秋の紫

フウリンソウ

家は消耗品

おはようございます。吉野実岐子です。 自転車や車などの消耗品については、都市部を中心にシェアリングが広がっています。家については、まだまだ駆け出しの段階でしょう。未だに、家は消耗品ではなく資産だという感覚が強いのでしょう。 一般に高額とされる買い物には「一生ものです」「三世代に渡ってお使いいただいています」といった言葉がつきまといます。これが暗に「資産ですよ。消耗品じゃないですよ。価値は下がるどころか上がるかもしれません」というニュアンスを添えてきます。あなたが10歳でそれを買うなら、人生80年だとしてあと70年使えますが、あなたが50歳でそれを買うなら、使用可能期限は30年です。 少なくとも経済という文脈においては、どんな物も買い手がつかなければ、その価値は0円あるいは負債に過ぎません。空き家を取り壊すにも、お金がかかります。空き家を取り壊したとして、空き地に生えた雑草を定期的にかるといった労働もついてきます。「それはリセールできるのか?」という観点から見ると、物語に囚われ消耗品を資産だと勘違いしてしまう罠から、抜けやすくなるかもしれません。 どんなにエシカルな消費であっても、土にもかえらずリセールできないものは、ゴミになることを前提にお金と向き合うと、お金があなたを助けてくれる機会が増えてくるでしょう。