魂に響く?

皆さんが自分の問題を語るとき、語られているのは、皆さんの解釈であることが、ほとんどです。それは、実際の解決への道を制限するやり方です。単に既にこうあって欲しいと思う解決を提供する共犯者に、聞き手を仕立て上げる行為です。聞き手が自分の目で見る権利を、奪おうとしているのです。

自分のイメージが崩れたといちいち騒ぐ人たちは、みんなこれをしています。「自分はこんな人じゃなかったはずなのに」「自分の作ってきた家族はこんなではなかったはずなのに」「自分の選んだパートナーはこんな人じゃなかったはずなのに」「自分がこんな目にあったなんて思いたくない」とイメージの世界でとどまることは、個人的な領域に居続けることを意味します。そしてそれこそが、助けが来る道を塞ぎ、すでにある絆をも傷つける行為です。

魂という言葉を使いたがる方に向けて書くなら、これは魂が何かを知る由もない人がすることです。「魂に響く」なんて言葉に酔ってイメージの世界にとどまっている状態にある方は、実際に魂に響いた状態や魂と調和するした経験はありません。