カサンドラ症候群

1997年、ASDの中でもアスペルガー症候群にあたる方と親しい人(例:配偶者)の中にみられる、アスペルガーの方に話が通じず孤立し自責的になる状態が、カサンドラ症候群症候群として注目されるようになりました。

そして2000年には、上記の「話が通じず孤立し自責的になる状態」が、進行中の心的外傷体験に関連していると、みなされるようになりました。

毎日少しずつ確実に進行する心的外傷体験の積み重ねは、あまりに壮絶な体験です。が、その一つ一つが津波のような強烈さを持たないため、精神科医にすらなかなか理解してもらえない現状が広がっています。

アスベルガーを含むASDは、その脳の特性や二次障害を理由とし、一般に穏やかな人に見えることがあります。そうすると、例えば父親が大きな声を出す人だった女性にとって、理想的な男性に見えてしまうことがあります。その女性が深く内省しない限り、相手を理想と位置づけ続けるため、自責の傾向は強まるのです。ご自身をカサンドラ症候群疑いの視点から、一度省みてはいかがでしょうか?