本当に環境のせい。

私も意見しましたが、こちら今夜までです。おはようございます。吉野実岐子です。

コードが気になって、隠したくなる方は多いと思うんです。でも、見えなくなっただけで、快適さにまでたどり着きましたか?不快が減っただけではありませんでしたか?

やっぱりコンセントの近くで寝るのは何か嫌だなとか、世の中にwifiが普及した時期と睡眠が揺れはじめた時期が被っているなとか、定期的にデジタルデトックスするとなんかいい感じがするとか、何もない畳の上にごろんとするとホッとするような感覚があるなら、ちゃんと電磁波対策をすることを勧めます。例えば、IHの強火が苦手だったりしたら、もうビンゴもいいところです。

ここまで読んで「大丈夫!気にならないし!」と思いたいなら、それは「気にならない方がいい」という勝手な思い込みで、何事もそうやってごまかしては自分の身体に負担を強いてきた歴史がありそうです。平気ぶって健康を害していくのが、賢い生き方でしょうか?

マンションに住んでいたりすると、数十本のwifiが立ったりします。住宅地に住んでいると、互いに干渉してしまうから「もっとwifi強くしよう」と墓穴を掘っていくことになります。今までにない皮膚病などに悩まされていたり、コーヒーや大きな画面での鑑賞など、刺激を求めるようになっていたら、もうかなり感覚がおかしくなっている可能性があります。感覚がおかしくなる時には、鈍る部分と過敏になる部分が同居するようです。

メールマガジンではご紹介しましたが、これからさらに電磁波の影響は強くなり、そこからよからぬことも起こり得ます。きちんと「身体の負担を減らす」ことにコミットし「自分の気持ちの持ちようだ」から抜けていくことは、皆さんが思っている以上に費用対効果が抜群にいい方法です。