力を奪う刺激(一)

毎日に喜びを増やしていくには、あなたから力を奪っているものに別れを告げる必要があります。その一つに、多くの方が既に嗅覚をかなり失っているから気づけない、化学物質の存在があります。

クラスで順番に回ってくる子どもの給食着や家に来た業者さんなど、外から来た「いい仕事をしてくれた」「いい人達」が持ち込んだ香りの成分である毒物は、家の壁や天井などに沁みつき、主に真夏に揮発します。高温多湿下で揮発するときも、匂いよりその成分がみなさんをだるくさせたり、喉が少し痛くなって「あれ?風邪ひいたかな?」と思わせたり、なんだかよく眠れないという状態を起こすだけで、匂いとして感知されないことがあります。

試しに、壁と天井を水拭きしてみて下さい。柔軟剤の成分などは、それで再度香るので、この段階でギョッとする方もいらっしゃいます。既に感覚をかなり失っていて、認識できない方も、高温多湿下で息が苦しくなったり、気管が狭くなる感じや、ごくわずかな動悸・頭痛・セメダインのふたを開けたときの類の刺激を少しでも感じられることが、あるでしょう。高温多湿自体も苦手かもしれないけれど、実際にあなたから力を奪っているのは、化学物質の方だと認識を改める必要があります。

さて、こうした認識のあやまりが、雪のように降り積もると、あなたはどこへ運ばれてしまうでしょうか?

 

フェイクはあなたから力を奪う

ちょっといい毎日を過ごすは、あなたから力を奪うフェイクから手を離す必要があります。「なんだかいいんだよね」「つい寄っちゃうよね」「イマイチって思ってたけど、この間見たらすごくかっこよくて、そこからハマって」こんな調子で語られることが多いのが、フェイクの特徴です。

こうしたフェイクは、みなさんの中で満足感や安心感として語られます。つまり、満足や安心は得られていません。「満腹感を得るために、ごはんに〇〇を混ぜて」と自分をだますダイエット同様に、満足感や安心感を届けてくれるものは、みなさんを堂々とだましていて、みなさんはそうした騙しを両手を広げて招き入れている状態です。

「好きっていうより手軽で、満足感が得られるのよね」「安心感があるから、つい手にとってしまうの」「あの人と話していると落ち着いて。落ち着くっていうのとも、ちょっと違うかなぁ?なんか安心感があるの」こんな感じでみなさんが、日々誰かに話している〇〇感というフェイクに、手を伸ばすことを止めて、〇〇そのものを生活に招き入れるんです。

みなさん自身は、決してフェイクではありませんよね?リアルに存在している自分の中に、フェイクを詰め込んでいくと、何となくの不安や不満や焦りが、毎日感じられてしまうようになります。だから、その逆をいくんです。

この時にしか着れない贅沢さ

断ることができなかったりして、自分を傷つけることが当たり前になっていると、自分の満たし方を誤っていることがよくあります。

「今もっていないあれがあれば、もっと素敵にできるのに」は代表的な誤った満たし方でしょう。

例えば、夜寝るとき、くたくたになって気持ちの良いスエットやTシャツを着ているなら、夜寝るときにしか着られない贅沢さを、自分に送ってあげる必要があります。つまり、ちゃんとパジャマを買うのです。

「最悪、このままのコンビニには行ける」と言う格好は、あなた自身を含め誰にも敬意を払っていない服装です。そうした見境のなさは、人生の他の面にも当然現れてきます。

ちなみに「パートナーが浮気をしているかもしれない」方によく提案するのは、パートナーの服に、あなた自身の手できちんとアイロンをかけることです。しわをとり、つまり見境をきちんとつけてあげると、それは浮気心という見境のなさに、ある程度の歯止めをかけてくれます。また、毎日のワイシャツやブラウスが「この時にしか着れない贅沢」になりやすくなり、仕事への誇りの種となります。

 

Formaldehyde

Formaldehyde is a known cause of sick building syndrome. Maybe you don’t know that formalin is an liquid solution of formaldehyde. And also formaldehyde is included in both cigarette smoke and e-cigarette vapor.

So even if you are a non-smoker, when you are exposed to second-hand smoke, you are affected by it and will feel pain in your nose, throat and eyes.

My noisy neighbors love toxic things including smoking heavily. And their smoke come into my house every day. I taped all of the cracks in my room. And I use two high performance air purifiers. It improves the air in my room, but I still feel pain pinpricks and inflamed sinuses. These symptoms have intensified and I cannot sleep even if I wear an activated carbon filter mask. 

I had never experienced sick building syndrome before, but I was reminded of formaldehyde. I used a spray with a formaldehyde enzyme. So immediately I could breath deeply and my sinuses improved.  Even the floor felt differently on the soles of my feet.  I felt that my room became bigger.

I used many products to remove all the smoky odor, but there are still toxic residue, like formaldehyde. Formaldehyde is colorless and sometimes odorless. I wiped the floors with a cloth every day. This works to remove odors to some extent, so it is hard to detect toxins through smell.

If you feel some pain on your sinuses, it is worth thinking about formaldehyde.

オメガ3のオイル

日本のどこであれ、安全な魚を手に入れることが難しくなりました。そのため、今年からはオメガ3のオイルを摂取するようにしています。

朝サラダをいただくことが多いのでドレッシングに使ったり、あるいは朝のシャワー時のオイルプリングに使うこともあります。

肉より魚の方がずーっと身体に合うので、肉はほぼ不要だったわたしですが、311以降はそんなことを言っているといのちに差し障るようになりました。

また、魚は水銀など有害な金属を含むため、魚だけの生活は簡単にいうと健康リスクが増します。かと言って、毎食豆腐一丁いただくわけにもいかず、そうなるとやはりバランスよく頂くという結論に達します。

そんな点からも、オメガ3のオイルには助けられています。ちなみに、クルミなどもオメガ3オイルを含みますが、ローストしたものは含まないそうです。

地球全体がどんどんアンバランスになるなか、逆にバランスをとるのは、揺れの激しい車内で倒れないときのように、自分に集中していく必要があります。

自分に集中するとは、新しい情報を得ることでなく、まず実感していくことです。よりバランスをとろうとして、自分に集中していれば、少ししか加える必要がないことを、自覚できるでしょう。

Like Tofu Makers

My sense of discipline has helped me.  For example, it has helped me to walk every other day.  Discipline has helped me maintain my health for a long time.  However, I have wanted to change such fixed everyday rituals to more appropriate adapted ones for my body based on my needs for the day. 

In Japan, tofu makers change the amount of water to soy beans to make tofu every day, because every day we have different weather. I think that that is a more natural method than doing the same thing regardless of weather.

I wanted to be like the tofu maker for my body. They feel the conditions of both soy beans and the weather.  I also wanted to sense the condition of my body and the weather more.

I have believed that repeating the same thing changes the quality itself. And it happened like a thunderclap.  Suddenly I became like a tofu maker. Now I can prepare the most appropriate exercise routine like yoga, walking and stretching for the day. I can stop at the comfortable level of the day.

This is a new dimension for me. It is very fun!

地を這うから育つ、ユニークネス

人生の傍観者だった人ほど、「地を這うようにやってきた」にひきます。「そんなのやだー。えー!」と、いつものように後ろにぴょんと退いて、上から目線です。

しかし、実際にやってきた人は「それはいいね!」と言います。なぜなら、そこでこそ、他の追随を許さないユニークネスを育てられるからです。楽をしてできることなら、誰でも真似します。地道な大変なことこそ、みんな真似しません。そこにチャンスがあります。

「地を這うようにやってきた」と本人が表さなくとも、結局何かで抜きんでた人はみんな「地を這うようにやってきた」と、第三者の目に映ります。地を這うようだったからこそ、大地との関係が改善されていて、地に足をつける/足が足りないといったことの意味が、身体感覚としてわかっています。

「地を這うよう」な楽しさや「地を這うような」喜びを人生から締め出さないと、失敗や絶望があなたを力強く支えてくれるようになるのです。

より大きな視野でバランスをとる

みんな被災者の時代に入りました。天災がふえ、それに伴う人の争いがふえ、さらにはタバコや違法薬物や抗菌洗剤や柔軟剤などの毒物や、以上を理由に狂った人の異常な行動により、みんな被災者になっていくのです。

悩む具体的な要因が違うだけで、みんなが被災者で、もう平穏な生活は望めません。そんな時代には「自分はこれを満たすと、心身共に調子良くあれる」という条件を正しく知ったとしても、バランスはとれません。

むしろ「自分はこれを満たすと心身共に調子良くあれる」という条件を満たせない日が多すぎてイライラし、段々強迫的になるのが落ちです。手すりを握りしめることが、怪我をうむこともあるのです。

だから、健康にいきたいなら、より大きな視野からバランスをとっていくことが必須です。そのためには、失敗の力と絶望の力に背中を押してもらえるようになる必要があります。

きれいな姿勢は人にうつる。

誰かがあくびをしていると、つられてあくびをしてしまうことは、ありませんか?誰かがきれいに座っていると、思わず自分も姿勢を正した経験はありませんか?

わたしたちは、注目したものの真似をします。だから、普段本当にあなたが注目している人やものは、すごく大事です。

「こうなりたい」と思っているなら、それはすでに体現している人に、注目しましょう。また、その人と話をできる機会をもつべきですし、それはお金も時間も体力も注ぐべき対象の1つです。

「こうなりたい」と思っているのに全然そうなれない人もいらっしゃるでしょうが、それは「そうなりたい」と思い込んでいるだけで、本当は全く違う方向に注目していたりします。

こうした誤差があると、成功なのに失敗だと判断したり、希望があるのに絶望と判断し、密林を行く冒険のような日常になりやすいのです。

できないところばかりに、目が向く。

失った手の感覚が残るように、わたしたちは失った何かに向かい続け、自分という存在を統合しようとします。潰された才能に意識を向かわせ、何とか復活させようとするから、できているところよりできないところに目が向きます。これは、自分を再生させるための、尊いいのちの動きです。

ただ、それが自分の良さに目を向けられない姿勢に転化されると、着地点が惨めさになります。気分を変えて、今あるものを伸ばそうとしても、自分の欠点や短所にばかり目が向くなら、失ったなにかを本当に復活させませんか?その第一歩を一緒に、ふみだしませんか?

普段着とよそゆき

自分の普段着の価値観とよそゆきの価値観の見分けがつかない方は、よそゆきの価値観をもったつもりで酔っている自分を認識できていません。例えば「自然が大好き!」な自分だと思っているのだけど、自然に負荷をかけている自分のことはまるで認識できないケースなどが、該当します。

こうした場合、価値観以前に、ニーズが満たされていく必要がありますが、そこには目を向けないのです。例えば、ごはんは一日おにぎり1個にして、すきな舞台のチケットを買う学生のような感じです。(短期間で一時的なものなら、もちろんOKです)

これをずっと続けてしまうと、満たすべきニーズを踏みにじって、実像ではない自分を形作るものへ時間とお金を情熱を傾けますから、実像の方の自分は非常にもろくなります。そして、失敗しても、あるところまではこのよそゆきに酔うやり方で、たまたま災厄を逃れることもありつつ、ある年齢を超えると、あらゆる災厄と直面し続けることになります。

ここで、失敗の力を生かしてこなかったそれまでの人生が、浮き彫りになってしまうのです。つまり、自分の実像に宿る尊厳を守らずに、虚像を守ってきたツケがここで回ってきます。

本より日記に立ち返る

失敗の力を受け取れる人は、困ったときに誰かの書いた本ではなく、自分の書いた日記やメモに立ち返ります。本棚を見レバ、そうした自分の書いたものがかなりを占めているでしょう。

一方、失敗の力を受け取れない人は、とにかく自分以外の人が書いた本だらけです。

自分の人生はユニークで、どこにも教科書がないものです。それを機械を分解するように、これは体の事/これはマーケティングの事/これは育児の事のように分解して追うと、困っているときの私たちは、よりバラバラになって、余計に困ったことになります。

自分の人生が、本当にユニークで他にはないたった1つの一点ものであることを受け入れてください。敢えて言うなら、自分の教科書の1部は、自分の書いたものの中に含まれているのです。

価値観ではなくニーズ

自分が大事にしたい価値観が尊重されないとしても、絶望にはなかなかたどり着きません。価値観は、あなたの内的世界を表すもので、刻々と変わっていくものです。5年前に自分の中で50位だった価値観が、1位になるようなことはまずありませんが、5年前に自分の中で10位だった価値観が、1位になるくらいのことは、誰にでも起きますし、それでいいのです。

ただ、自分が大事にしたいニーズが尊重されない時間が長く続くと、あっさり絶望にたどり着けることがあります。ニーズは人間として在るために必要な物ですから、きれいな空気や身体の安全や生活の維持なども、含むからです。

絶望している人に「大袈裟だ」と伝えたり「価値観が違うだけ」と表す態度は、ご自身が絶望の力を使える状態から、かけ離れていることだけ、表しています。

【募集スタート】オンラインWS「失敗の力。絶望の力」

失敗と絶望と聞いて、ちょっと嬉しくなったり、面白いぞという感じが、身体の中を駆け巡った方は、人生の上級者かもしれません。失敗や絶望は、お酒のつまみでいったらカラスミのような、万人受けはしない癖のあるものです。

でも、こうした万人受けしない味を生かせる「舌」を持つと、人生がカラフルになり、幅が広がり、実に味わい深くなります。日常の場所を、いつの間にか旅先のように感じさせてくれる恋人を持ったような感覚になるでしょう。

無理してポジティブになるという姿勢とは真反対のそれとして、実際、失敗の力や絶望の力というものがあります。これらを使っていけるようになると、失敗や絶望の状態にありながらも、ちょっとニヤリとできてしまって、成功や希望に向かうプロセスが、とてもヘルシーになります。

今年を少し早めに振り返ることで、今年の残りに力を与えながら、みなさん自身が自分の底力で自分の背中を押すという経験をし、それを日常の当たり前とするチャンスを掴みとりませんか?

もちろん今回も、レギュラーのコーチングからは漏れる所を濃縮還元でギュッと集めているので、ぜひおいしさを堪能しに、クライアントさんも積極的にご参加下さい。

—–

オンラインWS「失敗の力。絶望の力」

〇 場 所:スカイプ or Zoom(有線LAN接続 推奨)

〇 日 時:

– 10月31日(木)20:00~21:30
– 11月1日(金) 14:00~15:30
– 11月4日(月) 13:00~14:30
– 11月中の他の日程を提案する

○ 対 象:~以下の状態をひとつでも望む方~
□ 今までにない視点から今年を振り返りたい
□ 今、今年を振り返り、残りを充実させたい
□ 自分を深いところから、力づけたい
□ 勇気と希望が湧き続ける方法を、得たい
□ 似非ポジティブと虚しさから、卒業したい
□ 心に穴があかない思考を、使っていける
□ 大小問わず、失敗や成功に一喜一憂しない
□ 自分で自分を満たせる安心が、いつもある
□ 理由不明の悲しみが、氷解しはじめる
□ 不足を追い自分を削る辛さから、解かれる
□ 失敗の本質を理解し、実に晴れ晴れとする
□ 憧れに触れて、自分の美しさにハッとする
□ 背中を押してもらい、まっすぐ前を向ける
□ 今が最悪でも、一瞬先は光だと腑に落ちる
□ 内なる深い混乱が、自然と収まり始める

〇 参加費:13,200円(税込)
〇 〆 切:10月22日(火)21:00
◎ お申込み ⇒ https://ws.formzu.net/dist/S26700108/

~ ご協力お願い申し上げます ~

治療が必要な方・ 喫煙常習者・飲酒常習者は、ご利用頂けません。ご自身の状態からお申込みを迷う方は、電話番号と共に詳しい症状を添え、気軽にご連絡ください。ギフト利用の際は、守秘義務に同意したものとみなします。幼児やペットのいる方は、静かな環境作りにご配慮下さい。お申込み後のキャンセルは一切承らず、参加費が発生するものの、11月末までを対象に、日程変更は承っております。

—–

軍のいう「失敗の本質」は既に本として出ていますが、軍を先生として生きるのは、自然の摂理や物事の道理に沿う姿勢でしょうか?理に沿ったところでの、失敗や絶望の力に触れて頂いて、人間らしく伸び伸びあれる年末~新年を迎える「下ごしらえ」の時を、自分に贈りませんか?

ストレッチポールで筋膜リリース

ずっと、ストレッチボールは上に寝る形で使っていました。が、フォームローラーのように筋膜リリースにも使えることを知り、この秋から取り入れています。

(筋膜リリース自体は、テニスボールなどでもできます。フォームローラーやストレッチポールを買う必要はありません)

わたしはずっと。身体の側面のケアやトレーニングが足りないと思ってきました。トレーニングする前に、ストレッチを含めたケアを習得したかったんです。ストレッチボールを使って、初めて太ももの横の筋膜リリースをした時、痛くて驚きました。ちなみに太ももの裏や前面といった、すでにストレッチを行っているところは全く痛くないんです。

驚いたのはその後で、筋膜リリースを終えて立ち上がったときに、そして数歩歩いた時に、足がとても軽く羽のように感じました。今まで太ももの横に何らかの滞りがあったことで、こんなにも足全体の動きに影響していたのだと、経験できました。

こうやって滞りを消していくと、例えば冷えが改善する人も出るでしょうし、筋肉のつき方が綺麗になっていく人もいるでしょう。広い意味でのデトックスは、わたしたちをwholenesに戻してくれますね!

 

落ち着く身体

憧れるライフスタイルと、なんだかんだ自分が落ちつくライフスタイル。距離があったりしませんか? 好きなタイプの異性と、実際につきあった異性に共通するタイプ。「ほんとはどっちがタイプなの?」と、自分にツッコミ入れたことは、ありませんか?

憧れや理想と認識する対象と、実際に調和を感じられる対象の間に、差異があるほど、きちんと自分を知る旅をしてから、人生の大きなことを選択した方が、調和のあるつまり平穏だと感じられる未来を、自分に用意できるでしょう。

身体も同じです。「あのスタイルが理想!あんな風に足が長かったらなぁ」「仕事前にジムに行けていいなぁ。わたしはバテちゃうから無理」のように、理想や憧れを見てもいいんですが、そこに自分をあてはめていくのは、逆効果です。あてはめようとする時点で、それが自分にとって不調和な対象だと、言いきれませんか?

あんな風に足が長くはない自分や朝からジムに行くとバテちゃう自分が、実際に落ちつくのはどんな体型で、いつ運動するスタイルでしょうか?どんな筋肉をつけたら、居心地よく動ける身体になるのでしょうか?どこでするどんな感覚を得る運動が、自分の身体を自由にしてくれるのでしょうか?こうやって、今の自分と調和するスタイルを見つけて、まずは一歩踏み出していくのです。

そうすると、まず今の自分が変わります。変わった自分がもつ理想や憧れは、以前とは異なるものでしょう。これを重ねていくと「とにかく欲しい」は消えいきます。どんないいものも、不要ならゴミだからです。また、自分のニーズを正確に知れるため、ものやサービスを買う際の優先順位も明確になって「うらまやましいなぁ」も消えます。

総じて、憧れや理想があるとき、落ちつく方向も同時に探ると、結果的にスタイルも良くなるし、誰かと両想いになれる確率がぐんと上がります。

 

 

くさくないうんち

山によく登る方には常識かと思いますが、山で困るのはお手洗いです。わたしたちから出る尿と便は、基本的に生態系を壊します。

災害時だって、人目を気にしないとしても犯罪の心配がゼロだとしても「じゃあ、電気と水が来るまで、その辺で!」とできないですよね?匂いだけだって、大変なものです。

それで、新生児のうんちはそこまでは臭くなかったことを、思い出して頂きたいのです。色々余計なものを食べだすと、くっさいうんちになります。

災害時や山で経験のない方も、くっさいうんちとそこまでくさくないうんち、どちらがより健やかだと認識しますか?くさくない方ですよね。

さらに、くっさいうんちとそこまでくさくないうんち、どちらが地球に優しそうでしょうか。厳密には菌の種類や土壌の状態によるとしても、やはりそこまでくさくないうんちの方が、地球には優しいです。

つまり、わたしたちは自分の健やかな未来を見据えても、子供にのこすきれいな地球を思っても、そこまでくさくないうんちを出していく必要があります。

地球環境を考えるなら、自分にも優しい未来をもたらしてくれる、くさくないうんちを出せるように、毎日をお手入れしてあげましょう!

朝のはじめの一歩

朝起きて、みなさんが一番に口にするものは何でしょうか?ぜひ、一番に白湯を口にしてみて下さい。アツアツではなく、自分に飲みやすい温度の冷たくはない白湯です。これが、みなさんの消化器系を活性化してくれます。いきなりお茶やコーヒーやみそ汁ではなく、その前に白湯をたった一口でいいから飲んでみる、これだけで体調がずいぶん楽になる方もいらっしゃいます。特に胃腸が弱い方は、ぜひお試しください。

これが効能の高いハーブティなどだと、身体は吸収をがんばらないといけません。朝起きて、いきなり吸収しないといけないより、まずは部屋の掃除や空気の入れ替えをするように、体内で滞った物をちょっと洗い流したり、自然と背中を押されるほうが、自分の身体に対して優しいなぁと思いませんか?

朝ご飯を食べられないけれど明らかに食べた方がいい人も、これをするだけで、食べたくなったりします。(温かいさっぱりしたスープを夜作っておいて、次の日の朝、さっと温めて朝ご飯にするのが、オススメの二歩目です)これからどんどん、寒さが増していきます。水筒にただ自分にとってちょうどいい温度の白湯を入れて持ち歩くことは、みなさんが思っている以上に、身体の助けになります。あつあつも、夜入れておけば、朝には少し温くなっていて、やけどしない程度に温かい状態になったりしますから、試してみて下さい。これだけでしつこい冷えが消えた方も、いらっしゃいます。

そして、お湯を入れていただけなら、さっと洗うだけでいいし、茶葉などの出費もないから、地球にもお財布にも両方やさしいですね!

おいしさを求めたら節約になっちゃった

目を見張るようなおいしい野菜・力が泉のように湧き上がる野菜は、有機でもなかなかありません。だから、そういう野菜に出会ったら、根の再生を試みます。

そうすると、せり・三つ葉・ネギ・じゃがいも・水菜など、実に多くの野菜が再生してくれて、鉢植えですら実をつけてくれます。

おいしさを追求したら、そうなっただけですが、考えてみれば楽しいだけでなく、ちょっとした節約にもなっていました。野菜のゴミもほんの少しだけど減り、わたしは元気と楽しみをもらえ、この循環の良さを少しずつでも日常に増やしていくことが、真のデトックスかなと思っている実りの秋です。

 

ヨガマットの代わり

夏の間は暑すぎて、汗がぶわっと出る昼のヨガをスキップしていましたが(ウォーキングは1日ごと×100分以上を、キープ)、だいぶ気温が落ち着いてきた中秋の名月の頃に、その「月が出た」と感じる衝撃的な明るさに背中を押されたのか、一気に一日の中で、ヨガをする時間が増えました。

10年以上続けているヨガですが、ずっとネックになってきたのは、膝下にタオルを敷いても、膝を立てるレンジのポーズなどで、膝が痛くて、ホールド時間が短くなったり、やりたくなくなることでした。そこで、この春からは、小さな子がハイハイの練習などに使う用で売っていた、IEKAのこちらのマットに変えました。これで、ちゃんと自分に必要なレンジなどのポーズを長くホールドできるので、安心して自分の身体と向き合えます。

また、どうしても汗がぶわっとでるようなものを避ける傾向があるので、時々こちらの動画にお世話になっています。(ヨガは空間を選ぶので、リンク先ではストレッチだと感じるものを選ぶ方が、安全でしょう)インストラクションが一般的かつ比較的丁寧で、東京で受けていたきょうこさんのヨガを思い出す感じで、リズムがわたしには心地いいんです。わたしが避けたくなるポーズが時々入っていて、大体そういうポーズこそ自分の助けになるものだったりして、支えられています。

いろんな方の作ったプログラムを経験すると、自分なら避けたくなるポーズを経験できるので、自分の幅が広がって本当にありがたいなぁと思っています。その気持ちよさも、9月以降の一日のヨガ時間を長くしてくれていると思います。この10月は、毎日に気持ちよさをふやしませんか?