逃げようのないこと。

おはようございます。吉野実岐子です。

人生にはいい時もあれば、悪い時もあります。そして、楽しくないことから、逃げようがないこともあります。そういう時、恐れのないまま、どんな風に自分がそれを調整していくかを学びたいという気持ちや理解しようという心で、楽しくないことを見ていく必要が生じているようなんです。なんだか、やる気が消える感覚や恐れがないまま、それをやっていけるようなんです。

そして、今あなたの中には恐れがあるようなんです。その恐怖は、今本当にはあなたが必要としていないもののようですが、でもあなたは持っているんです。つまり、あなたは今、安全とは呼べない状態でこれを読んでいるようなんです。