人が人でなくなる道

杉の表皮と樹脂の組み合わせなんて、よく思いつくなと感嘆しました。

最近は、がめつい人が増え、がめつさを賢さややり手と自己評価する劣化ぶりを、マスコミが成功者として紹介したりします。

がめついから、人間として当たり前にやるべきこともお金に換算するし、そうやってお金を稼いだことを自分の価値として見せてしまうのは、自分の提供するサービスに中身がない証であるということに、気づけません。

例えば、祈ることは誰でもできますが、本当に繊細でバランスのとれた思考と体感をもった人が祈ると、世界を変えます。そういう人が祈る裏には、協力してくれる神様を日々守って、その存在意義を時間軸を超えて理解し、目に見えない世界に人知れず貢献し、計り知れない大きさのものを背負って、誰からも理解されないような苦しみの中を経験しながら、人間性を高めた事実が横たわります。

ですから、そこにお金が発生することは、人間としてもビジネスとしても、何ら問題がありません。しかし、そういう存在とは程多い、がめつくてとんでもなく鈍い人も形だけ祈ることはできます。

鈍さゆえにその影響について、自分では把握しませんし、似た者同士に囲まれて周りからも正確なフィードバックを受け取ることはできません。それゆえに、祈ったことをお金が発生することとして捉えるというがめつさを、不安にも思えません。類が友を呼んでいるので、周りから「あなたは裸の王様です」と教えてもらえません。

農家さんは夜間も農作物を気にし、林業を営む方は毎日山を歩いて変化に対応しているし、教師は子供たちのことがいつも頭にあります。こうしたことにお金が発生していいと捉えるのは、人間として最低限やるべきことを経済価値に換算してしまう、人間が人間でなくなる道を切り拓くことです。

例えば、水はみんなに必要なものだから、みんなが飲めるような安全な水を低価格で使えるようにしていた時代から、水も経済価値に換算されて買う時代になりました。この流れは、環境破壊を促進しています。地球環境の悪化を促進しています。そして、人間社会の劣化にも貢献しています。

がめつい人たちは、そんな風に地球環境を悪化させ、人間社会を劣化させ、周りに迷惑をかけることをリーダーシップの発揮と捉えるという、とんだ過ちを犯しています。これは、単に劣化して迷惑をかけることしかできなくなり、人間でなくなる道を切り開いた姿です。より人が堕ちる方へ道を切り開くことは、分別すらない異常性のあらわれです。

初出:2019年6月7日