安全な足場を失わないために

意志の強さと忍耐強さは、全く別物です。意志の強さがストレスに立ち向かう能動的な力であるのに対し、忍耐力はストレスに耐える受動的な力です。

意志力が育まれないと、外から来る刺激や内から来る衝動や欲求のまま動かされ「流されやすく」なります。だから「好きで始めたことなのに、なんで放り出すの!」と怒られたり、自分でも「なんで続けられないんだろう…」と悩むことになります。また、簡単なルールや約束をわかっていても、それを守れなくなります。(ADHDに見えて、誤診されることがあります)

親が子供に合わせない養育(すなわちネグレクト)の中で、忍耐力と意志力の違いを認識していないと、しばしば虐待に発展しますが、上のような状態の子供は、学校でも叱られやすく、昔で言う不良の仲間になりやすいなど、安全な足場を失っていくことになります。

これを読んでいるみなさんには、忍耐力と意志力の違いを、腹の底に落としていただきたいです。