身近すぎる「てんかん」

おはようございます。吉野実岐子です。

今日はこちらでも触れた「てんかん」が、あまりにも身近な病であることをお伝えします。ちょうど『意識と自己』(アントニオ・ダマシオ著、講談社学術文庫、2018年)のはじめの方に、その具体例が載っていたので、引用します。(kindleで読んだので、ページ数がわかりません)

「突然、話の途中で男性が黙りこくった。顔は動きを失い、口は開いたまま固まり、目は私の背後の壁の一点をうつろに見据えていた。数秒間、彼はぴくりともしなかった。彼の名を呼んでみたが、返事はなかった。それから少し動きはじめ、唇を舐め、目はニ人の間にあるテーブルへと移った。男性はコーヒーカップと小さな金属製の花瓶を見ているようだった。いや、カップを手にしてコーヒーを飲んだのだから、見ていたにちがいなかった。私は繰り返し話しかけてみたが、返事はなかった。彼は花瓶に触れた。私は何が起きているか尋ねてみたが返事はなく、顔にも表情はなかった。彼は私を見ていなかった。そうこうするうちに男性は立ち上がった。この先どうなるかわらかず、私は焦った。彼の名を呼んだが返事はなかった。この状態はいつまでつづく?そう思っていると男性はくるりと向きを変え、ドアに向かってゆっくり歩きだした。私は立ち上がり、もう一度名前を呼んだ。男性は立ち止まり、わたしを見た。顔に少し表情が戻っていた。まごついているようだった。もう一度声をかけると、「なんだい?」と言った。
ほんのつかの間、と言っても長く思えたが、男性は意識障害を起こしていた。神経学的に言えば、彼はまず「欠神発作」を起こし、その後「欠神自動症」を起こした。それらは、脳の機能障害によって引き起こされる癲癇の、さまざまな現れ方のうちの二つである。」

一般に、こうした症状には、周りが気づけないことがほとんどです。「抜けている」のようにキャラにされてしまったりしますが、状況により本人が過度にみえる責任を負わなくてはいけなくなったりします。

他にも、スピリチュアルなことや能力のようにも誤認されている、デジャビュ(例: 初めてだけど見たことがあるような感覚)やジャメビュ(例: いつも通ってるけど初めてのような感覚) なども、てんかんを疑う代表的な症状の一つです。

ご自身や大事な人の安全のため、ご理解いただけましたら、幸いです。