ストレスへの自然な反応

店頭で試したいです。

ストレスを抱えていると「もっとちゃんとしないと」「まだ頑張れるから。大丈夫だから」のような言葉を、多く発します。孤立するような雰囲気が強まります。人を遠ざけるとも表せるかもしれませんが、回復を目指す動物は、何も食べず飲まず周りから離れたりするので、自然でしょう。

ブレーキとアクセルを同時に踏む状態にも、入っているでしょう。「Aがしたいのに、Aをできない」や「Bをしたくないのに、Bをしてしまう」といった状態です。そんな時、人に言うより自分で何かできたらと思うのは、これもまた自然なな側面を持つでしょう。ケアの基本は、セルフケアだからです。

上記のような時は「Aをいつでも易々とできるとして、万一、困ることはない?」「Bをいつでも自分の思うように楽にやめられるとして、万が一にも困ることはない?」と、自分に尋ねてみませんか?一歩、駒が動くでしょう。その隙間が、人生に新たなバランスを贈ってくれます。バランスそのものへの誤解から自由になるには、プログラム「耳で学ぼう」の「Balance / バランス」と「Ease / 気楽さ」が、いいパートナーになってくれます。

初出:2019年11月12日