心理的圧力

交渉と聞くと「家庭の主婦には関係ないから」「大きな国が小さな国に不当な条件を迫る感じ?」といった風に、その発生領域が限定的で、なおかつ交渉自体が敵対的なものだと思っていませんか?

そう捉えるほど、あなたの中で相手は脅威の存在に仕立て上げられて、何も交渉しないうちから、相手に有利な状況をあなたが創り出してしまっていることになります。

仮に、あなたが仕立て上げた相手のイメージが「ゴジラのように脅威な存在」だとしましょう。あなたがあったその人は、身長こそゴジラには及ばないけれど、肌の感じや歩き方がどうもゴジラっぽいのです。あなたの中ではきっと「予想通り!」となって、ますますリアルな相手と自分が仕立て上げたイメージの違いに、気づかなくなっていきます。

そして、自分が生んだ心理的な圧力によって「もう耐えられない」と、結果的にやすやすと自分に不利な条件を飲んでしまうのです。

お仕事で交渉する方もいらっしゃると思いますが、実際には、赤ちゃん以外の人がほぼ全員が、ご近所づきあいから海外出張時まで、幅広く行っていることです。「交渉」が苦手という人は、上のように準備ではなく妄想をし、相手に有利な状況を自らつくって、自滅しているだけだったりします。

そうやって自分を小さく微力にしていくのではなく、交渉相手が誰であれ、自分と同じサイズの人と話すという感覚から、スタートしませんか?そして「自分が勝とう」とするより、まずは「いい時間をご一緒できましたね。ぜひまた、ご一緒しましょう」と最後には言えるようなスタンスで、いってみませんか?

Uncivilized Behavior

I face uncivilized behavior in the countryside now through explosive sounds from midnight to early morning. After they were warned by the property manager, they pretended to understand it for one or two days. But on the third day, they went back to who they were. They drown in big sounds and don’t care about their impact on or complaint from
neighbors.

I am blessed to witneess what is truly Japan from the dark side. It is deeper than I imagined. The property manager also wanted to avoid responsibility. So they always break their promises about what they will do. So there is always a chasm in our communication.

I guess that this expericnce will help me to go forward with my vision regardless of what is happening. I should say thank you in advance to this moment from my future.

Good Boys or Good Girls

This year I read an article about resignation syndrome. This happens mainly among children whose families hope to acquire asylum status. They sleep all day without eating, speaking and walking.

To tell you the truth, the same thing happens sometimes to children who are not refugees. I mean, you may already know such a child around you. For example, children who have trauma concerning big sounds start falling asleep when they feel tension before an altercation. Even if they start sleep, they feel numb and they are dissociated. Dissociation makes them appear to be good boys or good girls.

But many parents do not realize that, in fact, most parents are proud of their children when they appear to be good boys or good girls. If this rings true for you, your ego feels that truth is cruel. But in fact, only truth heals you.

夫/妻や恋人に、性的な関係を拒まれる(二)

昨日の続きです。夫/妻や恋人に、性的な関係を拒否されるなら、コミュニケーション・レベルで次に試したいのは「今の自分/相手の限界を尊重する」ことです。

相手から「愛しているけれど、どうしても性的な関係は…」と言われたら、現時点での相手の限界はそこだときちんと尊重しましょう。「そうはいっても、本当は…」と邪推したり、「以前はこうだったのに」と恨みがましくなるのではなく、相手を信じられる自分でいられるくらい、自分自身をちゃんと普段から愛し、尊重していくことです。

同時に、相手の限界は変わることがあります。もしも、言えるなら「愛しているけれど、どうしても性的な関係…。自分の課題が〇〇だと分かって、ゆっくりと取り組んでいるところだから、よかったら見守ってほしい」と伝えてみましょう。そうすると、相手も「本当に自分のことを愛していて、でもそれとは関係ない別の要因で、痛みを抱えて、それと向き合うと大事なプロセスを踏んでいるんだ。愛する人のそういう姿を見守れるなんて、なんてかけがえのない時間なのだろう」と、思いをあなたの追い風になる場所に、置きやすくなります。

もちろん「そうは言われても、受け入れられない」と感じるなら、まずは、今のその自分の限界を尊重するところから始めましょう。「今の自分はそうなんだな」と、ただ受け止めて、内なる旅を始めると希望への近道がひらけるでしょう。

夫/妻や恋人に、性的な関係を拒まれる(一)

夫/妻や恋人に、性的な関係を拒まれるとき、コミュニケーション・レベルで試したいのは「何の期待もせず、こうしたいと伝える」ことです。

性的な関係を拒否されるとき、あなたは生活の他の面でも、相手に要求がましく振る舞っている可能性があります。高い要求を突き付けられれば、当然そうされた方は圧力を感じます。

圧力をかけてくる相手の前で、無防備になれないのは健全ですし、そういう人を選んだ自分自身に疑問を持ち、自分の生き方を見直し始めるのが、ふつうでしょう。

もちろん、夫/妻や恋人間で「高い要求を突き付けてくる相手を征服したい」と思うから、相手に性的な関係を求める場合もあります。高い要求を突きつけ、緊張を高めてくる相手を「コントロールしたい」と思い始めるのです。そうすると余計に、相手を無意識にでも誘惑し始めてしまうことは、先日書いた通りです。

性的でなくても、パートナーシップにおいて、要求がましくないあなたを感じれば、相手は心をひらきやすくなります。

明日に続きます。

お金があったときは、セックスもうまくいった?

真に自分のパワーとつながらないでいると「資産がこんなにある」「こんなに稼いでいる」「こんなに物を持っている」といったことを、自分のパワーだと錯覚します。物を捨てられない人だけでなく、気に入ったものは複数買わないと気が済まなかったり、コレクション好きの方や自分では物が少ないつもりの方も、ここに該当します。

この偽のパワーは、当然、人生の一領域である性的なことにも影響します。だから「お金が無くなったら、セックスもうまくいかなくなっちゃった」「お金に恵まれるようになったら、セックスがうまくいくようになった」という展開も起きます。「だからお金が大事なんだ」と来た道を戻るのでは、発展がありません。いつまでも、フェイクに頼っていては、あなたの人生もフェイクのまま終わりを迎えることになります。それでいいですか?

この段階では、「所有する/Having」と「存在する/Being」をしっかり区別しきる学びをしきるチャンスに恵まれています。何も持っていなくても、何か持っていても、それはあなたという存在のかけがえのなさとは別のことだと、しっかり受け取り切りましょう。今、あなたはそれをとてもやりやすい段階にきているのです。どんな段階にも、必ず恵みはあります。

【開催概要】晩秋のオンラインWS「セクシュアリティ」

セクシュアリティ(性)と聞くと、逃げ腰になりうやむやにしたがる方が多いでしょう。母親という役目に逃げてみたり、自分に高い規律を課しそこに隠れたり、嫉妬など余計なものをつけて混乱を深めたり友達にも話さない「ごく普通の」大人は、あなたかもしれません。

隠し続けたことはやがて強迫観念となり、あなたが紡ぐ関係姓を脅かします。セクシュアリティという、もっとも尊重されるべき神聖とも呼べるわたしたちの側面が、厄介で汚いものであるかのように扱われ、その様子を子供たちが真似していく様は、未来を仄暗くしませんか?

例えば、セクシュアルであることと官能的であることは、全く別です。子供が性に関心をもつ健全さが、歪められた形で現れるなら、それは大人の課題が如実に表現されています。セックスしなければならないわけでも、セクシュアルだからモテるわけでもありません。死を考える絶望が、色気として表れることもあります。色っぽいからセクハラされるわけではなく、セックスとは、奪ったり自分を証明するものではありません。与え続けて、自分の器を大きくする側面を持ちます。

他にも多々ありますが、今回はこれらすべてを網羅するスキームを用意し、いくつかの本質的な変容を促すワークを経験して頂いて、まずはご自身のセクシュアリティ/パートナーのセクシュアリティに対する誤解から、あなたを自由にします。その上で、セクシュアリティを健やかに使うことで、人生全体に正の影響を与え、さらなる豊かさを生きられるよう、サポートしていくワーショップをご用意しました。

上述した「色々」の一部は、これからブログでも書いていきますので、ご一読頂いて、ご自身の内を解したり、受け取って頂けたら幸いです。

—–

晩秋のオンライン・ワークショップ「セクシュアリティ」

■ 場 所:スカイプ上(有線LAN接続 推奨)
■ 日 時:~11月中でしたら、別日程もOK~

- 11月26日(月)午後7:30~9:30
- 11月27日(火)午後0:00~2:00
- 11月28日(木)午後1:00~3:00
- 11月30日(金)午後8:00~10:00

■ 対 象: ~以下、ひとつでも当てはまる方~
□ 恋愛するのは気が重い
□ これまでに、セクハラにあったことがある
□ 無自覚にセクハラしたことがある
□ 異性が怖いから、つい誘惑してしまう
□ パートナーとの間に性の不一致を感じ、戸惑う
□ 「与えると自分の器が広がる」を理解したい
□ 親密でも性的ない関係を、理解できない
□ 性的な関係になることを恐れ、親密になれない
□ 何であれ、他者を喜ばせると、怒りが湧く
□ 今のパートナーに、惹かれるのに萎える
□ 自分から触るのはいいけど、触られるのは嫌
□ 触られるのはいいけど、自分から触るのは嫌
□ 自分の人生を創造できるようになりたい
□ なぜ男性/女性がこわいのか、理由を知りたい
□ 性的/官能的を、区別できるようになりたい
□ 性について、子供に健全に伝えたい
□ 自分の気持ち/感覚を捉えるのが、難しい
□ パートナーを思うと、恨めしい文句が出る
□ コンドームなしでセックスしたい
□ 「あの女/男、ここがよかったな」と思い出す
□ 関係が始まる前に、異性が遠ざかってしまう
□ 不倫や三角関係を経験したことがある
□ オーガズムを感じない/感じさせない
□ 自分/パートナーが、浮気中だ
□ 家庭内で親の「代わり」をしていた
□ 異性の親から、不当に扱われた記憶がある
□ パートナーの不貞に、なぜかうれしくなった
□ パートナーが新しい人の下に行き、ホッとした

■ 定 員:各2名
■ 参加費:12,000円
■ 〆 切:11月25日(日)夜21:00

▼ お申し込み:https://ws.formzu.net/dist/S86985973/
※ 別日程をご希望の方は、早めにお申し込み下さい

~ ご協力お願い申し上げます ~

治療が必要な方・ 喫煙常習者・飲酒常習者は、ご利用頂けません。プレゼント利用の際は、守秘義務に同意したものとみなします。お子さんやペットのいる方は、ご家族に協力をお願いしましょう。複数で進めますので、静かな環境づくりにご配慮ください。お申込み後のキャンセルは、一切承りません。参加費が発生します。

—–

セクシュアリティと聞いて、尻込みしたり、恥ずかしさや罪悪感が自らの中に見つかる方ほど、ここ一番の勇気を今使って、今回のワークショップにいらしてください。今後の人生が、よい方へ変わります。

要求がうまく伝わらない。

要求がうまく伝わらないとき、あなたサイドでできることは、まずその要求/望みはあなたに属すると、所属を明確にすることです。

その要求/望みを「~なら、何でもいいんですけど」のように曖昧にしたりせず、「…をしていただきたくて、ただしーはしていただきたくない」と、明確に言える必要があります。あなたの要求/望みですから、それを見極める態度も、あなたに属します。

次に、その要求/望みを持っている自分を、きっちり肯定することです。その要求/望みをもっていながら「もしダメなら、こうでいいんですけど~」「わたしが〇〇なのかもしれないんですけど…」のように、持ち主である自分をぐらぐらさせては、あなたに属する要求/望みも、ぐらぐらします。木の根っこがぐらぐらすれば、上になる実もぐらぐらするのです。

ここまでやったら、引き続き「これは自分に属する」と思ったものだけ、しっかり引き受けていくのみです。スーパー無責任な相手だと、全体を見渡すたび、難儀な思いをするだろうとは思います。ただ自分のすべきことだけ見てなすことに徹すると、多くの方は「要求が伝わるようになった」という経験をされるだろうとも思います。

大掃除しても、運が向かない?

運が向いてくるようにと大掃除して運が向いてくるのは、あくまでもその大掃除によって、みなさんが見たくなかったもの見ることになったときくらいです。

普段から大掃除していれば、難除けになるでしょうが、それを「これで難をよけられた」と実感することは、ないでしょう。わたしたちの多くは、起きて可視化されたことを見て初めて思考に入るという、ちっとも感じていない生活を送っているからです。

普段から大掃除している場合は、作業ではなく、ひとつひとつ触って思考するようにすると、見たくなかったものと直面する、つまり運が向いてくる方へ、ハンドルを切ることができます。普段から大掃除していれば、急にハッとして「なんでこれずっと取っておいたの?」と断捨離が始まることもあります。が、結果的に長いこともっていた気持ち思い込みや古い記憶などがどさっと断捨離されたなら「手を尽くしてもう駄目だと思っていたら、急に売り上げが上がりはじめた」という風に、運が大きく向いてくるでしょう。

そうでない場合には、気持ちよさを味わって、そのことで多少表面的な感情や思考パターンを手放せるくらいですので、大きく運が上がるようなことはありません。でも、とにかく気になるなら、掃除してみてくださいね。大掃除の目的は、そもそも運を上げることではありませんし、本格的に冷え込む前なら、丁寧に大掃除しきりやすいからです。

前向きなつらさへ。

先日、アーユルヴェーダのメモを見直していたのですが「22時~2時は、急に冴える、この時間より前に寝ると質の良い睡眠がとれる」は、20代の頃もずっとそうだったなぁと思いました。あの頃、終電に間に合うようダッシュしながら、料亭街や大手メディアも乱立する中で、反吐が出るような光景をいくつも見たりして、捨てる前のガーベラみたいに、心折れてヘロヘロになって帰宅していました。もちろん、朝の目覚めとは違う、緊張感により目が冴えてゆるまなくなるような感じに近いです。

「10時~14時は、消化力が最も高い」は、この夏くらいから実感が持てたことです。夕食より昼食の量を多くすることは、理にかなっているのだろうと思います。朝はやることがいっぱいで、やっと落ち着く昼は手抜きというお家が多いかもしれませんが、少しでも変えることを大事にすると、未来の自分から感謝が届くのではないでしょうか。

また、慢性的に睡眠不足だったりすると、限られた時間の中でお昼をたくさん食べると眠気が来るから、なかなか実現できないだろうとは思います。会社員時代の自分を見返してもそうですが、その場合、慢性的に睡眠不足という状態の方を、徐々に改善する必要があります。あの頃、辛すぎて昼ご飯を抜いてマッサージに行ったら、その後ずっと眠くて仕事にならず、大変だったことがありました。

わたしにとって20代はつらいの一色でした。30代はつらい瞬間はあっても、20代とは色合いを変えることに成功したので、前向きなつらさしかありませんでした。巻き込まれて破壊されていくような強烈だった体験は、いつまでも刻まれますね。でも、逃げることはできますし、それがはじめの一歩です。変えられない過去から解釈だけを引き上げていくのは、ゆっくりでいいのではなく、ゆっくりがいいですね。

そして、どうぞ強烈な今に埋もれ溺れてしまうのではなく、1ミクロンでもベターな環境に自分を置いてあげて、誰よりも自分の声を聴いてあげることを、大切になさってください。

女性ホルモン ≠ フェロモン

あなたが女性で、肌のきめが粗くなったり、皮脂が増えたり、イライラしやすくなったり、肉食系女子になってきた(例:性的衝動が強い)と感じるなら、男性ホルモンが活性化し、ホルモンバランスが乱れているでしょう。ホルモンバランスを乱す、食品添加物などが該当する内分泌かく乱物質は最低限に抑える工夫をされ、冷えとりもしているなら、便秘をなくすべく、ちゃんと自分の身体を知っていきましょう。

月経前に分泌が増えるプロゲステロンには、体内の水分を維持する働きがあって、便の水分も減ります。もう一つ、プロゲステロンは、大腸のぜんどう運動も抑えてしまうので、月経前は便秘になりやすくなります。白湯を飲んだり、水分を多めにとることから始めましょうか。もちろん、ストレスで自律神経が乱れていると、腸がところどころくびれ、便が押し出せないから便秘になりますし、直腸がつまりやすいなら、生活習慣がもどで直腸の働きが落ちているから、便秘になります。こちらの場合は、冷えに気づいていないか、冷えの影響を過小評価しているでしょう。

ちなみに、女性ホルモンが増えたとしても、フェロモンがでるわけではありません。つまり、ホルモンバランスを整えれば、色っぽくなるわけはありません。ただ、寛容になったり優しくなったりすることは、知られています。