イライラの舞台裏

おはようございます。吉野実岐子です。

イライラしたこと、ありますよね?経験済みなら、イライラの仕組みについて、明白でしょうか?

イライラするとき「あれもしないと」「これもしたい」と、同じくらい大事に感じることが、乱立していたでしょう。だから、優先順位をつけられないのです。

「大事なことがたくさんあるのが、豊かさでしょう。選べないくらいが自由です」なんて、思ってしまっていますか?単にあなたが大事だと思う中に、他人の感覚に基づいた「大事」が混ざり込んでいるだけです。他人の思う「大事」なことを満たしても、満たされないのは当然ですよね。だから、それを終えたのにどうもスッキリしきらなかったり、少しすると満たされない感覚が出てくるそれが、まさに他人の感覚に基づいた「大事」です。

自分の感覚に基づいていれば、必ず優先順位がすっきりとつきます。そして、満たしても満たしても不満が出てくるようなことになりえません。だから、イライラするときは「他人の感覚が混ざっている」からスタートしてみませんか?