雀のルート

おはようございます。吉野実岐子です。

梅雨の間、我が家のベランダが、雀の定期ルートに入ったので、雀について調べてみました。驚いたことに、毎日ほぼ同じ時間にやってきていたんです。驚いた燕が垂直に飛んでいたゲリラ雷雨の日ですら、そうでした。ただし、長居はしません。洗濯物を干してあっても、関係なくいらっしゃっていました。(洗濯物が干してあるところは避けてくれます)

今回、初めて知りましたが、日本には雀が2種類います。また、暑い夏にも子育てするそうです。わたしは、そもそも雀の巣を見たことがありません。この暑さで大丈夫なのかとも思いますが、巣の中はそもそも36℃程に保つそうです。

最近は、鳶などの猛禽類も住宅地の上をかなり低空飛行していて驚きます。カラスも増えて、こんな田舎なのに、車の下に何か落ちていないかせっせと探すということは、よほど生態系のバランスが崩れています。

当り前にいた雀がこれ以上減らないように、生態系のバランスが自然と戻ることに加担する選択を、続けていきたいです。また生態系のバランス回復は、人の欲を叶える「〇〇工学」では叶わないことも、添えておきます。そうした過剰な欲を叶えることは、単に安全から遠のくことだからです。