一歩譲る相手は誰?

こちら、締切直前です。おはようございます。吉野実岐子です。

今回は、わさび田の側から、お届けしていますので、鳥の声もお楽しみいただけると思います。

例えば、自然なしで人間が生きてはいけないことを思えば、自然にわたしたちが合わせるのは当然です。そして、日本では本来そうした発想で、橋なども作られてきました。 一方、西洋では徹底的に人間中心で、破壊や絶滅も厭いません。それは、対人間の姿勢にも表れていますから、関心のある方は過去の戦争など、振り返ってみて下さい。

ここでは、自然に一歩譲るような姿勢が、理解されないまま、姿勢だけが独り歩きしたときに、どうなるかに焦点を当てています。

それは、長いものに巻かれる発想にもなります。 あなたが、一歩譲っている相手は、本当に譲るべき相手なのか、再選択するきっかけとして頂ければ、幸いです。

◆ 今日も”thumbs-up” (3分間)

パソコンからなら、アプリのインストールは不要です。上記どちらも、パソコン上では、そのまま再生できます。