親密さへの同意と性的同意

乱れが顕著な気候の中、足湯と肘湯が欠かせません。おはようございます。吉野実岐子です。

こちらの動画がとてもわかりやすいと思うのですが、少なくとも日本だと「ステディな関係か」の同意は相手に取ることが多いでしょう。ただ、日本で多くみられるのは、ステディになってしまうと「だから、性的同意は取らない」と言う態度です。付き合ってからの不満が、可視化されづらいことにつながってきたでしょう。

一方、ヨーロッパでは私の知る限り「手を繋いでいい?」など、細かな性的同意は取ります。階段を上がるように、必ず性的同意の確認が繰り返されます。一方で「だからステディだよね」とはなりません。だから「あれ?ステディな関係なのかな?」と言う疑問が、比較的残りやすいでしょう。

日本だと年代にもよりますが、恋人にするような感じでビジネス相手がハグしてくるような、びっくりなことがまだまだあります。ハグは親密な相手にもするけれど、その仕方によって性的なニュアンスも入ってきますし、他のことも同様ですよね。

まずは、それらが「いちいち毎回同意を取るべきこと」という認識を持ち「親密さには同意しても性的には同意していない」ときちんと伝え合えるような関係づくりを目指すと、親密さへの恐れ自体が減っていきやすい方も多いと思います。

こうした大事なことに当たり前に向き合っていくためにも、大事なことを自動化してしまうことが、本当に助けになるのです。