男性になり替わらない。

ダントツに高級住宅街だと「本当に住んでいるの?」と思ってしまうくらい、出すゴミの量が少ないそうです。みなさん、真似しませんか?

女性の多くが、社会的圧力など様々な理由を持ち出しては、男性になり替わろうとします。社会の方もまた、変わる必要がありますが、だとしても、これはあやまりです。

内なる男性性を発揮するとは、男性になり替わろうという傲慢さとは異なります。男性になり替わろうとする人は、何らかのその人にとっては正当に感じられている理由から、男性を恨んでいます。「わたしだって大変なのに、あなたばっかりお仕事大変だって、みんなに言われちゃって」も、その一つです。

「男性を恨む」逆は、何でしょう?かたくなに男性になり替わろうとして、男性が入るスペースをなくすのではなく、男性をうけいれるスペースをつくるには、男性を恨む代わりに、どうするといいのでしょうか?(自分で考えた後で、次の文を読みましょう)

男性を恨むのではなく、素直に男性に憧れていく女性が増えれば、社会の変化スピードも上がるのではないでしょうか?

初出: 2018年11月23日