葉は良くなり、根や幹が悪くなる

今日から、二十四節気では「霜降」にはいります。ここから「立冬」までの間に吹く寒い北風を「木枯らし」と呼ぶそうです。

先日、漢方薬局で「その説明わかりやすい!」と思ったのは「人を木に例えるなら、睡眠と休息・食事・運動が、根っこをしっかりさせて幹を太くする。漢方は、葉っぱが枯れ始めたりしたら使うもの。漢方で葉っぱは元気になっても、睡眠と休息・食事・運動がちゃんとしていないと、またすぐ葉っぱが枯れたり、木がぐらぐらしてしまう」でした。

さらには、本来なら血圧を正常化させる生薬なども、睡眠と休息・食事・運動を改善しないまま「これがいいらしい!」と飛びついて飲み始めると、逆に「高血圧の人には危険」と見える状態に入ることもあるそうです。つまり、根や幹に働きかけず「まだ未病の状態だから」と、葉にばかり働きかけると、逆に根や幹が力を失ってしまうという、逆効果にもなってしまうんです。

実は、よかれと思って、自分の根や幹が力を失ってしまうことをしている方は、コーチングでもよく見かけるんです。