好きの条件を洗い出すと、合うところから遠ざかる

久しぶりにベランダにトンボが来てくれて、うれしくなりました。おはようございます。吉野実岐子です。

転職したり、結婚したり離婚したり、引っ越ししたり、すなわち環境を変える際、なんだかうまくいかない場合は、意識的になりすぎています。

意識的になると、私たちが様々な条件を洗い出し、総点検に入ります。自分が好きだと思う、職場や人間関係や土地の条件を洗い出してしまうんです。そして、それらについていってしまいます。

ところが、私たちはしばしば、今までの恋人とは全く違うタイプの人と結婚し、非常にうまくいったりします。ちっともやりたくないのに、あれよあれよと話が進んでしまって、嫌だ嫌だと思いながらその仕事をして、めちゃくちゃ評価されたりします。

好き嫌いを足元に置いた条件は、むしろ私たちを、本当に私たちが輝ける人間関係や職場や土地から、遠のかせてしまうのです。

全然好きでなくても、むしろ嫌いであっても、以下にイエスなら、その職場・相手・土地はあなたにとって正解でしょう。

  1. 自分を力づけてくれるか?
  2. 第三者から見て、祝福されている流れがあるか?
  3. 内側からこんこんと力が湧き続ける感覚が、続くか?

真逆は、どんどん力が奪われ栓を抜いた状態でお風呂をためてるような感じになったり、トラブルが続いたり、捨てる・遮断する・排除するはできても、迎え入れる・取り入れる・歓迎するが、非常に難しく感じられる状態です。

ぜひ、無意識と意識のバランスを良くして、今から人生を好転させていきましょう。これは、今これを読むあなたにもひらけた可能性です。