知らないのはあなただけ。

朝5時に蚊に起こされました…。おはようございます。吉野実岐子です。

そう、知らないのはあなたという意識だけのようなんです。実は何にも邪魔されていなくて、ストレスもかかっていなくて、何かが叶うとてもいい状態が整えられているのです。だけど、それを意識で「まちがっている」「悪い」とジャッジしてしまうことで、どうやらあなただけがうまくいっていることを知らずに、ヤキモキじたばたしているようなんです。

これを読むあなたのことを、わたしは知らないでしょう。もちろん、直に存じ上げている方も含まれるでしょうが、すれ違ってばかりの方やたまたま迷い込んだような方も含まれるでしょう。だけど、あなたの無意識はあなた以上にあなたをよく知っているようなんです。

あなたの無意識は何年も何十年もかけて、たくさんのことを学んだり考えたりしたことを通じて、それをどんな具合に見積もったらいいのか、どうやって評価するのか、そうしたことをどんな風に感じていくのかも、すっかり学んでいるようなんです。

どうやら、そうしたことを知らないのはあなただけなんです。そして、今安全に生きているのなら、恐らくこれを読んだりはしていないのでしょう。そうしたことを知らないのは、あなただけのようなんです。