情熱に薪をくべる。

この夏は、こちらを観ています。

物を手放せない方に「部屋にあるものが、すべて生ものなら?」という視点を提示することがあります。「腐敗がすすんでいて、悪臭がする」と感じられたら、動かないわけにはいかないでしょう。ものはなくなっても、その時のあたたかい思い出は、胸にあって、どこまでも持ち運べます。

そして、ものを手放す過程は、あなたの中の情熱に薪をくべ、火を大きくしていく道程でもあります。あなたが今を生きているなら、とっくに「すべてのものは生もの」という感覚で生きているでしょう。

初出:2015年6月12日