静けさをおそれ、幸せが遠のく。

転売対策しました。

さてさて、幸せが必ず含むのは、リラックスした状態です。心には、光を感じる感覚(例:明るさ)が、宿るでしょう。

そして、自分の中にノイズが多いと、静けさをおそれます。みなさんは、テレビをつけず、SNSやニュースを一度もチェックせず、音楽をきかずに一日を過ごすことができますか?自分の中にノイズが多いから、あちこち動き回るのです。みなさんは、どこにも出かけず、静かに穏やかに三日間を過ごすことはよくありますか?

「気持ちが上がる」洋服や習慣や本を必要とするのは、それだけ普段「気持ちが落ちている(=落ち込んでいる)」からです。それだけ、自分の中にノイズが多いのです。静かであれば、気持ちは上がりも下がりもしません。気持ちを押し込めたり隠したり、落ち着こうとする必要がそもそもありません。

心にノイズが多いままで、リラックスできるでしょうか?ノイズが多いままで、ハートに光を感じる感覚はやってくるでしょうか?ノイズが多いままで、幸せにたどり着けるでしょうか?

自然への畏敬の念

かつて、人は多くの土地で、自然への畏怖の念を持っていました。自然がわたしたちに食べ物をくれることを「当然」と思わず、頭が下がる感覚が自然だったのです。(ここでは、あえて神様に触れないことにしています)

だけど、どの国でも人は自然と調和する生活から、離れていきました。そうすると、もともとあった天災による飢饉から来る「食べられなくなる」という恐怖は、実は増していきました。お金の優先順位がみんなの中であがるほど、畏怖していた自然の位置を、お金が奪い取っていったのです。

でも、本能的にどこかで「そうはいってもお金は食べられない」ことを知っています。お金という人が生み出したシステムは、どんなに地球工学や遺伝子工学といった○○工学を使っても、生態系というシステムと、並列には置けないのです。そもそも自然があったのが先で、お金が生まれたのはだいぶ後です。今では多くの人が、自然ではなくお金に畏怖の念を持っていますが、それはその人の意識の話で、理から逸れた自分を止めるためのブレーキとして、そういう人は段々と言い知れぬ恐怖を感じるようになっていきます。

「生きていて何だかこわい」という方は、こうした理から逸れたことをしているから、そういうブレーキが働いている視点に一度立ってみて下さい。特に投資などマネーゲームをする方は、こうした恐怖を強く持つようになります。すべては、あなたを助けるためにやってくるのです。

いい移住先を選ぶ指標 ~後編~

前回に引き続き、あまりなじみのない土地(旅行に行った程度)に住む際、なるべくフィット感が増すように、心地よく住めるように、その助けになりそうな指標を提案しています。今回は、後編です。

前回は、その土地の人間社会の話はしませんでしたが、今回はそことの相性について話しています。移り住んで話が通じないと、とにかくストレスになります。そのストレスは事前にかなり回避できます。

さて、そのためには何に注目するといいのでしょうか?それでは、どうぞ聞いてください!

★今日も”thumbs-up”
Podcastはこちら
Radiotalkはこちら
パソコンからなら、アプリのインストールは不要で、そのまま再生できます。

薄くて小さな枕×たくさん

今までの人生で、様々なところに旅したり、友人の家に泊めてもらったりしましたが、一例を除き、とにかくすべてにおいて、枕が合わなかったのです。いいとされているお高い枕もいくつか試した後、ある時点から、よく推奨されているバスタオルなどを使う方法も試してきました。しかし、その一例にかなうものはありませんでした。

それは、かつてリーダーシッププログラムに参加するため、スペインに通っていた時、定宿にしていたホテルの枕で、とにかく薄くて小さい枕がたっくさん置いてあったのです。それによって、絶妙に寝心地の良い状態を毎回つくることができました。おそらく中身はポリエステルだったと思うし、一つ一つの価格は安かったろうと思います。こじんまりとしていたけれど、内装も木でスペインだけど南仏を思わせるデザインで室内が整えられており、ベランダからは海が見えて、本当に悪くないホテルでした。

それを思い出すにつけ、薄くて小さな枕をたくさんプランで行こうと、色々探すのですが、ベッドで使うのと布団で使うのとでは、使いやすさの条件が少し異なることなどもあって、なかなかいい物に出会えなかったのです。しかし、この春、ぴたっとくる小さい枕を見つけてしまったのです。7cmという高さがわたしには絶妙で、また中でちゃんとそば殻とラベンダーが移動してくれるから、少し高くしたり少し低くしたりできる感じも、わたしには絶妙でした。

ただ、その後「じゃあこれをあと何個か買えば、絶妙に眠りやすい!」と思ってお店をのぞいたら売り切れで、その後半年間入荷がなかったのです。しかし、先日見てみたら、入荷していて、即決で買いました。これでますます、睡眠時間が気持ちのいいものになりそうです。

生活からどんどん不快を減らして、快適度を増していくことは、安心や安定に直につながっていくことです。

バランス感覚を養いたければ。

バランス感覚を養いたければ、空間を感じることです。これは、運動絡みのバランス感覚だけでなく、人生におけるバランス感覚も含む話です。

まずは、空間の右に何があって左に何があってという詳細を知らなくても、さっと避けられるスポーツ選手のような状態を目指していきましょう。例えば、みなさん手を上で組んで「うーん」と伸ばしながら、つい声が出ちゃたりして「今日もよく頑張ったなぁ~」となる瞬間があると思います。あの動きをしながら、右に捻ったり左後ろにそってみたりと、色々試してみるのです。

その次に、空間の質を感じるという話がでてきます。いえ、現実的には同時進行ですが、しかし、空間の質を感じるには、思い込みを生まない身体づくりが先ですので、ここでは差し控えます。

まずは、空間を感じることの大切さの片鱗だけでも受け取って頂けると、幸いです。

括約筋の具合はいかが?

滝のようなというよりも、温泉などにある打たせ湯のような感じで雨が降る中、慌てて飛び回る虫が、蝶ばかりという奇異な光景の中、メスアカムラサキ(沖縄にいる)に似た蝶が目の前を横切り、もはやショックでした。

さて、この夏(失われた四季の中で、もはや夏と呼ぶべきかもわからない)、異常な暑さにはじまる地球空間の異常により、緑の多い田舎に住んでいようとも、これまでとは違う気温・湿度・空模様の変化に、振り回された方も多いでしょう。

その結果、自覚のないまま、心肺機能が下がった方も多いでしょう。例えば、心臓が悪くなることは、身体の様々な個所の括約筋のゆるみとして、あらわれてきます。ここでいうゆるみは、決して身体が柔らかいといった意味合いではなく、しまらなくなる、ということです。

しまらなくなる様は、目の瞳孔が開きづらくなる(暗闇で開く・好きな人やモノを見て開く、のが正常)形であらわれたり、脱肛・痔・肛門周囲の炎症・外陰炎などの形を伴って、表れていきます。

心肺機能の低下が長く続くと、肩や膝の痛みとなってもあらわれてきますし、その人の身体の使い方の癖によって、表れ方は多々ですが、まずは自分の状態を知るための指標の一つに、括約筋の状態を加えてみて下さい。次のオンライン・ワークショップ「女性2」では、目の括約筋にアプローチしていきます。どうぞお楽しみに!

雲海

わが家の辺りは、よく雲海が出ます。さらに、ベランダまで霧に埋もれて、窓を開けようとして家が浮いている感覚にギョッとしたこともあります。電車に乗っていても、ホームが完全に霧に埋もれていたことがあって、雲海や霧は、日常のものです。

そんな日常に雲海(や霧)が存在している身からすると、東京のお高いホテルで雲海サービスがはじまっている(庭に霧を発生させて、送風するらしい)ことは、ひどく滑稽に思えるのです。きれいだと思う気持ちは、ある程度わかります。(あるところからは、怖くなりますよ!)

しかし、日常に雲海があるということはそれだけ湿度が高く、そういう環境に合う生き物が一緒についてくるということで、そこには皆さんの嫌いな生き物も当然含まれます。でも、そうしたものを省いて、美しいと思えるところだけを切り取って持ち込もうとする姿勢が、あまりにも全体性をいきていない不自然な姿であるゆえ、滑稽に見えるのです。

朝10時頃まで、すぐ下の道も見えないほど霧が濃い日もあって、雲海もとんでもなく低いところにあったりすると、もうどっちがどっちかわかりません。だって、どちらも、水分です。。。でもこの感覚は、東京のホテルで雲海もどきを眺める人には、生じえないでしょう。部分しか切り取ってないからです。

こうした部分を切り取って持ち運ぶ姿勢は、昔からありました。非常によくあることです。しかし、だからこそいい加減、その不自然さに心身をひらけない私たちは、本当にどうかしてしまっています。

緊張が増す時代

これからの時代は、あまりにも緊張する瞬間が、増えてしまいます。日本で言えば、四季はもう失われ熱帯化していることに、さすがにお気づきでしょう。それは正常な反応である部分がある一方、あまりにもそれが続くと、あなたの心身は壊れます。だから、A)不快に素早く気づいてできることを対処し終える力と、B)緊張しづらい(≠感覚麻痺)内分泌系の仕組みをつくっていくことを、先手を打ってやっていけると、このとんでもない地球環境に「合わせる」ことなく、あなたは正しい方へと生き続けられるでしょう。

不快に素早く気づけない、すなわち内的感覚がないことは、精神病性疾患の圏内に、あなたがとても近いことを表しています。例えば、トイレをある程度がまんできることは、社会性として認識されるべきでしょうが、トイレをがまんしすぎて膀胱炎になったりすることは、この内的感覚のなさを如実にあらわします。

A)不快に素早く気づいてできることを対処し終える力 も B)緊張しづらい(≠感覚麻痺)内分泌系の仕組み も、コーチングでもFAPでも対応していますが、コーチングでは A)に重点が置かれます。FAPでは B)に重点が置かれています。

コーチングを続けているクライアントさん(当然、単発コーチングは該当せず)は、FAPを使い続けて頂きやすいよう、現時点では特別価格で対応するキャンペーン中です。よかったら、先延ばしして不快を野放しにし、内的感覚がない状態を続けて精神病性障害圏内に入ってしまう前に、ドアをノックしてください。

カメムシにジョーカーに。

これだけ、地球環境が正常な状態から程遠くなると、害虫が大活躍する時代に入ります。もちろん、農家さんや家庭菜園をされている方は、もうそれを嫌というほど感じていると思います。無農薬や有機栽培をされている方は、本当に底知れぬご苦労があると思いますし、またそれを可能にする環境を限定的にでもまもるために、多くの知恵をお持ちだろうと思います。

そうではない方は、気楽に殺虫剤を使ったり、農薬をさくさく使い始めます。わたしの住むエリアでは、今年から水稲栽培に農薬を使い始めた農家さんがいらっしゃいますが、稲刈り後のモミなどを燃やすその煙は、薄い水色で非常に気持ちが悪く、稲刈り後なのに、まさに毒薬が四方八方にまかれていました。これからは住む先に農家さんがいる場合「そこで農薬を使う予定がありそうか」というポイントに対しても、念入りに確認しないといけないのか…と、その瞬間すごく疲れました。

さて、虫の気持ち悪さというのは、あります。セミだって、いきなりあなたの部屋の中で100匹舞ったら、さすがにヒッチコックの映画が思い出される感じになるでしょう。山中に住む方は、1000匹近いカメムシに春も秋も悩まされる(部屋にも相当数入ってくる)方がいるようです。

そうなると、やはり酢やミントを使う方法では効き目が薄く感じられ、化学的な薬という、あなたの身体にも自然環境にも悪い方へ、手が伸びやすくなるのかもしれません。心がポッキリ折れそうになるその感じ、すごくわかります。そんな時(うちは1000匹はきませんが)わたしが使うのは、相手がどんな虫であれ、比較的小さくまた原則として地面にいるなら、まず熱湯をかけることです。そして、飛ぶものには、逆に凍えさせる方法を使います。例えば、こちらです。

もちろん、植物の上にいる虫に対して、熱湯や凍えさせる方法は使えませんし、植物の根が張っている辺りに熱湯をかけることもできません。その場合は、自然農薬や効果の薄い自然な忌避剤と合わせて、熱湯や凍えさせる方法を使える場所に、虫を誘導するなど、工夫が必要でしょう。

この不快な空間で、どんどん自分のことしか考えられなくなっている、中心を自分にしかおけない人が増えています。その状態にあると、やることなすことすべて、無自覚なまま地球環境にマイナスのことしかできなくなります。つまりいわば「害虫」になります。自粛のときに「普段気づかなかったけど、○○にすごく感謝だよね~」と言っていた方たちは、ここドンピシャです。

意識しないと感謝にも至れないその可笑しさは、トランプのジョーカーの顔をみているようでもあります。そして、既にこの社会は、ジョーカーと化け物だらけです。欲を追い求める者の出す「異臭」は、カメムシの比ではありません。ジョーカーや化け物の前では、臭いカメムシのなんとかわいいことでしょうか。

いい移住先を選ぶ指標 ~前編~

オンラインで仕事や勉強をできるなら、田舎に帰ったり思い切って地方に引っ越す選択も、身近になってきました。ただ、生まれも育ちも大都市だと、旅行で行ったことのある場所であっても、実際に住んでみるとだいぶ勝手が違うということもあるでしょう。

そんな方が、おそらく指標として取り入れ忘れがちだろうことを、今回はお届けします。まずは、前編です。

★今日も”thumbs-up”
Podcastはこちら
Radiotalkはこちら
パソコンからなら、アプリのインストールは不要で、そのまま再生できます。今回、Podcastにうまくデータが送れていないかもしれません。その場合、Radiotalkの方をパソコン上からクリックしてみると、音声を聞いて頂けます。

【開催報告】9/16 オンラインWS「感謝」

連休が始まっていますが、皆さんいかがお過ごしですか?

今回は、気温は少し下がったのだけれど、空の雲を見ると夏のようでもあり、ただやたらと直線的な雲が多くて、ギョッとする時に、楽しいワークショップを開催することができました。そういう時間を持てたことで、わたしもうれしかったです。

それでは、頂いた感想をシェアします。

「(今の身体は)
〇頭蓋骨の間に隙間ができて、自由に動けるようになった
〇背中が広く感じる
〇骨盤が立って身体がきちんと支えられている

(今の心は)
〇心が深く耕されて、ふかふかになった。これから豊かになっていきそうな感じがする
〇高揚感から遠ざかり、心の静けさがより深くなった

(これからの人生にとって大事なことは)
〇感謝が無理なく自然に出てくる環境を自分で作っていく
〇心が深く耕され、喜びがしみわたり広がっていく時間でした。自然に頭が下がっていく感覚がとてもうれしく感じられました。濃くあたたかな時間をありがとうございました。」

(法人営業、44歳、女性)

オンラインWS「感謝」の開催概要はこちらです。

【秋休みのお知らせ】心を込めて何もしない

急に冷え込んで、驚いています。急に冬布団です。急に湿度30%代です。

というわけで、夏の疲れが出ないよう、しっかり休息し充電すべく、ブログやインスタ上では、しばし秋休みを頂きます。

「心を込めて何もしない」という言葉が好きですが、まさにそんな時間を満喫する予定です。

セッションやワークショップは、通常通り行っています。また真夏日が戻る予報も出ています。みなさまも、どうぞご自愛くださいね!