もう耐えなくていい

誹謗中傷は、表に出る人につきものと、セット商品の一部のようにされてきました。表に出る側が、そのように考え、なんとかおさめられないものをおさめ、生きていこうとするのは、まだわかります。

内では葛藤を抱え続けながら、表ではやりくりする一時的な術だからです。表に出るものがそう表す時は、そうした葛藤が今でも続いていることを、表しているのです。

しかし最近は、表に出る人も表に出る度合いが違う人に対して「誹謗中傷を超えたらすてきな世界が待っている」と胡坐をかくようになったようですね。これは、本当に痛ましいことです。「誹謗中傷を超えられなかった」と相手を「弱く/下に」見ていることが含まれています。

どういった誹謗中傷だったかやその量・表に出る度合いの違いについて、認識がないからこそ、このような発言が出てしまうのです。自分と他人の違いを認められない痛ましい未熟さが、そこにあります。

自粛が明け「ようやく普通に戻れる」「元の生活が戻ってくる」という何気ない一言も同じです。新コロ下で、倒産した会社もたっくさんあります。大事な人を失った方もたくさんいらっしゃいます。そういう人たちや状況が意識に内包されていないからこそ、自分とその周辺だけを見据え「ようやく普通に戻れる」「元の生活が戻ってくる」と言えてしまいます。「亡くなった方にはお悔やみ申し上げます」とつけて、駆け込み乗車で間に合ったかのように涼しい顔をするのは、浅ましくありませんか。

つらいことを乗り越えればいいことが待っていて、そこまでするのがメンタルの強い人だという幻想も、いい加減に破棄しましょう。それは、もう下ろせなくなった銀行預金の通帳みたいなものです。