陳列に注目しよう。

昨日はWordPress不具合により、記事のアップが変な時間になり、楽しみにしてくださっていた方、申し訳ありませんでした。おはようございます。吉野実岐子です。

この約一年半を通じ、やっぱり少し郊外に or 思い切って田舎に引っ越そうと思っている方は、まだまだいらっしゃるようです。

「どこに引っ越すか」を決める際、まずご自身が行ったことのある場所を振り返ることをおすすめします。その場所での至極日常的なこと、例えば何か買ったお店の陳列を思い出してみては、いかがでしょう?

というのも、そのお店の陳列には、そのお店独自の趣向も入りますが、そこに買いに来る人たちの思考パターンが反映されるからです。すなわち、なんだか買い物のしやすいお店・なんだかいいものが見つかるお店は、あなたと思考パターンが近しいのです。(この続きは、近々またPodcastでお話ししますね)

一度切りやたまになら「良い」と思えることも、毎日になると「良くない」になることがあります。今までと全然違う場所を選ぶと、リフレッシュできているようで、実はそれだってストレスである事がおろそかになったりします。

あなたが「あのお店は買い物しやすかったなぁ」「あの店はまた行きたいなぁ」「あの店は良いものによく出会えたな」と思えるお店があった土地は、どこでしょう? 「何か良い。説明できないけど」の方に、注目すると嬉しい展開が待っているようです。