どろっ?さらっ?

かつて嗜んだ香道には「香りをきく」という表現がありました。鼻にとどく香りを受け身で感知するというより、積極的に香りの中に入っていく香りへの態度です。

さて、みなさんは他人が言ったことを思い返しては反芻したり解釈するのでしょうが、その前に自分の本音のエネルギーをきいているでしょうか?注意深くきき分けているでしょうか?

自分の本音を、文字に表すような「形」として確認することはしても、その「形」の中身であるエネルギーの質を、きちんとひとつひとつ感じ分けているでしょうか?

例えば、媚びていう「ごめんね」はどろっとしていますし、素直な「ごめんね」はさらっとしています。どろっとしている方は、欲望です。

自分からでた声が、どろっとしているのか/さらっとしているのかをきき分けられるようになると、他人があなたに言うことの区別もつくようになります。

つまり、あなたが無欲なら、他人をいつも見抜けます。さらっとしている方を選び続けることができるようになれば、神経を張り詰める必要もなくなりますね。