戦争を留まらせる「信仰」

それこそ個人的でない裁きとして存在する裁判などをみると、法をどう解釈するかで、裁きは変わります。つまり、この社会では善悪は相対化されていて、だからこそ、グレーゾーンも生まれます。

絶対的な善悪があると考えてしまうと、排除されるべきものがあると発想し、ゆるしが消えます。ゆえに、悪を受容しようという考えも出てきます。

絶対的な善悪があると「信仰」すれば、この世に戦争がとどまる時間は長くなります。一方、善悪が相対的なものだと認めれば、悪はゆるされることがあろうとも、受容されなくなります。そして、感謝が流通しやすくなり、感謝の価値も正当なものになっていくでしょう。