苦手意識を和らげる

おはようございます。吉野実岐子です。

お家にいる時間が増える中、クライアントさんの中には語学を頑張っている方もいます。コロナ明けたら、ベラベラリーノになっているかもしれませんね!(もちろん造語です(笑))

一方で、語学に苦手意識があると、自分を固定して一か所に押し込めるような勉強時間を過ごしてしまいがちです。学んだことが喜びとなったり、わからないことにワクワクするより、追い詰められ感がでて、不安を感じる時間が長くなってしまうのです。

そんな方に「視点の転換法」あるいは「勉強への姿勢の変え方」として提案したいのが、例えばこちらです。苦手意識があると、苦手な食べ物を目を瞑って口に入れて飲み込むが如く、目を逸らしながら勉強する感じがあるかと思いますが、こんな風にちゃんと言葉を見てみるんです。そうすると「遊び」が始まるし、学んだことが日常とリンクしてきて、苦手ゆえの緊張感も下がるでしょう。

そして、緊張感と言えば、野生動物と対峙した時の緊張感などは、とっても心地いいですよね!そこには、相手の縄張りに入らないという尊重があるからです。緊張感もちゃんと見てみると「遊び」が始まります。