子供を内から支える贈り物

子供が育つときは、親がその子に合わせていきます。ところがそれがないと、大人になってから、何かが合わないことが、すごく気になります。「これじゃない」「あれでもない」と、神経質にこだわります。

そうしていくと、合わない方に意識がフォーカスされてしまい、結果的に合わないことを引き寄せてしまうようになります。

親だけではなく、周りにいる大人のみなさんも、子供には合わせましょう。親の代わりにはならなくても、合わせてもらえた経験は、子供を内から支える贈り物になります。そして、大人の皆さんは自分で自分に合わせていきましょう。つまり、マイペースであることが、上の状態を緩和します。