向けることです。即ち、WHYよりHOWで考える時間を増やしていくことです。

困難に同意できる力。

まとめ買いしたら、二の腕が筋肉痛になりました。おはようございます、吉野実岐子です。

困難が来たとき「なぜわたしが」ともがいたりして、二次的苦しみを生まずにいられる姿勢を、英語だと”Surrender”と呼んだりします。この姿勢を、日本語であらわすと、謙虚の二文字になります。

この姿勢があると、困難にみえたギフトを受け取っていくことができます。困難という暗闇の中から、光を生んでいくことができます。創造性は、謙虚さに根差し、突飛さには根差しません

今日も心が澄みわたる一日になりますように!

刺繍に憧れる。

たった5年前の東日本大震災、あのときそして今も苦しんでいる方に、心からの哀悼の意と思いやりを示します。おはようございます、吉野実岐子です。

一昨日、WWFの「PANDA BLACK」プロジェクトをご紹介しましたが、今日は、日本環境設計株式会社さんが行う「FUKU-FUKU」プロジェクトをご紹介します。

こちらは、服に含まれる綿繊維をバイオエタノールにリサイクルし、それを石油にかわる代替燃料として利用することを目的としたプロジェクトです。回収時に混入したその他の繊維や残渣なども、コークスや炭化水素油等にリサイクルして、100%リサイクルを目指しているそうです。

「FUKU-FUKU」プロジェクトに常時参加しているブランドは、無印良品・パタゴニア・メーカーズシャツ鎌倉・伊織などです。期間を区切って参加した企業には、伊勢丹・らでぃっしゅぼーや、参加を計画中の企業には、EDWIN・銀座英國屋があるそうです。

回収方法は、こちらからブランドごとに、ご確認ください。

例えば、無印良品の場合「衣料品全般(下着を除く)・タオル・シーツ・カバー類 及び、ナイロン6製商品など」を、店舗へ持ち込むことで、回収して頂けるそうですが、すべて洗濯ネームタグに「株式会社良品計画」と記載のあるものに限るそうです。我が家では、ドライ製品を除いて、全ネームタグを切ってあるので、自分でチクチクして、リサイクルする方法を考えます。こういうとき、刺繍が趣味の人に憧れます。(ちなみに、無印良品では、ベビーベッドのレンタルなども、行っているそうです

該当するブランドや企業のものをお持ちで、趣旨に賛同される場合には、新たに地球に優しくあれる選択を手にできますね!そうでない方は、わたしと一緒に刺繍をがんばりますか(笑)?

面倒なひと手間こそが、滑り出しをよくする。

今年はうるう年なんですね。おはようございます、吉野実岐子です。

ちょこちょこ飲みたいけれど、たくさんじゃなくていい飲み物を飲むとき、困っていました。次に飲む頃には、冷めているのです。かといって、魔法瓶に作り置きしたら、うっかりミルクティを緑茶の茶葉に注ぐ自分の様子がありありと見えて、どうしたものかと考えあぐねていました。

ある日、温かい飲み物を入れて持ち歩けるタンブラーを、家で使えばいいとようやく気づき、そしたらもう快適です。タンブラーはかなり洗いにくいのですが、このひと手間で驚くほど、お茶をのむ前後の流れがスムーズになりました!

もう一つは野菜です。使い切るのに時間がかかりそうな時、浅漬けは定番でしたが、よりシンプルにすることに、流れをよくする鍵がありました。

浅漬けだと昆布やゆずやレモンやすりゴマや唐辛子を加えていましたが、それを単なる塩漬けにすると、さらに二次使用の料理の幅が広がります。これで、また冷凍を減らせそうです。

塩漬けなら、たいがいの野菜に対応できます。塩漬けのひと手間で、毎日の献立をつくるときの滑り出しが、ぐっとよくなりました。

便利さに流れず、あえてひと手間かけることが、やっぱりあらゆる滑り出しをよくしてくれて、余計な困り事はつくらないでくれるんだなと思った二月でした。みなさんは、どんな二月を過ごされましたか?

追いつめる力。

今週から、鶯が鳴き始めました。おはようございます、吉野実岐子です。

夢を叶えるには、目標を達成するには、ビジョンを現実化するには、追いつめる力が必要です。

現実と理想の間の距離を測り、どんな努力をどんな風にしていったらいいか、計画を立てて、9.2を切り上げで10にしたりしてごまかさず、縮まない距離を正直に見つめ、何度でも計画を修正していけることが、追いつめる力です。

すぐ、できる/できないに話を落とし込んで、自責に進むのは、現実逃避です。

とことん自分に正直に、とことん計画を修正し続け、ただ実行していく、ただそれだけです。ここが苦手な人は、怒りを見つめて適切に表すことに、伸びしろがあります。

ありきたりの日々から抜け出す。

おはようございます、吉野実岐子です。

過去に紹介した、ヨガやお掃除など、すべて続けています。「飽きませんか?」と聞かれるのですが、続くのは毎日新鮮に感じるからです。

違いをより細やかに感じていける身体づくりを実行しているので、同じ動作に見えることから、あらゆる違いを感じて、面白くてしょうがないのです。

違いを細かく感じていけると、ありきたりの毎日が新鮮になります。そういう身体を創っていますか?ちゃんと身体全てで感じていますか?

今日で立春を抜け、明日から雨水です。

疑い。

再び、体重・身長は変わらないまま、身体がこじんまりとしたので、こちらに洋服をお直しに出しています。おはようございます、吉野実岐子です。

何か困っている大きなことがある時「こうやればいい」と、手順がシンプルではないものをお伝えすると「むずかしくてできない」という方がいらっしゃいます。同じ方に「では、これは究極にシンプルですよ」と、お金も時間もかからない単純な方法をお伝えすると「えーこんな簡単な方法で本当にできるんですか?」と、仰います。

つまり、方法の難しさや手順のシンプルさが、その困りごとを解決して進展させることができない、真の理由ではないのです。解決や進展への疑いこそが、困りごとが困りごとのままでいられる原因です。

さぁ、今日もあなたの持つ疑いこそを、拭っていってください。言い訳はかっこわるいです。

真心と下心。

車の免許を更新しました。おはようございます、吉野実岐子です。

贈り物を開けた時、それが真心からのものか下心からのものか、氣でちゃんと伝わってくるものです。もちろん、真心から贈ったものを、その人の思い込みで、下心として受け取られてしまうこともあります。そういう時は、本当に悲しいですね。

「見えないからわからないだろう」ではなくて、そこにのった氣を相手が感じている可能性に、つまりあなたが知らない内に公開した情報にもっときづいていける力を、本来わたしたちは持っています。それは特殊能力でもなんでもなくて、気配・雰囲気・気配り・気遣いといったように、言葉でも至るところにのこっているほど、ふつうのことです。

そんなふつうの力を取り戻していくことも、わたしの提供するコーチングではサポートしています。

明るい日々。

おはようございます、吉野実岐子です。

2月9日に、40歳になりました。贈り物やメッセージを下さった皆さん、どうもありがとうございました。お心遣いがとてもうれしかったです。今回はちょうど新月や春節が重なった日でした。

特に意識していませんでしたが、包丁や靴下を買ったので、足元がしっかりした切れ味のいい一年になるのかなと思っています。

なんといっても、”Life begins at 40.”ですし、フランスではやっと女性として認められる年齢が40歳ともいわれるので、今から始まる未来が、とても楽しみです。今年は、いや40代通して、30代の10倍はクリエイティブでありたいです。クリエイティブの内訳は、0→1を6割、1→2を4割、でいきます。未来に今までにない明るさと広がりをかんじています。

40代の吉野実岐子もみなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

新調。

楽譜がダウンロードできることに、驚きました。おはようございます、吉野実岐子です。

一月は新調のオンパレードでした。そこに穴のあく手前にあったやかんを笛吹やかんにし、形見の魔法瓶をテーブルポットにし、6年間使いにくさがぬぐえなかったカメラも新調し、結局炭だけでなく最新のポット型浄水器に来てもらうことにし、ファミリーツリーを紐解き、その歴史を新たに書き換えて上書き保存し、飲んでいるお茶をすべて伊勢のものに替え、買い物のパターン自体を新調し、使いにくいソフトをアンインストールして使いやすいものをインストール、初めて外付けDVDドライブを買って、レースアップシューズの靴紐を伸びる靴紐に交換し・・・と、まだまだ続きました。

この余波で、人間関係なども新調されつつあります。小さな波はやがて、湖全体に広がるものです。ちなみに、Windows10への新調はまだしていません。Windows7の延長サポートが2020年1月14日までのようなので、のんびり行きたいと思います。

そして、このブログも新調したく、しばらくお休みをいただきます。

値段は表面的なもの。

まだまだ気温はマイナスです。おはようございます、吉野実岐子です。

「値段が質をあらわす側面もある」そんな風に思っていて、「値段は表面的なもの」と考えられている方は、少ないのではないでしょうか?

「適正価格」なんて言われてしまうと、ますます「値段が質をあらわす側面もある」という思いを強くする方も、いらっしゃるかもしれません。でも、その実、これは隠れ蓑なのです。

「値段は表面的なもの」を引き受けるとは、己のみる目をとことん試されるということです。質を見抜けなかった己に、鍛錬をかしてくことは、多くの方にとってできないことです。厳しさゆえにくじけてしまうからです。

だから、「値段が質をあらわす側面もある」そんな風に思えていると、そこに寄り掛かり逃げ道とできます。だから、楽なのです。

値段は表面的なもの、そこを引き受けて、真価は自分で見極めていくことを厭わないなら、必然的に身体の感受性を上げる道に入っていきます。

お米とお水。

-6℃の京都からお届けしています。おはようございます、吉野実岐子です。

「雪解け水が田に引かれ、雪解け水がその温度差で湖の水をかき混ぜるから、湖の水は澱まずにすむ」と、近所の農家さんに教えて頂きました。

ちゃんと雪が降らないと、お米とお水というわたしたちにとってかなり重要なものにも、多大な影響があります。

田を含む里山という人間の暮らしと大自然の緩衝地帯は、大自然にとっても循環をもたらす点から、全体にとってよいものをもたらす優れたデザインだという主張を読んだことがあります。里山という縁側が失われるにつれ、人間は大自然に土足で踏み込み、滅亡させていくリーダーとなっていったのかもしれません。

今、自分の身体に合うお米探しをしていることもあり、より日本各地の雪の状況は気になっています。

しらす+バゲット。

空も山も毎日愛おしいです。おはようございます、吉野実岐子です。

観たかった映画『海街diary』をオンデマンド配信で鑑賞しました。所属をテーマにしているため、たくさんの人が愛する作品でしょう。先頃、日本アカデミー賞に多々ノミネートされていました。

鎌倉を主な舞台とする作品のため、途中しらす丼・しらすトーストが出てきます。家にあったメゾン・カイザーのバゲットと塩・しょうが・山椒で炊いたしらす(天草産)と醤油と柚子で和えた水菜と海苔に、で、サンドウィッチにしてみたら、定番になりそうな美味しさでした。

この映画を監督した是枝監督は、成瀬巳喜男監督やホゥ・シャオシエン監督(台湾)の作品がお好きなようで、さらにわたしの好きな手触りが広がっている作品となっていました。原作も読みたくなるし、何といっても「生きているものは手間がかかる」を、さらに地で行こうと後押ししてくれます。

進むべき道に迷う時。

関西に来て、酒粕よりまろやかなこぼれ梅(みりん粕)を知りました。おはようございます、吉野実岐子です。

進むべき道に迷う方に、以下のような問いを投げかけることがあります。

『あなたの好きな物は、あなたを自由にしている?』
『あなたの憧れる人は、あなたを自由にしている?』
『あなたが惹かれる世界は、あなたを自由にしている?』

好きな物・憧れる人・惹かれる世界を「サイン」のように捉え、ひたすらそこに向かって邁進すべきという発想が、世の主流かもしれません。この発想は、自分が不安定にならずにすむという意味で、都合がいいので、一時的に私たちを楽にしてくれるから、主流になっているのでしょう。

しかし、その安定して見える、じつは緊張に満ちた世界から、より風通しのいい、自由な世界を生き始めたい方には、上の問いをお渡ししています。

多くの場合、上記は「サイン」ではなくただの執着です。例えば、フェミニストは女性の解放を推進しますが、その裏で多くは特定の男性に執着していると伝えると、そのカラクリを紐解きやすいでしょうか?

まずは、ご自身の中に、問いを響かせてみて、その響きを大事になさってください。

知識から自由になる。

初いちご頂きました。おはようございます、吉野実岐子です。

あなたが自由になれないものを、子供に押し付けていませんか?それは、あなたもまた、誰かから「わたしだって、これから自由になれないのだから」と、押し付けられたものかもしれません。

例えば、学歴にこだわる人は、学ぶ喜びがなく、知識への依存と執着がみられることが、ほとんどです。その人もまた「知識にしがみつかないと、居場所を奪われる」環境で育ったのでしょう。

知識と離れがたい方は、大勢います。しかし、ベースとなるのは「知る」状態ではなく、「(それを)生きる」状態です。知識にすがりつく時、限界を一番感じているのは、当人でしょう。

人は本来、学ぶ喜びに満ちています。「知らない」恐怖は、あなた自身を自由にしてあげるために、あなたが責任をもって拭っていきましょう。

理想の家族とちがう?

マンゴーはうるし科でした。おはようございます、吉野実岐子です。

今の家族を見て「理想の家族とちがう」と感じるなら、単にあなたの内なる家族がバラバラなのです。そして、あなたはきっと家族に「居場所を与えて」と、求めているのです。

だから、常識だと固く信じ込んでいることや生理的反応まで出る先入観も含めて、ただあなたの内なる家族をバラバラにしているもの達を、手放していけばいいのです。もっとも簡単なのは、真に感謝することです。真の感謝は、手放しと統合を同時に行っていきます。

断線や混線の原因を外していけば、ただ内なる家族は元通り一つになります。その時、あなたの家族もまたひとつになり、今まで感じられなかった深い信頼と依存にはない自由を感じ、深呼吸できるでしょう。

ファミリービジネス。

伊勢の柚子と熊本の柚子、まったく氣がちがいます。わたしと氣が合うのは伊勢です。おはようございます、吉野実岐子です。

家族で一緒に暮らし、さらに家族経営までしてしまうと、互いにあらゆることが絡み合いすぎて、互いが誰かも、そのビジネスの本質が何かもわからなくなるでしょう。

この中で、敢えて言うなら、ビジネスが犠牲者なのです。尊重されるべきは、ビジネスの本質であり、経営に関わるメンバーや製品やサービス、お客様などはすべて二の次三の次です。家族の中で、あらゆる記憶を持ち出し、ビジネスの本質を踏みにじる様は、大げさではなく「虐待」と言えます。

まずは、なさっているビジネスの本質と出会い、尊重していくことを第一にしていきましょう。理に沿っていけるでしょう。第一にすることはお客様をみることではありません。まして、株主をみるなんて、ずい分後にすべきことです。

思いを忘れると、現実は動く。

夜更けに鷺らしき声を聞きました。おはようございます、吉野実岐子です。

「この人をみると、イラッとする」「あの人のことを思うだけで、ムカムカする」「思い出したくもない人がいる」という時、みなさんは相手を「みなさんの思い」というフィルターを通してみています。

「あのイラつかせる人が、退職すればいいのに」「ムカつくから、さっさと異動してほしい」「明日も会うなんて考えられない!」そんな風に思うなら、離れがたい仲になってしまっていますね。

相手への思いを忘れるくらいになった時、現実も動いてくれます。皆さんが相手にムカつかなくなった途端、異動してしまう実例は、何件か見てきました。あなたの思いを拭って拭って、そちらにひたすら責任を取っていきましょう。思いをそこかしこに置き去りにしない身体づくりも、とても大切です。

思いには、相手のありのままの姿を見えなくするという力も、あります。その時、あなたも迷子なのです。道を見失わないために、自分の思いは責任を持って回収しましょう。

あなたの「うしろ」の人の思いについては、こちらで取り扱います。

離れがたい?

お猿さんが描かれた上生菓子を頂きました。おはようございます、吉野実岐子です。

「この家が好きだから離れがたい」「この土地に幸せな思い出しかないから、離れがたい」「あの人が大好きで離れがたい」そう思ったことは、ありませんか?

離れがたいとは、実は、相手を思い出でしか見れていない状態です。ありのままの相手は見えません。思い出まみれだから、離れられないのです。

「○○といえば、△△さん」「あの困難を一緒に乗り越えた」「一緒に□□に行った」、これらすべて思い出です。そんなにスティッキーな中にいると、くっつかなくていいものまで、くっついて混線します。

ぜひ「この家が好きだから、感謝でいっぱい」「この土地に幸せな思い出しかないから、感謝でいっぱい」「あの人が大好きで感謝でいっぱい」そんな風に、するっと離れられる関係性を、今年はつくっていってください。

人生のハイライト?

三月のような陽気が続く地域が多いですね。おはようございます、吉野実岐子です。

みなさん、「親戚の集まり」「親友とランチ」「大事な会議」のように、事前にハイライトを決めてしまっていませんか?決めたハイライトに向けて、緊張や興奮や高揚感をうんで、それ以外の時間は、ハイライトのための黒子扱いになっていませんか?

そうすると、今この時が、理に沿ったものとして、在れなくなります。ハイライトを決める時、あなたは、まるで過去を見るように、現在や未来を見てしまっているのです。今とその先の時間から、たましいが抜かれてしまいます。

ぜひ、今年はハイライトも黒子もない時間を、生きてください。すなわち、常に本来のあなたであるという最低限の責任を果たしましょう。そのために、記憶の再生からするんすぽっと抜けるお手伝いもしています。

喜びに従え!

たましい抜かれたまちが増えましたね。おはようございます、吉野実岐子です。

クライアントさん達には、身体の感受性を取り戻し、身体の感受性を高め続ける習慣をインストールし終えるほどに、とにかく喜びに従ってもらっています。

身体の感受性が低いと、単にきが上がり高揚感を感じているだけの状態を喜びだと誤認します。自分の好きを追いかけるという、記憶にぐるぐる巻きにされることを、喜びだと思い込みます。

でも、身体の感受性が高まってくるにつれ、さらに高め続ける習慣が日常のあたりまえの一部になるにつれ、真の喜びが発掘されてくるのです。

身体の感受性が高まるにつれ、否認できなくなるため、逃げ切ったつもりだった現実に待ち伏せされて、へなへなと座り込むようになる方も、います。

でもそれは、単なる途中経過、通過地点 です。その先にピカピカの喜びが待っています。

山頂で輝く朝日をみようと、低酸素の中がんばって歩くのと同じですね!

欲を出して、節約?

商いの印象もかなり強い伊勢、天保年間の長者番付が、伊勢出身者だらけで納得です。おはようございます、吉野実岐子です。

節約/倹約というと、欲が少ない雰囲気が漂いますか? 実際にはどちらも欲から行えます。欲を出して節約し、がっぽり貯めていると言われたら、「あぁ」と膝を打って下さるでしょうか?

ため込むって、それが本であれ、調味料であれ、お金であれ、欲のなせる業です。欲と遠いほど、ただ巡りがよくなります。流れる量の増減に、巡りの良さが左右されるなら、いわば「治水工事」が必要でしょう。

ちなみに、この場合の「治水工事」の一部には、清い空間での運動が入ります。きたない空間では、逆効果です。流れは勢いよく滞ります。腹痛や頭痛を引き起こします。内臓をいためます。

浪費を減らしたい方は、清い空間で運動されてみてくださいね。現在では、清い空間は特殊なことをしないと、生まれなくなってしまいました…。

この辺り、パーソナル・コーチングで、具体的なやり方含めてお伝えしています。ちなみに、パーソナル・コーチングは、なかなかあかない土日枠が一つあきました。良かったら来年からどうぞ。

さぁ、休みだ!

伊勢神宮内宮、イタチや猪やムササビや山ヒルも、住んでいるとか。おはようございます、吉野実岐子です。

年末年始、お出かけの方も、多いでしょうか?生活に必要なことは自然と遊びになるのですが、多くの人は、日常生活から自分を切り離してくれるものを、楽しいと認識しています。

非日常(ハレ)はあっていいのです。ただ、ハレが主体の日常を生きると、あなたは調律してもしても音が狂う楽器のようにしかなりえません。お子さんにも黙らせるための非日常でなく、日常生活に必要なことにこそ、お子さんを入れてあげてください。もちろん親の期待に合わせてもらうのでなく、お子さんのペースにあわせるのです。

本来の遊びとは、あくまでもいのちをまもるものです。大人にとっても子供にとっても、です。上を踏まえて、この年末年始の過ごし方、再選択してみませんか?

年明け1月14日(木)朝10時~12時の「名前のいらないワークショップ」も、残席ひとつとなりました。お知らせでした。

メタスキルを身につける。

おはようございます、吉野実岐子です。

どんな職業でも、息の長い人は、「価値(便宜的にこの言葉を使います)を上乗せ」しています。今あなたのいる職場でこれができると、そのまま自然とその次の職場にも、これが持ち込まれることになります。このメタスキルは、異業種や異職種という垣根を越えます。

今が望まぬ職業なら、「これだけは身に着ける」をメタレベルで明確にし、「いつまでいるか」リミットもしっかり決めましょう。

「価値を上乗せする」とは、経済の文脈で表すなら、商品価値に価値を上乗せして、商品価値を表す(ことになっている)価格以上の経験を、お客様にしていただくということです。

例えば、誇りある接客は、お客さんと買われた商品の使い方に、誇りをもたらします。長く大切に使おうと思ってもらいやすいく、使う度、その人は誇りを感じやすくなるのです。こうしたことも、上乗せされた価値といえます。お客様にとっては、無料のオプションのサービス(次回送料無料/VIP用の個室を使える/修理1回無料など)より、ずっとうれしいことです。こうした「価値を上乗せする」発想・態度・実績は、他の職業でも生かせるメタスキル(スキルの上位のスキル)です。

どんな職業であっても、息の長い人は、必ずこれをしています。英語力のようなザ・スキルより、ずっと大切なメタスキルを、あなたは磨いてきたでしょうか?

おしゃれと落ち着き。

先月は友人が来てくれて、比叡山坂本に行けて、うれしかったです。おはようございます、吉野実岐子です。

根本的な変容ほど、全体を巻き込んで起きるので、結果的に変容を認識しづらかったりします。「奇跡」のような大袈裟な言葉を使いたくなる時ほど、表面的な変化だからこそ、ただ認識しやすいだけだったりします。

根本的な変容が起きたときには、必ず気持ちよさの感覚が変化します。簡単にいうと、おしゃれよりも落ち着きを求めるようになります。

おしゃれな感覚を得られる相手より、落ち着きを得られる相手とつながっていきますし、おしゃれな物より、落ち着いた物にお金を使うようになります。おしゃれに感じる予定を入れるのではなく、落ち着きを感じられる予定を入れていくようになります。

おしゃれを追求している内は、「努力しないで得られる変化にすがりつこう」と、欲を満たしているだけかもしれません。落ち着きを追求すると、満足より幸福を味わう日々になっていくでしょう。みなさんは、どちらに向かっているでしょうか?

望まない職業でも、したい仕事はできる。

おはようございます、吉野実岐子です。

小さいときから「大きな愛からの仕事」を続けてきた人たちが、個人的な運命とでも呼べる方向の仕事に進んでいく転換期に、よくわたしのところに、いらっしゃいます。つまり、職業(仕事をする上での手段)を決めて、その職業においてのプロになったり、その過程でスキルを磨いたりいくステージに入ろうかという時です。職業という具体的な手段があるから、「後に遺せるもの」を創ることができます。

多くの方は、職業≠仕事を理解していません。そのため、多くの方は、あなたが「好き」と決めつけた職業でお金を得ることが、仕事だと思い込んで、苦しんでいます。このステージにいると、欲との狭間で「覚悟」が必要になってしまう人もいます。

しかし、そのジャッジによる職業に就くかどうかは、あまり大事ではないのです。その職業についてもつかなくても、あなたの価値(この言葉好きませんが、便宜的に使います)は何も変わらないのはもちろんのこと、あなたの望む職業でなかったとしても、あなたがしたい仕事ができるのも、ほんとうです。

あなたは、どんな仕事をする、つまり、後に何を遺していく人でしょうか?