完全性と全体性。

産業革命時に哺乳瓶が生まれ、人口爆発を支えたとか。おはようございます。吉野実岐子です。

完全性の中で考えてしまうと、神=完全となり、完全なものはない=神はいない、となってしまいます。完全性はあくまでも、信念体系の中に留まる概念です。

神は、あくまでも全体性の中で捉えるべきもので、全体性とは感じるものです。全体性は、信念体系という部分をこえたもので、真実は全体性を志向する中で、初めて見出されます。

完全性の中で神を語る限り、それは新たな戦いの芽となっていくだけで、互いに信念体系を押し付け合うお遊びから、抜け出ることはできません。

この違いをあらゆる信念体系をお持ちの方に、ご理解いただける日が来ることを、心から願っております。