グミの使い方

通信許可。おはようございます。吉野実岐子です。

お菓子のグミは、釣りの餌としても使えるそうです。私が釣りをしたことがあるのは数回で、しかも海釣りばかりですが、確かにミミズなどより針につけやすそうだと思いました。

お菓子のグミを開発した人にとっては、そんな使われ方は、想定外でしょう。受け取る側がどんどん工夫して、その物の可能性をどんどん引き出していくと、表現することも可能です。

一方で、開発者側からすると「意図と違う」と表現できます。ここからが本題ですが、これはコミュニケーションにおいてよくある話なのです。優しそうに見える一人ぼっちになりたくない人を見て「優しそう」「ひとりはみんな辛いよね」と反応するのは、開発者の意図通りにグミを受け取ったのと同じです。

ところが、そういう人が実はしたたかに周りが自滅するよう、周りを攻撃しまくっているのに、自分では自分を「優しい」「一人ぼっちになりたくないだけ」と思い込んでいたりします。実際に自分でやっていることには、バレないからとたかをくくり、無頓着なのです。

こうしたしたたかさや攻撃を見抜くのは、グミを釣り針につけちゃう人たちです。受け取りながら、どんどん暴いていけるのです。