まんべんなく身体を使う

「いい」とされる運動を選び抜いて、身体を動かしていませんか?子供が遊ぶように、斜面で農作業をするように、まんべんなく身体を使おうとする方が、身体はゆるみやすくなります。例えば、スマホに夢中な生活では、自然とまんべんなく身体を使う展開は望めないでしょう。

まんべんなく身体をつかえれば、自然とリンパや血液の流れは改善されます。それによって、排泄機能が高まってかゆみなどの症状が減ったり、美肌にかわることは、大いにあります。滞りを改善しないで、サプリメントを飲んだりしても、肝臓の負担も増すため、逆効果になることがあります。

まんべんなく身体を使えていないと、例えば硬くなった肋骨が下がって、呼吸器の負担が増します。そうすると、こばわりを弛めようと自然と咳が出たりします。

特別なサプリメントなどを探すよりも、まずは「まんべんなく身体を使う」という子供やスーパー元気なおじいちゃんおばあちゃんがしていることを、生活に取り入れてみませんか?