わざわざ感の強調。

昨日の続きです。あなたが嫉妬されていた時、あなたに嫉妬していた人は、こんなことを言っていたでしょう。

「あなたのためを思って、わざわざ言っている」「あなたがちゃんとしてないから、教えてあげている」

いずれも、わざわざ感がやたらと強調されています。ただ、言われた瞬間には、気づきづらいかもしれません。なぜなら、大学教授が学部生に言っていたり、人生経験豊富なわざわざ会いに行った相手があなたに言うケースが圧倒的に多いからです。「もしかして…、いやまさか、そんな」と自分の中で、消してしまいがちでしょう。

でも、そうしたことと一切関係なく、これはただの嫉妬です。その相手がどんなにあなたにお金をくれようと、どんなにあなたに知識を授けてくれようと、どんなにあなたに地位を与えてくれようと、どんなにあなたに機会を与えてくれようと、これはただの嫉妬です。

「そんなことない」「まさか」と思わず、認めると楽になれます。