メンタルが強い人は、細かくリカバリーし続ける。

メンタルが強い人は、細かく細かく、常にリカバリーしています。「とにかく疲れた」のように一緒くたにする雑さは、こまやかな対応を不可能にします。対応不能だから、そこから回復できなくなって「寝ればよくなるんじゃないか」「どうせ疲れているんだから、ビール飲んじゃおう」のように、迷走がはじまります。

正しい意味で、メンタルが強くなる過程では、身体の声を拾えるようになっていきます。例えば、記憶にのめり込んで過ごす時間が減ると、前頭葉がくすぐったいような感覚になるでしょう。世間でいわれる声から距離を取れると、後頭部の緊張がゆるむでしょう。違和感を大事にしながらも、そこに囚われず、自分が大事にするものに目が向き続けるなら、括約筋がしまる感覚になるでしょう。

身体に頭ごなしで「いいからやって」と言っている内は、こうした身体の声は拾えません。つまり、メンタルが弱い人ほど身体に鞭打って「なんでこんな時に風邪ひくの!」と責めあげます。

ここからの地球では、正しい意味でメンタルを強くしないと、とても生き延びられないでしょうます  。もっとも、今のままだと、地球の寿命もあと100年くらいでしょうから、生き延びることに焦点を当てるより、地球の回復第一とすべきですね。