僕たちが若い頃はね…

昨日の続編にあたることを、書いていきます。

企業で働いていると、急に制度改革があって「今年入社した人から待遇が良くなる」といったことがあります。既にそこで働いていた人は、内心むぐぐっとなるわけです。それで新人に「君たちはほんといい時に入ったなぁ~」「君たちはただ入っただけだから、別にあれだけど。やっぱり会社がおかしいんだよな。この制度改革案はずっと前からあって、やっと施行されたんだよ。もっと早く施行されるように、会社をもっと良くしていかないといけないなぁ」なんて、話したりするんです。

これも単純に、新人に対する嫉妬です。口では何を言っていても、「後から来たのに、おいしい思いをしている」が、そこにあるわけです。(兄弟間でもある嫉妬ですね)だから「僕たちが若い頃はね…」と説教めいたことがでてきたりもするわけです。

嫉妬されている新人の方は、なんとなく「この先輩と歩調を合わせておかないと、なんかまずいかも」と、ちょっと悪いことでもした気になったりして、後日「先輩、一緒に会社をよくしていきましょう!」なんて、わざわざ言いにいっちゃったりするわけです。そうして、入りたいプロジェクトに入れるように動くようなことを、せっせとしていくわけです。

こういう先にいた人(先生/先輩/兄や姉/医師)から後に来た人(生徒/後輩や新人/弟や妹/患者)への嫉妬も、非常によくある嫉妬の代表例の一つです。