SもMもない。

生まれついてのSはいないし、生まれついてのMもいません。みなさんがSやMと呼んでいる何かは、後天的にどんな環境や人に適応せざるを得なかったかを、表します。簡単にいいかえるなら、傷です。

例えば、Mだと思われたりご自身で思ってきた方は、弱さを押し付けられると、引き受けて生き延びてきたのでしょう。他に選択肢を見つけられなかったのでしょう。

自己認識や他者評価がSであれMであれ、そうした空っぽな人を飲み込める、自分の空っぽ具合をどうにかしようと、方向転換してください。

恥を喜びと倒錯する裏には、尊厳をうばわれた痛みと尊厳をふみにじられた悲しみしかありません。