転じるには?

おはようございます。吉野実岐子です。

「いつの間にか、話のあう友達がいなくなってしまった」「子育てを経験できず、自分が未熟な気がしてくる」「いざもう一度働こうとしたら、応募できる範囲が狭過ぎて…」そんな声をきいたことがあります。

どんな道をたどっても、悩みは尽きないものなのかもしれません。自分の思い通りに生きてきたつもりが、ある日突然、単にアンバランスに見えたり、何か大きなものを失っていたことにやっと気づいたような感覚になるのです。

でも、まずは全部埋めなくていいんじゃないでしょうか?ガラガラの電車や空いている道路の気持ちよさのように、自分の人生の中の空席に気づいてもいいし、空席のままでもいいんじゃないでしょうか?

満員電車や渋滞の大変さは、皆さんもご存知だと思います。「どこから見ても、充実している」ならば、つまりはぎゅうぎゅう詰めのお重のようなものでもあるのかもしれません。ご飯の上にお箸が立ちそうになって、人間向けでなく仏様向けのようで慌てるあの感じです。ギチギチに詰めていけば、ああなります。

「空いている」と気づいたなら、まずはその空間を楽しんでみませんか?その時、本当に招き入れたいものがクリアになります。そうしてやっと、転じるのです。