追求するのは、合格でなく、楽。

おはようございます。吉野実岐子です。

資格試験や学校の試験などに向かうとき、山が迫ってくるかのように感じているなら、アウトプットありきで考えられていません。さらにアウトプットといわれて「合格」を考えるなど、一足飛びで考えているから、山が迫ってくるインパクトになってしまうのです。

わたしのいうアウトプットは「理解した公式を使いこなせるから応用問題を解ける」「覚えた単語を基に、似た単語の意味を推測できる」といったことです。それができれば、そう願わずともその試験はパスしてしまうのです。ちょっと残念なくらいに、合格してしまえます。

まずは「これをしたら、残念なことに合格しちゃう」ものが、あなたの目指す資格試験や学校の試験の中で、何に当たるのか、きちんと分解して、漏れなく探し出しましょう。大別すれば、数パターンに落ち着くでしょう。

そうしたら「これをしたら、残念なことに合格しちゃう」ものを、なるべく楽に進めていけるように、環境を設定します。あえて、誘惑の多い部屋で勉強するような、精神修業は要りません。(「誘惑に打ちかてる人になる」のように、アウトプット先が変わってしまいます)誘惑の方に、退散して頂きましょう。

例えば、何もない状態でいきなり授業を聞き→必死にノートをとり→あとで見やすいようにノートをまとめるといったことは、アウトプットありきの姿勢ではありません。予習することで、どんなアウトプット先があるかをある程度推しはかり、授業でその穴を埋めながら吸収して、その時間の質を高めるために覚えられることなどは覚えて楽をし、そのノートを復習すれば、「これをしたら、残念なことに合格しちゃう」パターンの全貌が見えてくるから、ちょっとその反復をするだけというように、とにかく楽を徹底的に追求します。

そうして、楽を徹底的に追求していると、望んでいたかも覚えていないのに、合格が舞い込んできて、なんだか楽をもう追求できないのかと、ちょっと悲しくなったりもするようなんです。