例えば、漁業制度史。

おはようございます。吉野実岐子です。

日本はずっと魚を食べてきた国ですが、漁業制度を見ると、意外なことに8Cの大宝律令後、約1000年もの間、特に目立った動きがなかったことがわかります。

18C、つまり江戸時代になって、慣行漁業権にあたるものが取り沙汰され始め、19Cになって漁業組合が生まれ、20Cにやっと漁業法が制定されています。もっとも、それまで法律を制定しなければいけないほどややこしい事態にならなかったと考えるなら、「やっと」と前文で書くべきではなかったとも思います。

ちなみに、占領下に当たる1945年〜1952年の間、遠洋漁業はできなかったそうです。

何かを言語化して知らしめることが必要な時、その状況はもう不穏なのだと思います。みんながある程度共通に使うとされている言語があって、世界を基本的に行き来できる今の状態は、地球環境としては昔よりずっと不穏でしょう。

そして、言語化する段階で、まるでこの星に人間だけしか住んでないかのような万能感がチラチラしてくることを「致し方ない」と片付けてしまえないところまで来ました。