渡りに船で、一石二鳥。

水質低下に伴い、これはどうしたものかと思いました。名水100選のひとつだった地にかつて住み、同じことを経験しています。都市部にありながら水を汲める豊かさに感動し、それも大きな一因となってそこに引越したのに、「飲み水には使わないでください」と貼り紙があったときの悲しさや悔しさは、簡単に思い起こせます。

近くの川の護岸工事が、今までになく大規模におこなわれているので、それも水質低下の一因かもしれません。

とにかく、かつて浄水器はあまり意味なしと知って、さらにミネラルウォーターを買い続けるしんどさも味わったので、今回は別の道を模索しました。それは「おろして蒸す」です。水を使わない蒸し料理や野菜の水分だけでつくる料理を増やし、なおかつ大根やキュウリや人参などたくさんすりおろそう!と思い立ちました。

余計な水分を加えない料理は、むしろ★★★に近づくほど、増えるかもしれません。だとしたら、家の料理自体がグレードアップするわけですから、渡りに船じゃないですか!ちょうどホーロー鍋ばかり持っているので、こうした料理に最適です。ホーロー鍋をさらに使いたくなるよう、ちょうど見つけたこちらで磨いたら表面の薄曇りがとれて、うれしくなりました。さらに、おろす頻度を上げる必要があります。というわけで、ついでに大根おろしも新調しました。片手でできるくらいのものなら、間違いなくすりおろしたくなるだろうという一品(少し先ですが…敬老の日の贈り物にいいかも)です。これにより、大根おろしへのハードルが下がり、脂の多い魚を敬遠せず頂けるでしょうから、一石二鳥です。

水質低下というネガティブなことからの、すてきな落とし物のお話でした。