Hot Water

Hot water is called “sayu” in Japanese. It is written as white water in Chinese characters. This simple hot water is traditionally drunk by babies and people who have weak stomachs while recovering from illness. Also sometimes “sayu ” is the best first drink in the morning because it helps detox and activate our digestive system.

Even though I knew about it, I prefered tea like loasted green tea or herb tea. This September, I realized that I needed more stretching or myofascial release of my upper body and it was urgent. I have been annoyed by noisy and smoking neighbours for a half year and it made my neck and shoulder very tight. And if I avoid doing them, my muscles become unbalanced.

So I started to search for movements which loosen my neck and shoulders. And I found it on Youtube. Actually it was so good. I loved the instructor’s speaking speed. I am very familiar with yoga, so it is not a high bar for me. That instructor reminded me of my yoga teacher Kyoko in Tokyo. It also made everything smooth.

After I tried one sequence for neck and shoulders, I realized that I really enjoy it. When I woke up the next morning, I thought that I wanted to do Yoga in the daytaime. I anticipated it after my work. And actually I did some routine, and suddenly I wanted to drink simple hot water not a tea. I did not want to add anything to my body. So “sayu” was the best for me. And I rememberd the yoga class by Kyoko in Tokyo. At that moment, I sometimes had mildly hot water during some pose by Kyoko’s instruction. “Sayu” was like lubricant for my body. It helps detox and move my body more smoothly. It never kicked me like coffee did.

So I keep on having “sayu” and yoga in the daytime. It is so fun for me. And doing yoga in the daytime, I needed to eat a smaller lunch. It also had a good impact on my body. Now exercising is more fun than eating. For a food-lover like me, it’s really surprising.

From Pianist to Piano Teacher

I saw a documentary about Seymour Bernstein who was a pianist. And his impactful words and his lace-like piano sound touched my heart. I was especially impressed by these following words: “I remember I became aware when practice went well, everything in life seemed harmonized. When it didn’t, I was out of sorts. The real essence of who we are resides in our talent, whatever that talent is.”

When he felt that he was satisfied with being a pianist, he decided to quit and started to live as a piano teacher. I thought that such a way of living was something I should pursue.

I could feel the love he had for discipline was his way of living. Sometimes amateurs start something which they love. But professionals try to transcend love for their job, so they think that discipline is important and pushes them. Discipline is essentially different from punishment. Because discipline comes from inside of us.

And also I think that we don’t have love in us. Love is like the air. When we love something, it is like being wrapped in air which is called love by us. It is mostly the same as wrapping a gift. So we cannot rely on that. But discipline holds us like the arms of a father. It is more reliable and realistic.

Do you have any ideal vision which you want to pursue as a human?

Bats

When I moved to this city, I was annoyed by bat droppings. It opened a door to know about bats. And in August, I went to a bat observation event at night. It was held by a bat museum located in-between Nara and Kyoto.

Bats looks like birds, because they fly freely. But in fact, they are mammals, so their wings are actually their hands. One quarter of mammals in the world are bats. And one third of mammals in Japan are bats. But I still haven’t seen flying bats.

I learned that bats are very beneficial to humans. Because they eat 500 mosquitoes in one night. Summer time is their breeding season. And luckily I could see a rescued baby bat. It was shaking by our glance. Bat detectors informed us its echolocation sound which is around 45hz.

Roughly speaking, their sonar sound is a trace of survivor in the Jurasic period. They live in dinosaur’s shadow. It sounds like they are weak. But in fact, they are enough strong for survive rather than dinosaurs. That is the key to evolve for us, too.

今在るものを「在る」と認める。

自信のある人は、できること・できないこと・欠点・隠したい自分・得意・こう見てほしいという自分・不安・疑いなど全てが、今ここからの自分の人生をつくる素材だと認めています。

上に書いた他にも、緊張・心配・痛み・ウキウキ・喜び・悲しみ・通勤時間の車窓からの風景・寂しさ・微妙な上司との関係性・やたらまくしたてる部下との関係性・年一回集まる高校時代の部活仲間・神社のゴミ拾いができるくらいの空間への理解力など、自分の人生をつくる素材はてんこ盛りで、あります。

あなたは、実に多くの物を既持っています。それらを生かすところに行かないのは単なる傲慢で、自信のある人とは真逆の態度です。自信のワークショップは、今夜〆切です。どうぞ、お申し込み忘れのないように!

無意識のすばらしい采配

敢えて言うなら、自信がある人は、意識が無意識を信じています。自分を信じるって、意識で何かを把握しようと、自分を監視することの真逆だからです。無意識の采配の奥に、ちゃんと長期的な視野に基づく深みや美しさを見出せる状態が、自信のある状態です。

意識はジャッジをしやすくて「不安はダメで、安心はいい」とか「信頼はよくて、疑いはわるい」なんて、味気ないことを言ってきます。でも、いうならば、不安はじゃがいもで、安心はワカメで、信頼はマスタードで、疑いはしば漬のような感じで、全然別の「素材」なだけなんです。すべて「使える」素材なんです。

例えば、経理担当者が「まぁ大体あってるからいいでしょ!」だと、困ります。きっちり合わせてくれるために、疑いを持ちやすく不安を持ちやすい方が、いい仕事してくれるといえるでしょう。一方営業なら、一円まできっちりタイプより、遅刻しても「あの人は愛嬌があるからなぁ」と受け入れられるような素質が重要だったりします。適材適所で、それぞれいいとされる素材はかわりますが、素材自体にはいいもわるいも優劣もありません。

ジャッジして「中途半端で」なんて言っている人や「不安が多くて」なんていう人の話をきくと、まぁ無意識がいい仕事をしてくれています。その中途半端さが不安が、ちゃんと次の望む道を開くために、本当に必要な素材なんです。みなさんは、色んな素材をちょっとバカにし過ぎなんじゃないかと思います。あなたの腕次第で、ぜんぶ生きます。全部生かせるよう、腕を磨くんです。

自信があるから自然体

皆さんは「自信があるキャラクターのイラストを描いて」と言われたら、そのキャラクターに、どんな服装をさせ、どんな振る舞いをさせ、どんなことを言わせますか?

ここで、いかにも自信がありそうな「胸を張って顔には笑み浮かべている、ちょっといい服を着ているキャラクター」を思い浮かべたなら、その時点で露呈するのは、あなたは自信がないと言う事実です。

自信がある人は、いかにもな外見はしていません。別に高い服も着ていなかったり、胸も張っているという程ではなかったり、むしろ気が弱かったり頼りなくみえたりします。

よくいる普通の、でもどこか自由な雰囲気は漂わせる、圧倒的に自然体な人は、自信があります。大きな声で話したりもしないし、ふわんと話したりしますが、その場の空気を変えて、気づくといなくなっていたりします。

今日は、みなさんの身の回りにいた、実は自信がある人を、探してみませんか?

苦しみは停滞

あらゆる停滞は、苦しみとして知覚されます。誰かに敬意を払えなければ、その人との間にある淀みが、あなたの苦しみとして知覚されていきます。

淀んでいるから、吸収したいのか排出したいのかわからなくなって、揺れる動きが生じます。それが迷いや惑いとして、認識されます。それを「迷いがあるから苦しいのだ」「惑いがあるから苦しいのだ」と曲解するわけです。

停滞していなければ、あなたはただ純粋な喜びの中を生きられるようになります。特に、親との間が停滞していなければ、あんなに意志の力では無理だった「自分はなんて愛おしい存在なんだろう」と潤う感覚が生まれ永続し、「今の自分のまま、自分がとても誇らしい」と、胸が膨らむ感覚が生まれ、当たり前に死ぬまであり続けるようになります。

停滞がなくなる、すなわち、苦しみが消えるとは、これほどまでにパワフルに未来を守り、自信に溢れた状態をつくりだしていきます。

 

 

 

ゆるさなくていい

誰かに本当に敬意をはらうと、その人は輝いて見えるでしょう。その人があなたにどんなひどいことをした人であれ、本当にあなたがその人に敬意をはらうと、その人はどうしてもまばゆく見えてしまうのです。その時、あなたとその人の間のエネルギーのねじれやつまりはなく、台風一過の高い秋の空のようにスコーンと抜けています。

そうなると、もうあなたはその人をゆるす必要が消えます。その人を見れば敬意で胸がいっぱいになり、光輝いて見えるその人の前で、自分もまばゆくなっていくので、手放す・ゆるすにフォーカスする必要が消滅します。ゆるしたり、手放したいのは、まさにこの状態を得るためですが、そうではなく、この互いにまばゆい状態をダイレクトに目指した方が、すべてが近道で、一斉に起こります。というのも、ゆるす・手放すはこの誰かに敬意を真に払った状態の一部を、切り取った状態にすぎないからです。

特に、親に対してこの状態に一度入ると、二度とこの状態から抜けることはありません。そして、真の自信に恵まれます。そのために、親に尽くす必要も、親を罵る必要も、過去を隠す必要も、涙をこらえる必要も、ないのです。

自信という状態

わたしたちは、本当に他者に敬意を払えるようになると、喜びでいっぱいになります。窮屈な感覚やぶつけないように頭を下げておくような感覚は消え、すくっと立ち、余分な力の抜けたとても楽な状態で、他者をまっすぐに見れるのです。

そして、そうするときに、誰よりも自分がまもられていきます。足元に穴があるような感じや、急にどこかから吹き矢が飛んでくるかもしれない感覚は消えます。そんな状態のあなたを、周りは、ある種の神々しい感じをもって見始めると思います。

この状態にあれるとき、もっというと両親に真に敬意をはらえる時、わたしたちはすべてをとてもやさしく軽やかに感じ始められます。あなたの尊厳が守られた状態に入っていきます。その時、周りからは謙虚であり、かつ、自信に満ち溢れているように見えています。

癒し系で母性的な

日本では、不思議なことに、性産業に携わる人が、自立した大人の振る舞いについての指南本など出していたりします。性産業は、本来売り物にしてはいけないもの、つまり非売品が売られているという、本質的には闇市みたいなものです。

そして、実際に性産業に携わる人が要求されるのは、成熟したセクシュアリティではなく、極めてナルシシスティックで小器用で小賢しい相手に、母性的なケアを与えていくことです。つまり、愛のない養母になることです。

ただ、これは家庭円満にもつながります。なぜなら、家庭でもパートナーに自分を癒してくれる親であることを期待すると、それはやがて「どうしてわかってくれないの!」を降り積もらせ、恨みへと変質するからです。怒りは健康的なものですが、恨みは病理的なものです。

では、性産業が必要なのかというと、本質的にはそうではありません。みんながちゃんと大人になれば、そのニーズも引き受けても消えます。酔っていたいから、役割を演じるために、その役割からはみ出したことは隠す必要が出てくるという構造がある限り、家庭では隠し事が当たり前となり、そうしないとむしろ家庭が壊れる状態から、抜け出ることができません。

自分のケアは自分でできて、ひとりでいられる人が大人です。ひとりでいられる人は、相手を監視したり束縛する必要からも、解放されていて、他者と調和していけます。

【開催報告】8/29, 9/12, 9/13 秋のオンラインWS「スケールアップ1 ~恥~」

全国的に涼しさが増した地域が多かった日に、秋のオンラインワークショップ「スケールアップ」を行いました。川沿いを歩けば、赤とんぼの大群が飛んでいて、わたしの中ではりんごジュースがおいしくて仕方なかった頃です。

近頃は、みなさんわざわざ半休を取って、ワークショップに参加してくださるので、とてもありがたく、お気持ちが身に沁みます。それでは、頂いた感想をシェアします。

「(今の身体は)
緊張が緩んだ(背筋の過度な緊張がとれて、ものさしから背骨にもどった感じ)お腹の緊張も緩んだ

(今の心は)
驚き
ホッとした
迷い

(これからの人生にとって大事なことは)
・自分で自分の内側から満たしていく
・謙虚さとはどんな状態か、そこに近づけていく
・自分で自分に恥を与えない。

恥について初めて学んだ時間でした。
たくさん例も出していただき思い当たることも多々ありました。
そして水のワークは驚きでした。
理解もイメージもしやすくなりました。
全く逆の考えで生きてきて、これまで大変だったなと思いました。
身体の面からのアプローチも教えていただいたので取り入れていきます。
今回も充実の内容ありがとうございました。

(50歳、事務、女性)

「(今の身体は)
〇WS開始前より頸椎と脊椎が柔らかくなった。
〇肋骨が動くようになって、吸える息の量が増えた。
〇手足が軽くなった。

(今の心は)
〇始まる前よりより深く落ち着いている。
〇よく耕された土のように、空気を含んでふかふかしている。
〇これからどんな一歩を踏み出して進もうかわくわくしている。

(これからの人生にとって大事なことは)
〇自分のエネルギーで自分を満たしていく
〇細胞壁を適切に保つ

自分を健やかに守り過ごす方法について、本質的な部分を教えてもらいました。説明が身体にすっと入り、これから具体的に何をしたらよいか、とても分かりやすかったです。目からうろこがバンバン落ちました。今後もWSを楽しみにしています。ありがとうございました。」
(43歳、営業、女性)

「(今の身体は)
耳がとおっている。顎が緩んでいる。背骨がスッととおっている。

(今の心は)
落ち着いていて、とても満足している感じがある。未来に意識が向いている。

(これからの人生にとって大事なことは)
自分自身を満たしていくこと。これまで、いろいろな考え方やメンテナンスのやり方を教わってきましたが、それらをバラバラにとらえるのではなく、自分自身を満たしていくために使っていきたいと思います。

自分を満たしていくと同時に、教えていただいた男性性を増やしていくことも実践していきたいと思います。」

(42歳、コンサルタント、男性)

今回参加したすべての方が、背骨に変化を感じているのが面白いですね!なぜなら、背骨に関わるようなワークもしていなければ、身体を動かすワークもしていないからです。

わたしの提供する全ワークショップやコーチング・セッションでは、軽い頭痛のような多少の不調であれば、その提供内容にかかわらず、改善し回復するようにデザインしてあります。

「仕事帰りにワークショップ」や「子供を送り出して、自分の仕事の合間にワークショップ」だと、余計に頭が疲れそうな感じがするかもしれませんが、むしろその逆のインパクトがでていることは、毎回のワークショップの感想によく表れていると思います。逆に、マッサージに行ったりお風呂に入ったように、身体が楽になり、ちゃんと考えたのに頭が四角くならないので、皆さん最後は、とてもいい声いい顔(カメラ使用の場合)をされています。

秋のオンラインWS「スケールアップ」開催概要はこちらです。

「わたしがいないと、靴下の場所もわからないんだから」

「わたしがいないと、靴下の場所もわからないんだから」は、愚痴として語られることの一つです。でも、本音は「私ってこんな風にあの人を支配できてるの。満足」です。同時に、パートナーの親の役割を背負わされ、その重さで自分を見失った、窒息する苦しさという本音も、そこにはあります。

「あの人がいないと、靴下の場所もわからないんだ」という心もとなさも同じで、あの人に親の役目を負わせることに成功した満足と、異性を愛するという成熟した道を失い、成長を絶たれた苦しさという本音がそこにあります。

緊張の高い家庭で育った人にとって「自分なしでは生きられない」と感じさせてくれる微力な人との出会いは、蜜の味です。だからこそ「自分を必要とし続けてもらえる」ことが、担保されるからです。これを、共依存関係と言います。

それが、靴下の場所もわからないあなたや、靴下の場所をおしえてあげないといけないパートナーを作り出していきます。「靴下の場所もわからないから、お願いだから帰ってきて」というセリフが生み出されるとき、そこにあるのは、責任や創造への決意ではなく、家庭の温かい雰囲気に酔った姿です。問題を抱える人は、そうとは見えないほど完璧に、いつもナルシシスティックで、他者とつながっていません。

かわいそう、じゃない。

パッと誰かに手をかせるのは、素敵なことです。さっと後腐れなく去る姿は、それがその人にとっての当たり前だと、表しているでしょう。

手をかすことはしても、断られたか受け入れてもらえたかで引っかかって、後腐れなくさっと去れないなら、手をかそうと思ったその瞬間のことを、思い出してみませんか?

その瞬間、あなたはその人を見て、なんと思っていましたか?「かわいそう」「助けるのが正解」「美しい」など、色んな可能性があります。

上の例で言うなら、「かわいそう」「助けるのが正解」には、相手への尊敬がありません。さらに、自分目線です。

「美しい」は尊敬そのもので、相手の深くをみています。例えば「ベビーカーを押しながら、荷物を待つために色々な工夫がされている。お母さんでもあるこの人の人生の厚みがみえて、美しいな」「目が見えないようには見えないように歩いている。ハッとしちゃう。美しい」こんな感じです。

人に手をかしたくなったら、そこに「美しい」とハッとするような気持ちがあったかどうか、それだけ確認してみてください。そうすると、あなたの人を好きな気持ちが、相手に伝わりやすくなります。

他でも、少しずつ。

少しずつ調整していくことは、もちろん、先日述べた部屋の温度や寝具や風呂温度に留まりません。気温が何度でも、とにかく店内や車内は凍える寒さで、羽織るもの1枚では対応できないほどだったりします。

先日、伊賀鉄道が寒すぎて、指がかじかみ、メールを打てませんでした。本当に信じられない思いをしました。だから、気温25度くらいなら、羽織り物だけでなく、温かいノンカフェインの飲みものを持ち歩いています。ただし、真冬のアツアツとは違う温度です。同じように、毎回のお食事の汁物の温度も調整します。

とにかく、自分を取り巻くあらゆるもの、つまり環境をより適切にしていくことです。そして、それを雑に一つで対応しようとせず、色々ちょっとずつ変えることが、結局は余計な「コスト」を生みません。

少しずつがキー。

お天気がしっちゃかめっちゃかで、季節が「消えて」いっています。変わる地球の中で、変わらない人間の存在が、地球を高速で破壊しています。

まず目の前のこととして、気温や湿度の変化に丁寧に対応しましょう。そのためには、毎日のそうした違いを明確に感じられる身体づくりですが、一朝一夕にはできないため、ここでは「数値を記録」と「リバース」の二つを提案します。

自分が不快な気温と湿度を、まずは数値として知ります。その上で快適なゾーンにひたすら戻していくようにするんです。

例えば、36℃の翌日が25℃だと「涼しい」となりますが、ここで「寝るときは毛布をかけよう」だと、リバースしてない雑な対応です。

同じくらいの気温と湿度のときの、風呂の温度/寝具の素材や枚数/パジャマの素材やたけ/飲みものの温度に、ただ巻き戻すようにリバースします。(食材も変える必要がありますが、まずは上からはじめてみてください)

「涼しくなったー」と伸び切ったり「暑すぎる!」と箍がはすれて、雑な対応をするのではなく、こまやかに対応するために、数値記録とリバースを重ねてみてください。

例えばわたしは、最高気温33℃をこえたら、寝具はガーゼケット以外すべて麻にし、最高気温28℃を下回ったら寝具から麻は消えます。29〜32℃は、シーツは麻でパジャマは長袖綿→シーツは麻でパジャマは七分袖の綿→シーツは麻でパジャマは長袖麻のように変えます。

夏と呼ばれる間は、たとえば最低気温が15℃になったりはまだしていないから、寝具はどちらかというと最高気温をみて、このくらいの調整で、間に合います。

クーラーや扇風機も、設定温度はそのままに風向きや風の強さを変えるだけで環境が変わることを大事に、こまめに調整し、なるべく自然に近い自分が快適な環境を実現しています。

心は結局あなたの轍を教えてくれるだけで、それは今すぐ対応できるものではありません。ぜひ、身体というあなたが現実にいることを助ける唯一を、大事になさってくださいね!

 

とにかく気持ちいい方に進む。

メルマガでお金を軸に書きましたが「今はこんな時代です。だから○○しましょう」は、広い意味での広告やPRに惑わされているだけです。

どんな時代でも、やることは変わりません。ただあなたの心身が気持ちいいと感じる方へ、また一歩すすむだけです。そして、その気持ちよさの基準が狂わないよう、日々狂いをなおし続けることです。

減農薬の桃や無農薬のぶどうには、砂糖のようなべたついた甘さはありません。食べた後も口の中はすっきりしています。こちらの方が気持ちいいから、スーパーでやすい果物をたくさん買うより、水果とかつては称されたスィーツを食べすぎたりはしません。食べすぎない方が、心身が気持ちいいのです。

旬のものを食べると、味が濃くて、食べてるこちらに元気がみなぎります。旬のものは価格もリーズナブルです。お財布にも自分にも気持ちよさをくれるのが、旬のものです。オーガニック・ストアで買うとやたら高くつく人は、旬でないものばかり、カゴに入れているかもしれません。

どんな時代だったかなんて、後にならないとわかりません。年号や星の動きなどを持ちだしては、みなさんを助けるかのように見せながら、実は操作している人達が透けて見えないなら、心身の気持ちよさに立ち返るチャンスです。