水清ければ月宿る。

「事実をトンデモだと思う」トンデモが減ることを願っています。

準備の時、わたしが大切にすることは、「水清ければ月宿る」です。

本来の意味は、「清い水には月が映るように、心が清らかな人に、神仏のご加護がある」ですが、わたしは、まず自分のいる空間が清らかになって、自分のありようが、清らかになるように、努めています。本来、準備は「ここからが準備」のように、切り分けられないものです?

準備がいつも、バタバタになってしまうみなさん、「水清ければ月宿る」を、日頃から、心がけてみませんか?

初出:: 2012年12月5日