清いと視野は広がる。

おからで、味噌を作れるそうです!

紙に書いて壁に貼ったりしても、すぐ目的を見失ってしまうなら、自分の気のケアができていません。ちゃんと自分から悪い気を出して、気を整えましょう。

悪い気は、欲の渦巻く場所でたくさん生まれます。繁華街やオフィス街は、その代表例です。必要もないのに、そうした場所に滞在すれば、当然その気をいただいてきます。また「どうせ」「面倒くさい」と唱えれば、自分でも大量生産できます。どんどん視野は狭まり、頭はもやっとしてくるでしょう。

視野を広げるには、「何かをしようとしない」ことです。毎日、一人で静かに過ごす時間を、確保しましょう。アロマも焚かず、音楽も流さず、猫も抱かず、ただ掃除した清潔な空間で、身体があることを感じるのです。ぼーっとするのではなく、身体に集中します。

そうしていくと、自分の中に静けさが生まれるようになります。この静けさから、すべてを始めることを、習慣にしていきましょう。視野を広げようと、海外に行ったり、ワークショップで学ぶのは、その後です。

一人で静かに過ごせるようになると、自分がいただいてきた悪い気も、自覚できるようになります。また、自ら悪い気を生産しなくなっていきます。そうすると、物質としてのあなたは清くなり、視野も広がっていきます。今日から、ぜひ静かな時間を持ち始めてみてください。

初出:2016年12月31日