記憶力が悪い?

「記憶力が悪いんです」と、相談されることがあります。そして、ご両親もそうである場合があります。そんなケースで実は多いのが、ネグレクトによる血糖値の乱れに端を発するケースです。雑な表現をするなら、ネグレクト下を生き延びていると、親から子へと伝わるはずの衣食住の基本が、身についていないことが多いからです。

ネグレクトは「親が子供のペースに合わせていない」ことから生まれます。「育児は楽しい」「子供が本当にかわいい」と親が思っているケースであっても、十二分にネグレクトは起こっています。例えば「ここまで終えてから、子供の面倒をみる」と自分の決め事に律儀であると、子供が泣いていても、少しだけ放ってしまいます。大きな音がトラウマになっていたりすると、赤ちゃんの泣き声を聞いて頭が真っ白になってしまい、子供が泣いていてもフリーズしてしまうことがあります。

ただ、そうすると子供にとっては、オムツの不快感が続いたり(介護の面でもこれは問題)、お腹が空きすぎて飢餓状態に入るという、生きるか死ぬかの話になってくるのです。(今回はオムツの話はスルーし、後者についてだけ書きます)そうすると、子供自身のペースは踏みにじられて、親のペースによって「この後出かけるから、今ミルク飲んどいて」と、無理やりお腹いっぱいなのに詰め込まれたり、そうかと思うと飢餓状態なのに「今電車の中だから、ダメ」とミルクがもらえなかったりするジェットコースターを、繰り返し経験することになります。

そうして、血糖値が基準値以下まで下がる機能性低血糖の状態ができあがると、食べた後に具合が悪くなったり、いつもイライラするだけでなく、「記憶力が悪い」と本人が自覚するようになっていきます。そうして、そういう方のお食事は必ず乱れています。ひとりになるとお菓子に手が伸びたり、一日一食だったりという食生活もざらです。これが、血糖値の問題が改善されてくると、なんともいえないさびしさもちゃんと改善されていくんです。