#1 Shimogamo Shrine, Kyoto

初出:2010年4月20日

意識は外すもの

おはようございます。吉野実岐子です。 やっていることがうまくいかないと、私たちはどんどん意識的になりがちです。例えば、スポーツ選手は自分の動きを映像で記録し、何度も見たりして修正します。ところが「手の位置が低いから、手の位置をここまであげよう」のように、直接的に意識することはマイナスです。 見ただけでその動作ができてしまうプロがたくさんいるように、私たちがただ見ているだけで、実際にその動作を行うときに働く脳の部位が働きます。そうすると、うまくいかない映像を何度も見ることで、逆に頭の中ではうまくいかない動作をするための部位が、働き続けることになります。 だから、うまくいかない部分に直接意識を置くのではなく、そこに関連する部分に意識を置くと、スムーズに目的を達成できてしまうのです。そしてこの時「どこに意識を置くといいか」という問いを持つと、前述したうまくいかない部分に意識を置くのと同じことになってしまいますから「主観と客観のギャップを埋めるために、どこから意識を外したらいいか」という問いが役に立つでしょう。 これは動作だけの話ではありません。主観(例えば理想)と客観(例えば現実)のギャップを翻訳することが、目標達成や夢を実現することですが、その時に「どこの意識を外そうか」と考えてくださいと言う話なんです。