意識を置く場所。

「無駄遣いしないように」「失礼に当たらないように」のように「〜しないように」に意識を置くとき、わたしたちは自分のニーズを認識していません。

「何が必要か」にフォーカスせず「これは浪費かな?」と思い悩んでも、浪費の定義をこねくり回して終わるでしょう。「これは失礼かな?これくらいならセーフかな?」とさじ加減の調整に励んでも、相手との適切な距離感はつかめず、人づきあいが面倒になるでしょう。

自分が何を必要としているかに、意識を置いてみましょう。