相貌失認を持つと、広がる世界

おはようございます。吉野実岐子です。

相貌失認の状態を理解する手助けになるものとして、多くの映画祭で賞を受賞した以下の短編映画があります。ぜひ、ご覧になってください。

みなさん、子供の頃『不思議の国のアリス』など、読まれたと思いますが、作者のルイス・キャロルは相貌失認を持っていたと言われています。ある状態を会得することで、世界を大きく転換できる鍵を手に入れられます。そして、それが本や映画で表されれば、その状態を持たないものも、そこに招待されます。

そういうことは、世界を広げてくれて、とてもありがたいことですよね!