目的で集まると、異文化度合いは高くなる。

靴をシャンプー(髪の毛用)で洗うと、きれいになることを知りました。

職場の同僚とは、仲良しになるためではなく、仕事を円滑に進める協力相手として出会っています。子供のPTAであう他のお母さん達とも共感を重ねあうために出会ったのでなく、子供がトラブルや怪我なく、義務教育を終えて、子供同士多少の喧嘩もしつつ仲良くなっていく経験をサポートするために、出会っています。

まずは、本来の目的と違うものを、相手に求めていないか、見直してみませんか?つまり、職場の同僚と仲良くなれなくて当たり前で、ママ友と深く共感しあう必要はそもそもありません。

さびしいから働き始めたり、さびしいからPTAに関わり始めたなら、その発想の方がおかしいのです。その発想こそが、あなたに余分なさびしさをもたらしています。

次に、こうした何かの目的のために集まったメンバーは、バックグラウンドも価値観もてんでばらばらになりやすいです。ずっと同じ地域で育ったメンバーで、一緒にサッカーチームを作るような場合と、わけがちがいます。目的で集まると、異文化度合いが高くなるということです。

特にそれまで「同じ地域でずっと育ったメンバーで、サッカーチームをつくる」ような異文化度合いが低い経験ばかり重ねていると「同じ時間を過ごせば、自然と仲良くなって、本音で話し合う」流れになるという今までの経験を、異文化度合いの高いところに持ち込んでしまいます。

それは、異文化度の低い中でのみ通用することでした。だから「あれ?」となって、さびしさを感じやすくなります。でもそれは、あなたの方の勘違いでもあるから、当たり前の展開です。

異文化度合いが高いなら、相手の文化を知っていく必要があります。そして「知る」で止めることです。そういう相手の文化に合わせれば、信頼どころか支配 vs 被支配の関係がはじまるので、ただきちんと知ることにフォーカスして「だから、こうしよう」は止めましょう。

異文化度合いの高い中では、他の人も戸惑っていることが、多いでしょう。つまり、あなたと同じように寂しさを感じている人は、他にもいることを理解しましょう。「他の人はわかりあえているのに、自分だけわかりあえない」のでなく「そもそも誰もわかりあえていなくて、全員さびしんぼ」なたら、関わり方も自然と変わっていくでしょう。

この場合も「他の人も孤独だったんだ。さびしいんだ。じゃあどうしよう」とは考えないで「同じようにさびしいんだ」で、止めてみましょう。

初出:2019年5月15日