返り血を浴びる

何でも「新しい」と称してお神輿にのせる世になって、何年も経ちますが、昔の人が作ったものの再現すらできない現代が、一体何をどうして進化しているというのでしょう?

悪化や劣化した現実を進化と呼ぶことは、その途中で真剣に試行錯誤したこともあったろう事実すら、捻じ曲げています。

名ばかりのコピーライターのように言葉を使えば、その不適切に「利用された」言葉から、返り血を浴びることになります。安い扱いは、常に高くつくのです。